ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TOTO」最新記事一覧

富士通/富士通システムズ・イースト:
IoT活用でTOTOの衛生陶器の生産効率向上を支援
富士通は、富士通システムズ・イーストと共に、TOTOのベトナム拠点TOTOベトナムの工場で生産する衛生陶器の生産効率を向上させるため、原材料の調合から検査まで、全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを開発した。(2016/8/18)

製造IT導入事例:
衛生陶器の製造現場をIoTで革新するシステム
富士通は、TOTOベトナムの工場で衛生陶器の生産効率を向上させるシステムを開発した。全工程の生産状況や品質情報を可視化し、タブレットに検査結果や不具合を登録。それらのデータを活用することで製造プロセス改善に役立てる。(2016/8/5)

TOTO、ベトナムの工場でIoT活用の生産システムを構築
「TOTOベトナム」の製造現場に原料とひも付けて全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを導入した。(2016/7/21)

水曜インタビュー劇場(トイレ公演):
TOTOが成田空港に“最新トイレ”を設置するワケ
成田空港内にある「GALLERY TOTO」をご存じだろうか。最新機能を搭載したトイレを体感できるわけだが、なぜTOTOはこのような施設をつくったのか。その理由は、数十年先を見越して……。(2016/7/13)

OTOTOY、ハイレゾ音源購入後の再ダウンロード期限を撤廃――決済方法も拡大
従来は「購入から30日間」となっていた購入音源の再ダウンロード期限を撤廃。一部の音源を除き、購入後はいつでも音源を再ダウンロードできるようになった。(2015/11/30)

TOTOのウォシュレット、累計4000万台突破
TOTOは2015年7月に、温水洗浄便座「ウォシュレット」の累計出荷台数が4000万台を突破したことを明らかにした。(2015/9/2)

フォーラムエンジニアリング活用事例(2):
PR:地元志向の優秀な派遣エンジニアで品質を高める/TOTO
地方在住の優れたエンジニアが、住み慣れた地元で職を求めるのは難しい。だがフォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用すれば「地元」で「自分のスキルを生かす」を実現できる。地元での就業を希望する派遣エンジニアを積極的に活用しているTOTOに話を聞いた。(2015/8/25)

TOTO、製品設計支援システムを刷新 VDI化で開発期間の短縮目指す
TOTOが製品の開発、設計支援システムを刷新。事業部ごとに導入していたインフラを統合し、データセンターへと集約した。サーバにはレノボのx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」を採用している。(2015/5/14)

CAEニュース:
「CAE on VDI」環境がTOTOの商品開発の効率化を実現
レノボ・ジャパンは、TOTOのCAE基盤にデータセンター向けx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」が採用されたことを発表した。(2015/5/14)

体感型トイレ空間:
トイレがアート空間に? 成田空港「GALLERY TOTO」にフィリップスの装飾用LEDパネルを導入
フィリップスは4月23日、表面に布地を用いたインテリア装飾用LEDパネル「Luminous textile」(ルミナス テキスタイル)の日本本格展開をはじめたと発表した。初納入は成田空港。(2015/4/23)

新連載・スピン経済の歩き方:
なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか
成田空港内のトイレで、TOTOのウォシュレット設置率がアップする予定だ。現在、第1・第2ターミナルでの設置率は3割ほどだが、今年の9月には100%にするとか。それにしても、なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか。その理由は……。(2015/4/7)

外国人に聞く、日本の公共トイレで困ったことは?
訪日当初、日本の公共トイレに洋式と和式があったとき、あなたはどちらを選びましたか? 日本在住の外国人に聞いた。TOTO調べ。(2015/1/13)

工場ニュース:
TOTO、南アジア初の生産拠点としてインド工場が稼働
投資総額は60億円で、従業員は500人、年間50万個の生産能力を持つ。最新の製造技術と設備を導入し、インド国内をはじめ海外市場向けに衛生陶器を生産する。新工場の開業により、中東や欧州市場への商品提供も可能になるという。(2014/10/26)

宙に浮いて見えるトイレ、TOTOから
TOTOは、「フローティングデザイン」により浮遊感を演出する便座「レストパルF」を8月1日に発売する。(2013/6/21)

