ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京オートサロン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オートサロン」に関する情報が集まったページです。

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

280Zのイメージを再現 フェアレディZにオールドスタイルの特別仕様車「Heritage edition」登場
Z34型の最終形? 黄色のボディーにレーシングストライプが映えます。(写真44枚)(2018/3/20)

東京オートサロン2018:
神様ケン・ブロック選手のとなりに乗って異次元のドリフト世界へ行ってみた
たぶん世界一ぶっ飛べる、それでいて安全な絶叫マシン。(写真170枚)(2018/1/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタがレースカーにナンバーを付けて売る理由
東京オートサロンのプレスカンファレンスで、トヨタはとんでもないクルマを披露した。「GRスーパースポーツコンセプト」。FIA世界耐久選手権(WEC)に出場したTS050 HYBRIDをわずかにアレンジしたもので、お金さえ払えばほぼ同じものが買えるというのだ。(2018/1/15)

東京オートサロン2018:
スタイル抜群の美人さん大集合! 東京オートサロン2018コンパニオンまとめ【画像90枚】
編集部厳選のお姉さんを大量画像でお伝えいたします……!(2018/1/14)

東京オートサロン2018:
GT-Rの500馬力エンジンを載せちゃった♪ 「魔改造ハイエース」が気合い入りまくり
チューニングカー系ブースでないのにこの気合い。お姉さん写真も。(2018/1/14)

No.1レースクイーンに “大阪美女” 阿久津真央「バラエティタレントを目指します」と芸能界に殴り込み
前回大会で大賞を含む5冠に輝いた“史上最高にかわいいレースクイーン”藤木由貴さんは、今大会でも4つの特別賞を獲得。(2018/1/13)

東京オートサロン2018:
“ほぼそのまま”レーシングカー トヨタ、市販想定の次世代スポーツカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表
すごい迫力です!(2018/1/13)

お姉さんいっぱい、すげークルマたくさん! カスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」開幕
今年もやってきました!(2018/1/12)

三菱自動車が「生中継の深夜ディーラー」を開店 顧客体験の新施策、その狙いは?
家にいながらリアルタイムで質問OK。「そこをもっとよく見せてください」フィギュアスケーターの髙橋大輔さんも体験。(2018/1/10)

東京オートサロン2018:
6000万円越え!? NSXのスペシャル車両「NSX GT3」が公開、黒カーボンボディで見るからに速そう
佐藤琢磨選手のトークショー、「CIVIC TYPE R」のカスタムコンセプトモデルなど見どころたくさん。(2018/1/10)

880台が並ぶ:
本格スポーツカーから楽しいクルマまで 東京オートサロン開幕迫る
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」が1月12〜14日に開催される。今年も最新車種のカスタマイズモデルやモータースポーツ車両などが会場を彩る。(2018/1/9)

東京オートサロン2018:
超レア? レストア作業中の「初代ロードスター」を公開 人気車種CX-8、ロードスターRFの純正カスタムカーも
これを見るとロードスターがだんだんほしくなってる……。(2018/1/9)

東京オートサロン2018:
せ、1400馬力!? 東京オートサロンにケン・ブロック選手と超モンスターマシンがやってくるぅぅ
ケン・ブロック選手でも「少し怖い」というマシンなんて……。(2018/1/5)

東京オートサロン2018:
うぉぉ「LEAF」や「NOTE e-Power」がこんなにカッコよく! 日産が“本家カスタム”のコンセプトカーを多数公開
「次期Z」を期待させるイエローカラーの特別車「FAIRLADY Z Heritage Edition」も。(2018/1/5)

東京オートサロン2018:
トヨタ、「GRスーパースポーツコンセプト」を初公開 もしかして市販想定のスーパーカー?
東京オートサロンで初披露、にゅるんとしたシルエットだけでもうスゴそう。(2018/1/4)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「かわいい」の名手? ホンダアクセス
「ほしい」という人が本当に買うかは分からないけれど。(2017/5/31)

ジュネーブモーターショー2017:
トヨタが子育て世代向けに3人乗りEV、「i-ROAD」と同じアクティブリーン機構採用
トヨタ自動車は「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において、近未来型の都市型モビリティライフを提案するコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL」を世界初披露した。(2017/3/9)

東京オートサロン2017:
プジョー「208GTi」やVW「ポロGTI」に負けないホットハッチ、トヨタが試作中
トヨタ自動車は、「東京オートサロン2017」において、コンパクトカー「ヴィッツ」とハイブリッドカー「アクア」の新たなコンセプトモデルを世界初披露した。(2017/1/18)

東京オートサロン 2017:
パイオニアはライダーで前方監視、室内に後付けできるタイプも開発中
パイオニアは、「東京オートサロン2017」において、自動運転車のコックピットを提案した。周辺監視や運転操作を全てシステムに任せる間の過ごし方や、自動運転から手動運転に安全に切り替える工夫を紹介。また、開発中の前方監視用ライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)も披露した。(2017/1/18)

