ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「有害物質」最新記事一覧

2020年東京五輪に向け:
「店をつぶす気か」厚労省禁煙案に反対続出
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、厚生労働省が10月、喫煙範囲を狭めた受動喫煙防止対策案を打ち出したところ、関係団体から反対意見が相次いだ。病院からも「命短い患者にせめてたばこくらいは……」と喫煙室の設置を求める声も。(2016/12/1)

オン・セミコンダクター LV8811など:
家電製品の設計を簡素化するモータードライバー
オン・セミコンダクターは2016年9月、家電製品の設計を簡素化するファンモータードライバー「LV8811」「LV8813」「LV8814」を発表した。180度の正弦波駆動により、騒音と振動を抑えて、エネルギー効率に優れたモーター制御を可能にするという。(2016/10/24)

日本型セキュリティの現実と理想:
第33回 ハニーポットが示した「野良IoT」の脅威
IoTは世の中を大きく変える可能性を持っているが、そのセキュリティ対策は部品レベルで考えなければならない課題だ。今回はIoTの具体的な脅威の実情について、横浜国立大学の研究をもとに考察する。(2016/10/13)

蓄電・発電機器:
電車も燃料電池で走る時代、ドイツで2018年に運行開始
フランスの鉄道供給会社が世界で初めて燃料電池で走る電車を披露した。車両の屋根に燃料電池を搭載して、水素で発電した電力を蓄電池に充電しながら最長800キロメートルを走行できる。電化していない区間でディーゼル車に代わるエコな電車になる。2018年にドイツで運行を開始する予定だ。(2016/9/28)

フォルクスワーゲンにイグ・ノーベル賞 「排ガス有害物質の問題を解決」した“功績”
排ガス不正で揺れた独VWにイグ・ノーベル賞が贈られた。(2016/9/23)

蓄電・発電機器:
次世代の石炭火力発電が試運転、瀬戸内海の島で発電効率40%超を目指す
広島県の離島で2017年3月に開始する「石炭ガス化複合発電」の実証試験に向けて発電設備が試運転に入った。発電能力を商用レベルの16万6000kWまで引き上げて、発電効率40.5%を達成することが目標だ。CO2の排出量を削減しながら、従来の石炭火力と同等以下の発電コストに抑える。(2016/8/24)

真夏の散歩、犬の肉球は大丈夫? 獣医師と一緒にワンコ問題を考えるブランド「docdog」が誕生
お薦めのドッグ・ブーツも紹介。(2016/8/9)

業務知識:
照明の節電はどれくらい効果があるのか
照明を節電して、浮いた分はモノづくりに投資しよう。(2016/8/3)

料理が捗る! 芽が出ず有毒物質も少ない便利なじゃがいも誕生 理研ら研究チーム
遺伝子組み換えによって作ることができることが明らかに。(2016/7/27)

エコカー技術:
フランス産ディーゼルいよいよ解禁――PSA、BlueHDi搭載モデル投入
プジョー、シトロエン、DS Automobilesの3ブランドでクリーンディーゼル「BlueHDi」搭載モデルを日本市場に投入するフランスPSAグループ。こだわりの日本ユーザーに、最新ディーゼル技術で攻勢をかける。(2016/7/13)

梅雨時のイヤな臭いに効く空気清浄機とは? ブルーエア「ニオイフィルター」の謎に迫る
ジメジメと蒸し暑いこの季節。生ゴミのニオイや部屋干しした洗濯物の生乾き臭、そして浴室のカビ臭など、さまざまなニオイがきになってくるものだ。こうしたニオイにも効く空気清浄機の条件とは“物量”だった。(2016/7/6)

電力供給サービス:
運転開始から50年の石油火力発電所、役割を終えて高効率の石炭火力へ
東京電力は1960年に運転を開始した「横須賀火力発電所」の設備を全面的に更新する。6基の石油火力発電設備を廃止して、最新鋭の石炭火力2基を建設する計画だ。発電コストの低い石炭火力に転換するのと同時に、全体の発電能力を224万kWから130万kWへ縮小して燃料費を大幅に削減する。(2016/4/28)

