ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「津田大介」最新記事一覧

Twitterで「クソ馬鹿ハゲ野郎」 匿名アカウント、実は新潟日報の報道部長だった…… 新潟日報「調査のうえ対処する」
新潟日報にも確認したところ、「事実です」とのことでした。(2015/11/24)

「石原慎太郎だけど、何か質問ある?」 ニコニコ23.5時間テレビに降臨
石原慎太郎さんに聞いてみたいことを募集する。(2015/7/5)

「著作権侵害の非親告罪化」「保護期間延長」はTPP交渉から除外を――ネット関連団体の声明、政府に提出 68団体・283人賛同
TPPの知財分野の交渉について、十分な情報公開と、著作権侵害の非親告罪化や著作権保護期間の延長などを妥結案から除外するようを求める声明を、ネット関連団体が西村内閣府副大臣に手渡した。引き続き賛同者を募っている。(2015/3/13)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

官民それぞれの視点で「クールジャパンの現場に迫る」生放送討論 スクー、経産省と共同で
オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」で、「クールジャパンの現場に迫る」をテーマに官僚や企業、専門家が討論する生放送が経産省と共同で行われる。(2015/1/6)

安倍首相が「保守速報」の記事をシェア 批判を受け削除
「民主党が小学4年生のふりしてアベノミクス解散に疑義を唱えるステマサイト開設か!? ネット炎上」という記事にリンクが付いていた。(2014/11/25)

なぜ人は“動く”のか:
開始から10カ月で購読者数1万人突破――ホリエモンのメールマガジン
「1万人コンサート」「1万人動員!」など、大人数を象徴する数字として頻繁に登場する1万人。では、実際に1万人を動かすにはどのような条件を満たす必要があるのだろうか? 今回は、ホリエモンこと堀江貴文氏の有料メールマガジンを例に考えます。(2014/9/5)

100年に一度の変革期――メディアの“今”を知るために読むべき本5選
メディアの変革期を生き残るために必読の5冊を紹介!(2014/8/7)

津田大介のメルマガ「メディアの現場」が全7巻で電子書籍化――hontoで限定発売
第2弾は6月以降の配信を予定。津田本発売を記念したトークイベントも予定されている。(2014/5/21)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/7)

新番組「津田大介 日本にプラス+」CSで放送へ 夏野剛氏、ガンホー森下社長などゲストに
津田大介さん初の冠・帯番組「津田大介 日本にプラス+」が、CSで4月7日から放送へ。毎回ゲストを迎えてじっくり議論する。(2014/3/25)

東日本大震災から3年、Googleが展示イベント開催 「キオクと復興の今」たどる
パーソンファインダーに始まり、被災を記録したストリートビュー、東北のビジネス支援など同社と震災の関わりを紹介します。東北のおいしいお酒も?(2014/2/25)

「ジョジョリオン」もプラモデルのジオラマもすべてアート! 第17回文化庁メディア芸術祭・受賞作品展開催
2月5日から始まる受賞作品展の内覧会に潜入。一足早く中の様子をご覧ください!(2014/2/5)

衛星データビジネスの未来を考える「JAXA産業連携シンポジウム2014」ライブ配信
「JAXA産業連携シンポジウム2014〜あなたのアイデアで衛星データをビジネスに〜」をライブ配信。従来の衛星ビジネスにとどまらない多彩な分野の人々が衛星データビジネスの未来について語り合う。登壇者は夏野剛さん、津田大介さんなど。配信は1月27日14時30分〜。(2014/1/24)

グリーの有料メルマガ「Magalry」終了 開始から1年余り
グリーの有料メルマガサービス「Magalry」が、開始から1年余りで終了する。(2014/1/16)

新しい働き方のチームが作るモノ:
目指すはNo.1経済メディア――「NewsPicks」はスマホ時代の情報紙アプリ
経済情報に特化したニュースアプリ「NewsPicks」は、業界分析データベース「SPEEDA」で知られるユーザベースが開発するコンシューマ向けアプリだ。業界の著名人がピックアップ、作成したオリジナルコンテンツも読め、有料化も視野に入れたビジネスモデルを掲げている。(2013/12/9)

文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の大賞に「ジョジョリオン」
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」がアニメーション部門優秀賞に。(2013/12/5)

「津田マガ」のEPUB制作支援にでんでんコンバーターを活用
メールマガジン『津田大介の「メディアの現場」』のEPUB制作に「でんでんコンバーター」が活用されている。(2013/12/4)

ミズタクコラムに漫画家が描く天野アキ あまちゃん徹底解説本「あまちゃんメモリーズ」発売
あまロスのあなたも大好きだったあなたも、放送時に逆回てーん!(2013/10/31)

niconicoの「ブロマガ」、有料登録者10万人を突破
「アニメ」「ゲーム」関連のブロマガが登録者を伸ばし、有料登録者数が10万人越え。(2013/10/28)