文化創造型マーケティング:
なぜエジソンはシャワートイレを作れなかったのか?
“発明王”トーマス・エジソンはなぜ、シャワートイレ(INAXの名称、TOTOはウォシュレット)を作れなかったのか? 19世紀の終わりから20世紀初頭のアメリカである。技術的には可能だったはず。この問いに対し、東海大学政治経済学部専任講師 三宅秀道氏はこんな回答を示す。「『問題の開発』に至らなかったからでしょう」。問題の開発?(2013/5/15)

売れるのには理由がある:
温水洗浄便座の代表的ブランド「ウォシュレット」普及の秘密を聞いた
温水洗浄便座の代表的ブランドとなっているTOTOの「ウォッシュレット」。しかし、実は温水洗浄便座が最初に製品化されたのは海外で、国産としても2番手だった。(2013/3/26)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本文化に根差した製品 ウォシュレットで真のグローバル企業へ転身できるか? TOTO
 日本食、アニメ、ゲームといった日本文化に深く根差した商品、サービスが徐々にグローバルに広がっている。日本文化に根差した製品の1つにウォシュレットがあるが、TOTOはこの製品を軸に真のグローバル企業へと転身できるであろうか?(2013/3/13)

トートートトト:
TOTOとtotoがコラボ 最強の“ゴールキーパー型トイレ”開発
トートートトト――って、「ト」が多いよ!(2012/10/19)

最強(?)のゴールキーパーが登場――TOTOとtotoがコラボ
技術力と予想能力を持った鉄壁のゴールキーパーが登場する。初のお目見えは、Jリーグ戦の10月28日だ。(2012/10/17)

TOTOの「ウォシュレットG」が「機械遺産」に
「日本人の生活様式やトイレの設備環境を一変させた」として機械遺産に認定された。(2012/7/23)

便座だけでなく便器も除菌する「便器きれい」機能を搭載―TOTO、「ウォシュレット アプリコット」を来年2月発売
お尻きれい、便座きれいの次は「便器きれい」ということで、TOTOは便器を除菌水で洗浄する機能を搭載するウォッシュレットを発売する。(2011/12/6)

せっかくなんでお茶でも……なーんちゃって 便器型マグカップ「Toilet Mug」
先日TOTOの“走るトイレ”こと「トイレバイク ネオ」が話題になりましたが、世の中にはトイレの形をしたアイテムがまだまだあるようです。(2011/11/6)

洋式便座で走り続けた1400キロ 「トイレバイク ネオ」ついにゴール!
座席に洋式便器を組み込んだTOTOの「トイレバイク ネオ」がついに1400キロの旅を終え、TOTO社員が見守るなかゴールした。ライダーは「今でも洋式トイレに座ると、走り出すんじゃないかという気持ちに日夜襲われる」と明かす。(2011/11/2)

“走るトイレ”だと……!? TOTOの「トイレバイク」が日本縦断
2年前に「しゃべるトイレ」を開発したTOTOが、今度はバイオガスで走る「トイレバイク ネオ」を作った。(2011/10/5)

TOTO、日本IBMと5年6カ月のアウトソーシング契約を締結
TOTOは情報システム全般の開発、運用、保守を日本IBMにアウトソーシングする。契約期間は10月から2015年3月までの5年6カ月間としている。(2009/12/1)

男性の「座って小用」は33.4%、その理由は?
自宅のトイレで小用をするとき、どのような姿勢でしますか? 男性に聞いたところ、洋式便器で「立って」という人は6割、一方「座って」する人は3割に達した。TOTO調べ。(2009/9/25)

携帯できる「音姫」、ついに登場
タカラトミーアーツから洗浄音擬音装置「音姫」の携帯版「ケータイ音姫」が登場する。タカラトミーがTOTOの技術協力を元に開発した。(2009/9/10)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
トイレとウォシュレットはどのように変化してきたのか?
1日当たり5回ほど“お世話”になっているトイレ――。しかし「トイレのことはあまり知らない」という人も多いのではないだろうか。そこでTOTOのウォシュレット開発担当者に、商品の開発秘話などを聞いた。(2009/8/1)

今度のトイレは4.8リットルの水を流すだけ。TOTOの新ネオレスト
TOTOは8月に、洗浄水量が4.8リットルの節水トイレを発売する。従来のトイレの洗浄水量は13リットルが多い中、どのようにして節水を可能にしたのだろうか?(2009/6/24)

他人のトイレを借りて……気になるところ
他人の家でトイレを借りたとき、どんな点が気になりますか? アジャイルメディア・ネットワークとTOTOの調査によると、「清潔さ、臭い」が断トツ、このほか「便座カバーなどアイテムの趣味」「手洗いなど水周り設備」が多かった。(2009/4/22)