32万人が来場:
多彩なカスタムカーを写真で振り返る 東京オートサロン
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2017」(1月13〜15日)を写真で振り返る。(2017/1/16)

東京オートサロン2017:
「シャレード デ トマソ」のDNAは途切れない? ダイハツがホットハッチに前向き
ダイハツ工業は、「東京オートサロン2017」において、ホットハッチ「シャレード デ トマソ」や「TR-XX」の要素を取り入れたデザインのカスタマイズモデルを紹介。ダイハツ工業 コーポレート企画部 ブランド・DNA室 室長の藤下修氏に、カスタマイズに往年のホットハッチのモデル名を出した狙いを聞いた。(2017/1/16)

編集部厳選! 東京オートサロン2017の美女コンパニオンさん写真ドドーンと80枚超
美女×車の祭典をフォトレポート。(2017/1/14)

オートモーティブ 年間ランキング2016:
マツダがなぜガソリンターボ? 三菱自に続きスズキも不正…燃費ってなんだったの
2016年も自動車に関するさまざまなニュースがありました。1年間で、MONOistのオートモーティブフォーラムで多く読まれた記事を振り返ってみます。2016年に公開した記事の読まれた回数ランキングをご紹介します。(2016/12/27)

東京オートサロン2017:
ダイハツのスポーツモデルが復活? 「シャレード・デ・トマソ」へのオマージュ
ダイハツ工業は、「東京オートサロン2017」において、市販する軽自動車や小型車をベースとしたコンセプトカー11台を出展する。(2016/12/22)

東京オートサロン2017:
ホンダがミニバンの新たな世界観を提案、4台のカスタマイズモデルを出展
ホンダは、「東京オートサロン2017」の出展概要を発表した。四輪と二輪の量販モデルやモータースポーツ競技車両を通して、モビリティーの楽しさやモータースポーツの魅力を伝える。(2016/12/19)

東京オートサロン2017:
トヨタ「アクア」「ヴィッツ」に“TGR仕様”、オートサロンで世界初公開
トヨタ自動車は、「東京オートサロン2017」において、ハイブリッドカー「アクア」とコンパクトカー「ヴィッツ」の新たなコンセプトモデルを世界初披露する。モータースポーツへの挑戦から生み出されたクルマを幅広く紹介することで、TOYOTA GAZOO Racingの取り組みを知ってもらう。(2016/12/16)

モータースポーツの魅力発信:
東京オートサロンでカスタマイズ提案 車メーカー
2017年1月13〜15日に千葉市の幕張メッセで開催されるカスタムカーの展示会「東京オートサロン2017」の出展概要を大手メーカー各社が発表。(2016/12/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「86コンバーチブル」はどこに消えてしまったのか
若者だってオープンカーに乗りたいです。(2016/7/21)

クルマから見るデザインの真価(9):
自動車用ホイールとデザインの深イイ関係
路面に接しているタイヤと車体をつなぐホイールは、自動車部品の中でも重要なパーツだ。走行に欠かせない機能部品であると同時に、ファッション性を含むスタイリング要素も求められるパーツでもある。「東京オートサロン2016」で披露された数多くのホイールを眺めつつ、ホイールとデザインの関係を見ていこう。(2016/3/1)

車を彩るお姉さん、お姉さん、お姉さん! 「NAGOYAオートトレンド2016」のコンパニオンを全力紹介
300を超える出展ブースの各所で、ドレスアップ&チューニング製品に華を添えるお姉さんたちに出会いました。名古屋、桃源郷。(2016/2/28)

やっぱり福岡美人は一味違う? 福岡カスタムカーショーのコンパニオンたち
“福岡美人な”福岡カスタムカーショー2016のコンパニオンたちを一挙紹介する。(2016/2/23)

東京よりもハイレベル? 大阪オートメッセの美女コンパニオンたち
大阪オートメッセのコンパニオンたちを一挙紹介!(2016/2/12)

車両デザイン:
デザインコンテスト優勝の「コペン アドベンチャー」を3カ月で実車化できた理由
ダイハツ工業の「コペン」は「売れ続ける」ためにさまざまな施策を展開している。その1つが、デザインコンテスト「DRESS-FORMATION Design Award」のグランプリ作品である「コペン アドベンチャー」の実車化だ。実車化にかかった期間は通常1年のところを約3カ月で完了した。果たしてどのようにして実現したのだろうか。(2016/2/2)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
疲れるけど魅力的、クルマのスピードの楽しさ
首都高は湾岸線が一番好きです。(2016/1/26)

東京オートサロン2016:
スピードこそがクルマの正義、レクサスがミニカーで伝えようとしたこと
Lexus Internationalは、「東京オートサロン2016」において、ミニカーと「Oculus Rift」を使ってクルマの醍醐味であるスピード感を伝えた。(2016/1/21)