技術革新の現場に潜入:
世界初公開! ダイソンの空調製品研究施設を見てきた
ダイソンの空調家電に関する研究開発を行っている、シンガポールのDyson Operations Pte.Ltd,(DOPL)研究施設を訪ねた。この施設の奥にまで報道関係者が立ち入るのは初だ。(2016/4/13)

法制度・規制:
太陽電池廃棄物のリサイクル、ガイドラインが公開へ
環境省は、固定価格買取制度などの後押しもあり設置が増え続ける太陽電池に対し、リサイクルに向けたガイドラインの第1版を策定した。今後増加が見込まれる太陽電池関連廃棄物の処理を円滑に行えるようにする狙いだ。(2016/4/7)

医療機器ニュース:
VOC300種類の放出量を抑え、シックハウス症候群を根本的に解決するパナホームの家
パナホームは、室内の空気に含まれる揮発性有機化合物(VOC)の濃度の基準を定めた国際認証「グリーンガード認証」を住宅としては世界で初めて取得した。シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物300種類を対象に使用する数十種類の建材や接着剤を見直した。コストは「売り値には影響しない範囲」(パナホーム)としている。(2016/4/5)

スマートエネルギーWeek 2016:
空気で発電「亜鉛電池」、家電が直接つながる
あらかじめ充電しておかなくとも非常時に利用できる電池が注目を集めている。先行するのはマグネシウム空気電池。これに対抗する「空気亜鉛電池」が2016年5月にも登場する。水を使わずに発電し、家電用のコンセントを外付けで備えた。(2016/3/11)

宇宙ビジネスの新潮流:
「地球外生命体」と「火星移住」を研究する日本人を知ってますか?
人類は火星に移住できるのか? 地球の外にも生命体は存在するのか? そんな夢のあるテーマについて、日米を行き来しながら研究する一人の日本人がいるのをご存じだろうか。(2016/2/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界が販売禁止に乗り出す、“つぶつぶ入り洗顔料”の何が危険なのか
スクラブ製品が、世界的に注目されているのをご存じだろうか。私たちが何気なく使っているスクラブ洗顔料や歯磨き粉などの一部には、いわゆる「マイクロビーズ」と呼ばれるプラスチックの粒子が使われている。その粒子が……。(2016/1/28)

電源なしでセンサーが稼働
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/30)

電力供給サービス:
世界最先端の石炭ガス化発電所、福島県の2カ所で2016年9月に着工へ
東京電力が福島県で進めている「石炭ガス化複合発電」のプロジェクトが着工に向けて最終局面に入った。建設に必要な環境影響評価の手続きが第3段階まで進み、2016年9月に県内の2カ所で工事を開始できる見通しだ。CO2排出量を抑えた石炭火力発電所が2020〜21年に運転を開始する。(2015/11/27)

Computer Weekly:
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/18)

電力供給サービス:
火力発電所を石油から石炭へ、環境省の反対意見を受けても前進
中部電力は愛知県の「武豊火力発電所」の設備を全面的に更新する計画だ。運転開始から40年以上を経過した石油火力発電設備4基から最新の石炭火力1基へ移行する。建設に先立つ環境影響評価の最初の段階で環境大臣から「是認できない」との意見が出たが、予定通りに手続きを進める。(2015/10/19)

これがまほうのビキニか! 泳げば水がきれいになる水着に世界がざわざわ
汚染を防ぐために、わたしは、泳ぐ!(2015/10/14)

エコカー技術:
トヨタの最新クリーンディーゼルはなぜ圧縮比が15.6なのか
トヨタ自動車が2015年6月に大幅改良した「ランドクルーザープラド」に採用したクリーンディーゼルエンジン「GDエンジン」の圧縮比は15.6である。これは、マツダの「SKYACTIV-D 2.2」の14.0と比べると幾分高い値だ。その理由は「世界中のお客さまに使っていただくため」だった。(2015/8/27)

火力発電の最新技術を学ぶ(3):
石炭をガス化する第2世代、LNG火力とともに複合発電へ
2020年代に火力発電の中核になる技術が「複合発電」である。ガスタービンと蒸気タービンの2種類を組み合わせて発電効率を向上させる。石炭もガスに転換してから発電に利用する。現在はガスの燃焼温度が最高で1600度だが、2020年には1700度に引き上げて発電効率を60%に近づける。(2015/8/12)