追悼:富田倫生さん――書籍の「青空」を夢見て走り続けた人
8月に亡くなった「青空文庫」呼びかけ人・富田倫生さんの追悼イベントが行われた。「青空文庫」という名称に込められた富田さんの思いとは何だったのか。この追悼イベントでは富田さんを間近に見てきた人たちによって、その思いが振り返られた。(2013/10/11)

ITpro EXPO 2013 レポート:
「行くぜっ!ビッグデータ」 ももいろクローバーZ×津田大介“秋のIT祭り”を見てきた
ももいろクローバーZの5人が「ITpro EXPO 2013」に登場し、ビッグデータやモバイル、クラウド、ソーシャルといったIT業界のトレンドを勉強。5人のうち一番の“アナログ派”は……?(2013/10/10)

リニューアル記念企画「これからの働き方、新時代のリーダー」:
「キュレーションで効率的に情報収集」の落とし穴――池上彰×吉岡綾乃(前編)
9月2日にリニューアルしたBusiness Media 誠。記念企画として、スペシャルインタビューを掲載していきます。最初に登場していただくのは、ジャーナリストの池上彰さん。編集長の吉岡綾乃と、ビジネスパーソンはどのように情報収集すべきかについて話し合いました。(2013/9/2)

青空文庫の推進役・富田倫生氏の追悼イベント開催――活動を支援する「本の未来基金」創設へ
ボイジャーは、8月18日に逝去した電子図書館「青空文庫」の推進役・富田倫生氏の追悼イベントを開催。また、青空文庫の活動を支援する「本の未来基金」も創設する。(2013/8/30)

富田倫生さんしのぶイベントが9月25日に 青空文庫を支援する「本の未来基金」創設
「青空文庫」の呼び掛け人、富田倫生さんをしのぶイベントが9月25日に開かれる。同イベントと青空文庫の今後の活動を支援するための「本の未来基金」も創設される。(2013/8/29)

紙と電子同時発売「角川EPUB選書」創刊 第1弾にドワンゴ川上会長初の著書など
紙と電子版を同時発売する角川グループ合同の選書レーベル「角川EPUB選書」が10月創刊。第1弾は、ドワンゴ川上量生会長の初の著書など。(2013/8/20)

ソーシャル時代の新レーベル「角川EPUB選書」10月創刊 ドワンゴ川上会長の著書も
創刊タイトルはドワンゴ会長・川上量生さんやKADOKAWA会長・角川歴彦さんの著作など。紙と電子を同時発売する。(2013/8/20)

政治家発言まとめサイト「ポリタス」PC版公開
政治家のオフラインでの発言をテーマごとにチェックできるデータベースサイト「ポリタス」のPC版が公開された。(2013/7/22)

「#ゆゆ式二期希望」 TOKYO MXの選挙特番が今回もフリーダムだった
東京のローカル局「TOKYO MX」で放送された参院選の選挙特番では、画面に表示される視聴者からのツイートの多くに選挙に無関係なハッシュタグが。(2013/7/22)

政治家のオフラインの発言をDB化 津田大介さんの“政治メディア”「ポリタス」β版公開
テレビ、新聞、街頭演説などで政治家のオフラインでの発言を収集し、データベース化した「ポリタス」がオープン。(2013/7/16)

菅元首相がTwitterに苦戦中 リツイートのやり方がなんか違う……!
使いこなすべく試行錯誤しているらしいです。(2013/7/10)

児童ポルノ禁止法改正案で初音ミクを語る!? 片山さつき議員の発言にネットで戸惑いの声
児童ポルノ禁止法改定案についての議論で飛び出した発言に、視聴者からは戸惑うコメントが。(2013/7/3)

あるサイトがソースコード内でひっそりきゃりーぱみゅぱみゅへラブコール
投票へ行く人を増やそうとするサイト……の隠れたところにまさかの文章が。(2013/7/1)

田原総一朗VS. 水道橋博士のテレビと著作権(後編):
番組を動画サイトにアップ、どう思う? テレビが面白い理由
ソーシャルメディアが普及したことでネット上にテレビ番組についての感想や批評を記す人たちが出てきた。テレビ番組の引用はどうあるべきなのか。田原総一朗さんと水道橋博士が語り合った。(2013/6/19)

インタビュー:
ゲームに賭けてきたからこそ見せたい意地がある 業界からはみ出たおっさんたちは「モンケン」で何を壊すのか
インタビュアーは「モンケン」プロジェクトに30万円を出資した、「ゲームのちからで世界を変えよう会議」代表・Noah氏でお送りします。(2013/6/17)