東京オートサロン2016:
日本で売れない「マーチ」、フランスではファッションブランド特別仕様車が好評
日産自動車は「東京オートサロン2016」において、フランスで販売する「マイクラ(日本名マーチ)」の特別仕様車「マイクラLolita Lempicka」と共通のデザインでカスタマイズした「マーチ」「ノート」「ジューク」を展示した。クルマの内外装をパーソナライゼーションする楽しさをアピールした。(2016/1/20)

東京オートサロン2016:
スズキの新型SUV「イグニス」、位置付けは「ハスラー」と「エスクード」の中間
スズキは「東京オートサロン2016」で、間もなく発売するクロスオーバーSUV「イグニス」を展示した。「ハスラー」と「エスクード」の中間となるイグニスでSUVのラインアップを強化する。SUVらしいデザインと走りを特徴としており、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」と同じパワートレインや軽量化技術を採用した。(2016/1/19)

東京オートサロン2016:
「N-ONE」がピックアップトラック、「S660」がクラシックカーに変身
ホンダアクセスは「東京オートサロン2016」に軽自動車「N-ONE」をベースにしたピックアップトラックと、クラシックなデザインでカスタマイズした2人乗り軽スポーツオープンカー「S660」を展示した。純正カー用品の開発強化の一環となる取り組みだが「来場者の反応次第で、商品化に動き出したい」(ホンダアクセス担当者)という。(2016/1/18)

スケスケで丸見えでけしからん! お姉さん祭りの最高峰AIWAブースが「東京オートサロン2016」来場者の目をわしづかみ
ぶれないAIWA。安定のAIWA。拝まずにいられない。(2016/1/16)

全力でお姉さんを紹介します! 「東京オートサロン2016」が幕張で開幕
今年は出展者数も出展車両台数も展示ブース総数も過去最大。つまり、過去最大のお姉さん祭り!(2016/1/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スズキとダイハツ、軽スポーツモデル戦争の行方
軽自動車のスポーツモデルにおける代表的な国内メーカーといえば、スズキとダイハツだ。両社の戦略は一見同じように見えて、その根っこ部分はかなり異なるのだ。(2016/1/12)

東京オートサロン2016:
「アウトランダーPHEV」と「デリカ D:5」でさらにアウトドアを遊び尽くす
三菱自動車は「東京オートサロン2016」で、アウトドア用品の「ギア感」や、オートキャンプを楽しめるカスタマイズを施した「アウトランダーPHEV」と「デリカ D:5」を展示し、活動的なカーライフを提案する。(2016/1/7)

これは胸熱……! 織田信長や豊臣秀吉がミニカーに タカラトミーから「トミカ武将コレクション」発売
車種にも注目!(2015/12/26)

東京オートサロン2016:
スズキのクルマでアウトドア、水辺「イグニス」や登山「ハスラー」など
スズキは「東京オートサロン2016」で、アウトドアの趣味を楽しむユーザー向けのカスタマイズモデルを展示する。「東京モーターショー2015」に出展したクロスオーバーSUV「イグニス」などをアピールしていく。(2015/12/25)

真田幸村、織田信長など人気の武将がトミカになった! 全国の本屋で発売
タカラトミーが武将デザインのトミカを16年1月から発売する。(2015/12/25)

東京オートサロン2016:
丸目「コペン」がクーペになった、吊り目はシューティングブレーク化
ダイハツ工業は、「東京オートサロン2016」で、2人乗りの軽オープンスポーツカー「コペン」のコンセプトカーを披露する。丸目ヘッドランプが特徴の「コペン セロ」がクーペ、吊り目ヘッドランプの「コペン ローブ」がシューティグブレークになる。(2015/12/25)

東京オートサロン2016:
「S660」に旅行の荷物を積むならこうすればいい、「ステップワゴン」は先鋭化
ホンダは、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2016」において、「Modulo S660 Study Model」や「STEP WGN Modulo Concept」、「MUGEN CIVIC TYPE R Concept」などカスタマイズの可能性を提案する四輪車や二輪車を展示する。(2015/12/18)

東京オートサロン2016:
トヨタの小型スポーツ「S-FR」にレーシングコンセプト、全高を1270mmに低減
トヨタ自動車は、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2016」に、開発中の小型スポーツカー「S-FR」のレーシングコンセプト「TOYOTA S-FR Racing Concept」を出展する。(2015/12/3)

東京モーターショー2015:
「カフェみたい」な商用車に注目、ダイハツのコンセプトカーが“ほぼ”店舗
「東京モーターショー2015」のダイハツ工業ブースで、FF車のメリットを生かした移動販売車「TEMPO(テンポ)」を披露。乗用車のメリットを反映した、新しくてかわいい商用車に注目が集まった。(2015/10/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。