キーワード解説:
夢のクリーンエネルギー「人工光合成」とは
地球温暖化など環境負荷の大きな二酸化炭素を吸収しつつ、エネルギーを生み出し、さらに有害物質を排出しないというクリーンエネルギーの生成を実現する「人工光合成」。“人類の夢”ともされた技術だが、2020〜2030年には現実のものとして実現する可能性が見え始めている。(2015/7/17)

汗以外にもある、体臭が発生する原因
暑くなると特に気になる体臭ですが、汗の臭い以外に体臭の原因があります。何が原因で発生し、どうやったら防げるのか紹介します。(2015/7/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
荷物検査は本質ではない 東海道新幹線火災から考える
6月30日、東京発新大阪行「のぞみ225号」の1号車で男が焼身自殺を図って死亡した。巻き込まれた女性が死亡。20人以上が重軽傷。一部報道では東京オリンピックの防犯に言及し「新幹線のテロ対策の必要性」「荷物検査」を論じている。しかしこれは過剰な反応だ。悪意を持つ者はどんな対策もすり抜ける。(2015/7/3)

エコカー技術:
クリーンディーゼルへ展開を広げるトヨタの「高熱効率・低燃費エンジン群」
トヨタ自動車が新開発した排気量2.8l(リットル)のクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」は、同社が2014年4月から展開を始めた「高熱効率・低燃費エンジン群」の1つである。本稿では、1GD-FTVの開発コンセプトや採用した新技術を解説しよう。(2015/6/24)

『EE Times Japan 10周年』特別編集:
EE Times Japanは、創刊10周年を迎えました
2015年6月、EE Times Japanは、読者の皆さまに支えられて、創刊10周年を迎えることができました。紙媒体から出発し、オンラインニュースサイトとして落ち着くまでに紆余曲折はありましたが、次の10年に向けて、日本のエレクトロニクス業界の発展に少しでも貢献すべく、まい進していきたいと思います。(2015/6/24)

設備保全は「予知」の時代へ:
PR:故障は既に予測可能に、工場の稼働率を抜本的に高める「予知」の力
製造業にとって生産性向上を行うのに、「設備稼働率」は重要な指標となる。工場設備には故障対応や部品交換、点検・保守の時間はつきもので、そのために設備を一定時間「止めても仕方がない」と考えられてきた。しかし実は今、この「仕方のない時間」は限りなく短く、頻度も少なくできるようになってきている。そのキーワードとなるのが「予知」である。(2015/6/18)

ビールがおいしい季節! アルコールから胃を守るための救世主が明らかに!?
夏が近づいてきました。アルコールの飲みすぎから胃の健康を守るため、ある研究結果をご紹介します。(2015/5/24)

JR東日本、「リゾートしらかみ」新型ディーゼルハイブリッド車両を新造
緑ゆたかなブナの葉と木漏れ日を表現。(2015/5/14)

林信行が語る「エシカルIT企業」という視点:
アップルが森林を買い、ソーラーファームを建設する理由
アップル直営店のリンゴロゴが「アースデイ」にあわせてグリーンに。同社の特設サイトでは環境への様々な取り組みが発表されている。林信行氏が解説。(2015/4/22)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
空気を浄化する扇風機「ダイソン ピュア クール」の気になるところ
「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)は、空気清浄機が抱える課題や弱点をイノベーションで解決したという空気清浄機能付き扇風機だ。その機能とパフォーマンスについて、来日した担当エンジニアに詳しい話を聞いた。(2015/4/3)

高性能フィルターを新規開発:
花粉はもちろんPM0.1も99.95%除去する空気清浄機能付きファン
ダイソンは、同社のAir Multiplier(エアマルチプライアー)テクノロジーを活用した、空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool(ダイソン ピュア クール)」を発表した。(2015/3/19)

マネーの達人:
空き家になった実家――それは資産? 負債?
1人暮らしだった母が特別養護老人ホームに入居し、実家は「空き家」となったのだが……。今回は、空き家の現状を紹介します。(2015/3/11)

FAニュース:
米国排出ガス規制に対応した産業用水冷ガソリン・ガスエンジン
クボタは、「WGシリーズエンジン」に、ディーゼルエンジン「V3800」をベースにした「WG3800」を追加した。米国排出ガス規制に対応し、CARB(ノンロードSI Tier3)、EPA(ノンロードSI Tier2)の排出ガス適合認証を取得した。(2015/2/26)