えっ、ウォシュレットからボールペンに? TOTO茅ヶ崎工場に行ってきた
不要になったウォシュレットを試験的にリサイクルしているTOTO。「ウォシュレット」といえば、トイレの中にあるため“汚い”と感じる人も多いはず。それがボールペンに変化すると聞いたので、リサイクルをしている茅ヶ崎工場を訪問してきた。(2008/11/4)

家で不満を感じている場所は?
リフォームで利用したいメーカーは「TOTO」「ナショナル」「INAX」がトップ3。いずれも技術力や信頼感のイメージが高い。C-NEWS編集部調べ。(2007/12/27)

「書く・貼る・捺す・綴じる」展2007:
ボールペンの原料に──プレステ、TOTO、伊藤園のお茶の殻をリサイクル
プレイステーションのディスク素材からリサイクルしました──ソニー・ミュージックエンタテインメント社内で配布されているボールペンの中にはこう書かれているものがある。実はこのボールペン、ゼブラの「リサイクル・プロジェクト」による製品なのだ。(2007/8/29)

TOTO、高層マンションでも導入できるタンクレストイレ
TOTOがウォシュレット一体型タンクレストイレの新製品「ネオレストハイブリッドシリーズ」を発表。貯水タンクと加圧ポンプを内蔵し、高層マンションでも導入できる。(2007/6/29)

TOTO、便利機能を詰め込んだシートタイプ便座「NEWアプリコット」
TOTOは、ウォシュレット一体型のシートタイプ便座「NEWアプリコット」を2月1日に発売する。(2007/1/25)

TOTO、フチなし&トルネード洗浄の節水便器を拡大
TOTOは、住宅用便座4シリーズを一新した。汚れのつきやすい便器のフチ裏をなくした、“フチなし・トルネード洗浄”を採用。(2006/10/27)

TOTO、MP3対応の交換用便座を発売
TOTOは、「サウンドリモコン」を搭載したシートタイプの便座「ウォシュレット アプリコットN5A」を11月1日に発売する。リモコンにMP3再生機能とスピーカーを内蔵。トイレの中で音楽を楽しめる。(2005/10/26)

便器そのまま、ウォシュレットだけ最新型にする新製品
TOTOは、「ウォシュレット一体形便器」の便器部はそのままで、ウォシュレット機能部だけを最新型に取り替えられる「ウォシュレット一体形取替機能部」を発表した。8月29日発売。(2005/8/4)

レンジフードが消えるキッチン、登場
TOTOが9月に発売する「Cuisia」(キュイジア)は、業界初の「しまえるクリーンフード」を装備したユニークなシステムキッチンだ。コンロを使用していないときはレンジフードを自動的に収納し、リビング・ダイニングの雰囲気を壊さない。(2005/7/8)

トイレで毎日健康チェック――TOTO「インテリジェンストイレ」
東陶機器(TOTO)と大和ハウス工業は、自宅で「尿糖値」「血圧」「体脂肪」「体重」という4項目の健康チェックができる在宅健康チェックシステム「インテリジェンストイレ」を発売する。(2005/3/28)

トイレでクラシックの生演奏――TOTOからもMP3再生トイレ
MP3形式の音楽を保存したSDカードを利用して、四季に合わせた曲を再生する「サウンドリモコン」を装備。季節にごとに異なる香りを出す機能も備えた。(2005/1/26)

女性がトイレですることは……携帯メールチェック?
身だしなみチェック以外にも、することは多い。TOTOの調査より。(2004/12/10)

トイレ掃除=6キロの重りを持って100メートル?
トイレ掃除は“男の仕事”らしい。TOTOが筋電計を使って調査したところ、3分間のトイレ掃除にかかる筋力負荷は、「2Lペットボトル3本を持って、時速4キロで100メートルを歩くのに相当する」ことがわかった。(2004/12/2)

長風呂もこれで快適!?――“魔法びん”バスがTOTOから
TOTOが「魔法びん」構造を使った新しい浴槽を発表した。前の人が入ってから“従来比4倍の6時間”も快適な湯温を維持できるという。目・肩・腰の疲労回復にはお風呂が一番。夜中に帰っても快適なお風呂タイムを満喫できるこの浴槽は、長時間PCでの作業に携わる“IT戦士”たちにもぴったりだろう。(2004/6/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。