「ネット選挙解禁!政治は変わるか?」ライブ配信 津田大介さん、ヤフー川邊副社長ら登壇
第190回J.I.フォーラム「ネット選挙解禁! 政治は変わるか?」をライブ配信する。第1部「ネット選挙解禁で有権者の何がどう変わるか」、第2部「政治家がネット選挙解禁に期待すること」といったテーマでそれぞれディスカッションする。登壇者は津田大介さん、ヤフー川邊健太郎副社長(第1部)、ニワンゴ杉本誠司社長(第2部)、自民党の石破茂幹事長(第2部)、民主党の細野豪志幹事長(第2部)など。配信は6月13日15時0分〜。(2013/6/13)

津田氏に聞く:
トレンド総研、会社員500名を対象に「仕事とソーシャルメディアに関する調査」を実施
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は5月21日、会社員500名を対象にした「仕事とソーシャルメディアに関する調査」の結果を発表した。(2013/5/22)

ハフィントン・ポスト日本版オープン 読者参加による「ポジティブで良質な言論空間」へのチャレンジ
ニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版がオープンした。ネガティブコメントで埋まりがちだった読者参加型ニュースコミュニティーを「ポジティブな言論空間」に育てるというチャレンジでもある。(2013/5/7)

田原総一朗VS. 水道橋博士のテレビと著作権(前編):
ネットを使ってテレビを見るのは、そんなにダメなの?
動画サイトにアップロードされているテレビ番組は、かなりの数にのぼる。しかしそれらの番組のほとんどは、テレビ局によって消されてしまう。ネット上でテレビ番組を見ることができるようになると、どのようなメリットがあるのか。田原総一朗氏と水道橋博士が語り合った。(2013/5/1)

みんなの党、参院選候補者の選考過程を「見える化」 1次面接をライブ配信
みんなの党が参院選候補者の選考過程を「見える化」。その選考1次面接をまるごとライブ配信する。面接官は、松田公太広報委員長、山内康一国対委員長、柿沢未途議員。コメンテーターとして津田大介さんらも出演する。配信は3月31日10時0分〜。(2013/3/29)

WDLC、新社会人向けのPC活用術発信サイトをオープン
ウィンドウズ・デジタル・ライフスタイル・コンソーシアムは、Windows 8搭載PCを中心としたPC活用術を発信するキャンペーンサイトをオープンした。(2013/3/22)

田原総一朗×津田大介 「ネット世代と政治」語る
文化放送とニコニコ生放送で同時配信している番組「田原総一朗オフレコ!スペシャル」に津田大介さんがゲスト出演。田原さんと「ネット世代と政治」というテーマで語る。配信は3月20日21時0分〜。(2013/3/15)

KDPによる個人出版ブーム、老舗サービスの辿る道は:
ブクログ吉田氏に聞く「パブー」の今後
電子書籍の個人出版サービスであるKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)が注目を集める中、国内の先駆けと言えるブクログの「パブー」は、いま新たにパブリッシャーとしての道を歩みつつある。パブーを運営するブクログ代表取締役社長 吉田健吾氏に話を聞いた。(2013/3/14)

津田大介さんが「ヤング・グローバル・リーダー」に
世界経済フォーラムがこのほど発表した2013年の「Young Global Leaders」に、ジャーナリストの津田大介さんなど日本から6人が選ばれた。(2013/3/13)

朝日新聞「プロメテウスの罠」は何を伝えたのか 担当記者や津田大介さんらが議論
原発事故の再検証をテーマとした朝日新聞のルポルタージュ「プロメテウスの罠」を取り上げる番組。実際に記事を執筆している朝日新聞特別報道部の記者たちとともに考える。そのほかの出演者は津田大介さん、ニワンゴ杉本誠司社長など。配信は3月10日20時0分〜。(2013/3/6)

日々是遊戯:
黒川文雄・飯田和敏らによる新作ゲーム「モンケン」発表 インディーズゲームとして今夏リリース
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき誰でも改良や二次創作を行えるようにする。(2013/3/1)

「Social Media Week TOKYO 2013」3日目ライブ配信
「Social Media Week TOKYO 2013」をライブ配信する。3日目は「アメリカで最も成功したニュースサイト『ザ・ハフィントン・ポスト』、そのソーシャル・メディアとしての成功の鍵と戦略について」「マスって何?〜メディアの価値をどう作るか〜」「サッポロビール社のフェイスブック戦略」「ソーシャルで変わるか政治 津田大介氏(ジャーナリスト)」「つぶやき分析の可能性〜ビッグデータを使った報道の試み」。配信は2月20日12時10分〜。(2013/2/20)

グリーが有料メルマガ参入 動画、音声配信も「Magalry」
グリーが有料メルマガサービス「Magalry」を公開。田村淳さんや中川翔子さんなど著名人のメルマガを購読できる。(2013/2/19)

グリー、有名人の連載を配信する有料メルマガ「Magalry」スタート
田村淳さん、中川翔子さん、眞鍋かをりさんなどのコンテンツを配信する。(2013/2/19)

ブクログが「ブクログ年間ランキング 2012年」を発表
「ブクログ年間ランキング 2012年」で、今年人気のあった本をチェック。(2012/12/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。