ヘルシーライフの新常識:
年の始めはファスティング――暴飲暴食の痕跡をリセットしよう!
怒涛の宴会ラッシュだった年末年始が明け、胃が、お腹が、身体が重いっ! そんなあなたにオススメなのが「ファスティング」。ダイエットのため? いえいえ、デトックスのためです。(2015/1/9)

「高額化粧品の原価は……」皮膚科医が語る
肌トラブルの増える季節になりました。今回は、皮膚科医の菅原由香子さんにお肌のケアについてお話をうかがいました。(2014/12/25)

新技術:
光触媒を活用するパナソニックの次世代浄水技術
パナソニックは「エコプロダクツ2014」において、光触媒を用いた水浄化技術を展示。新開発した粒子状の光触媒を利用することで、従来の技術と比較して水中の有害物質を約100倍の速度での浄化が可能になったという。2018年までに実用化のめどを立てるとしている。(2014/12/17)

肌荒れ、たるみを悪化させるNGケア
(2014/12/16)

スマートファクトリ:
ごみ発電の完全自動化へ、蒸気量などから最適な燃焼パターンを予測
全国各地にある清掃工場に発電プラントを納入している日立造船がIT(情報技術)を活用した運転管理システムの実証に着手する。発電プラントの蒸気量などを過去のデータと組み合わせて分析することにより、燃焼状態の異常を検知するほか、発電量が最大になる燃焼パターンを予測する試みだ。(2014/12/8)

ディルバート(376):
なんか“怪しい”新製品
人工肉製品を発売するという知らせを受け、1つ疑問が浮かんだディルバート。対する経営陣の答えは……?(2014/12/4)

予防と治療:
のどあめってなんで効くの? のどが痛いときの対処法5つ
12月を迎えて寒さも厳しさを増し、風邪を引きやすい時季になりました。今回は、風邪の代表的な症状の1つである「のどの痛み」の原因とその予防法について説明します。(2014/12/1)

蓄電・発電機器:
木質バイオマスでコージェネ、1キロのチップから3kWhの電力と熱
ドイツを中心に木質バイオマスによるコージェネレーションシステムを展開するSpanner Re2社が日本でも販売を開始した。木質チップをガスに転換してから電力と熱の両方を供給することができ、大気中に有害物質を排出しない点が最大の特徴だ。すでに福島県で第1号が稼働している。(2014/11/19)

仕事をしたら“世界で”売れた:
生産台数9000万台超! ホンダのスーパーカブがスゴい
世界中で販売されているスーパーカブ(ホンダ)の累計生産台数が9000万台を超え、あと数年で1億台を突破しそうだ。50年以上前に発売されたスーパーカブは、なぜ今でも売れ続けているのだろうか。ホンダの広報部に聞いた。(2014/10/29)

電力供給サービス:
石炭火力発電所の更新に兵庫県知事が意見、高効率のIGCC導入を求める
J-POWERが兵庫県の「高砂火力発電所」の設備更新計画を進めている。運転開始から45年以上を経過した石炭火力2基を更新して、発電能力を50万kWから120万kWへ増強する計画だ。標準的な発電方式を想定するJ-POWERに対して、地元の兵庫県知事は高効率の発電方式を求めた。(2014/10/1)

ビジネスニュース 企業動向:
Appleの中国下請け工場、安全基準違反が明らかに
Appleの「iPhone」や「iPad」の部品を製造する中国の下請け工場Catcher Technologyに、労働者の健康や安全に関わる重大な基準違反があることが明らかになった。Appleはこの報告を受けて、即座に調査チームを同工場に派遣したという。(2014/9/9)

電力供給サービス:
製鉄所の火力発電もコンバインドサイクルへ、出力を増やしてCO2は2割減
鉄鋼大手のJFEスチールは東京湾岸の製鉄所で運転中の火力発電設備を最新鋭のコンバインドサイクル方式へ更新する計画だ。製鉄の工程で発生する副生ガスを利用した発電設備のうち、運転開始から38年を経過した1号機を更新して供給力を10万kW以上も増強する。(2014/9/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。