ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「Unreal Engine」最新記事一覧

VRゲームに使ったらむっちゃ楽しそう 人間の動きを認識する服「e-skin」、クラウドファンディング開始へ
スポーツ、着座時の姿勢のモニタリングなどにも利用可能。(2017/7/21)

「シェンムー3」発売が2018年下半期へと延期、延期理由は「パワーアップしたシェンムーを届ける」ため
パワーアップした「シェンムー」をユーザーのもとに届けるには時間が足りないとディレクター鈴木氏。(2017/6/8)

WWDC 2017まとめ
Appleが6月5日に開催した「WWDC 2017」の基調講演で発表されたことを時系列にまとめた。既に視聴できるようになっている録画のお供にどうぞ。(2017/6/6)

WWDC 2017:
iOSに「ARKit」登場 iPhone、iPadで使える世界最大のARプラットフォームへ
(2017/6/6)

NVIDIA、インテリジェントマシンの製作を簡便化するブレークスルー技術を発表
米NVIDIAは、人工知能をベースにしたロボットの構築とトレーニング作業を“劇的に簡素化”する新技術の発表を行った。(2017/5/12)

産業用VRカレイドスコープ(2):
3D CAD用のVRシステムは「事前変換方式」と「変換不要方式」どちらが良いのか?
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、3D CAD用のVRシステムにおける、「事前変換方式」と「変換不要方式」について説明します。併せて、前回記事公開後の、産業VR関連の動向についても紹介します。(2017/4/5)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

3日間で約33万1000台を販売:
任天堂「Switch」を生んだ「Wii U」の教訓
任天堂が約4年ぶりとなる新型ゲーム機「Nintendo Switch」を発売した。発売日から3日間の国内販売は約33万1000台。そこには、前作「Wii U」での苦い経験を生かした周到な戦略があった。(2017/3/23)

任天堂「Switch」を生んだ、「Wii U」の“苦い教訓”
発売後1カ月間の世界販売目標200万台を射程圏内にとらえたNintendo Switch。前作「Wii U」の苦い経験を生かした周到な戦略があった。(2017/3/23)

TSUKUMO、12月3日開催の開発者向けイベント「第5回 Unreal Engine 4 ミートアップセッション in九州」に協賛
Project Whiteは、Unreal Engine 4開発者向けのイベント「第5回 Unreal Engine 4 ミートアップセッション in九州」への特別協力を発表した。(2016/12/1)

先着20台の格安限定モデル:
驚異の10万円切り! 「VRおじさん」オススメ限定モデルを作ってもらったよ
PCでVRを楽しむためには、実は高性能な機種を用意する必要がある。だが、普通にVR向けPCを用意するとなると15万円前後というのが当たり前。日本にVRを広めるため、「VRおじさん」がツクモに直談判してきたぞ。(2016/12/9)

シカになってシカとたわむれるだけの謎ゲー、今になって突然リメイク企画が始動
オリジナル版は2005年に無料公開されたPCゲーム。(2016/11/15)

Hello!VR:
なぜPlayStation VRは素晴らしいのか 「ワクワクの魔法」が消えない極上のVR体験
10月13日に発売されたPlayStation 4向けのVRシステム「PlayStation VR」。「VRおじさん」こと、VR・パノラマ系専門メディア「PANORA」の広田稔氏がPS VRの魅力を解説。(2016/10/19)

Epic Gamesのフォーラムから80万アカウントのユーザー情報流出、vBulletinの脆弱性悪用か
「Unreal Engine」や「Unreal Tournament」といったゲームのフォーラムが不正アクセスされ、80万を超えるユーザーの情報が流出したと伝えられている。今回の攻撃ではフォーラムソフトウェア「vBulletin」のSQL絡みの脆弱性が悪用されたようだ。(2016/8/24)

HTC Vive、国内店頭販売開始 新世代GPU登場に合わせ
日本での購入しやすさではライバルOculus Rift CV1に大きく差をつけた。(2016/7/7)

「シェンムー3」の開発状況を鈴木裕さんが報告 「良いゲームになる手応えを感じています」
クラウドファンディング開始から1年。(2016/7/2)

重機型巨大ロボに搭乗して脱出体験 タグチ工業の「VRガジラ」がまるで映画のよう
ついに巨大ロボ搭乗者に選ばれたか……(ガタッ)。(2016/5/21)

指の動きまで取り込める、低価格な全身モーションキャプチャー
アユートが低価格モーションキャプチャー「PERCEPTION NEURON」を販売開始する。32個のマーカーで四肢はもちろん、指の動きまでキャプチャーできる。(2016/5/20)

来年20周年を迎える「クーロンズ・ゲート」VR映像体験イベントに応募者殺到 新たな販売コンテンツも検討
「クーロンズ・ゲート」の制作陣による企業ジェットマンが、産学連携プロジェクトとして開発。(2016/5/17)

江戸の町並を仮想空間で体験できる「江戸の町VR化プロジェクト」がクラウドファンディング開始
10万円出資すると、住民として登場できる権利が。(2016/5/14)

買って試して選んでみた:
「Oculus Rift」で極上体験ができるVRコンテンツ“3選”
注目のVR HMD「Oculus Rift」は高額ですが、それに見合う素晴しいVR体験を提供してくれます。個人的に試した中で、おすすめのVRコンテンツを3つ選んでみました。(2016/5/13)

どんなゲームも最低画質に 低スペックPCで「Fallout 4」など最新ゲームを遊び続ける男の闘い
無駄な戦いに見えて、その陰には「最高画質への反逆」というテーマが。(2016/5/10)

猛者の手で名作がよみがえる 海外ファンが「悪魔城ドラキュラ」を最新のゲームエンジンで3Dリメイク
現在はステージ1のみが完成。(2016/4/1)

Scratchで始めるプログラミング教育(終):
Scratchだけで終わらせないための有用プログラミング入門連載10選まとめ
ビジュアルプログラミングツールである「Scratch」を使って、プログラミングで何ができるのかを体験してもらう本連載。最終回は、Scratch 2.0で追加された、Webカメラで映った人の動きや、マイクで拾った音を使う機能を紹介。最後に、Scratchだけで終わらせないための有用なプログラミング入門連載をまとめておく。(2016/3/29)

「マブラヴの世界をVRで体感」――ベルサール秋葉原でHTC Viveの体験イベントが4月3日に開催
「マブラヴ オルタネイティヴ」の世界をVRで体感できる「HTC Vive」体験イベントが4月3日に開催される。入場は無料だ。(2016/3/25)

新連載・西田宗千佳のニュース深堀り:
フェイスブックがVRに約2000億円を投資する本当の理由
本格的に盛り上がり始めたバーチャルリアリティ(VR)市場。なぜいま、多くの企業は、投資家はVRに注目するのか。VRがもたらす本当のビジネス価値について読み解く。(2016/2/26)

初代ポケモンのマップを3Dで再現 海外のクリエイターが7カ月かけて作った動画があのころの記憶を呼び覚ます
「いあいぎり」で伐採する“あの木”まで。(2016/1/19)

2016年はどうなる?:
ロボット、人工知能、Deep Learning、IoT、ドローン、ゲーム開発、Windows 10――2015年注目だった開発者/プログラマー向け記事まとめ
2015年も、開発者/プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、今年の大きなトピックを振り返りつつ、参考にしていただきたい記事をピックアップしますので、年末年始にでも読んでみてください。(2015/12/28)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(終):
Unreal Engine 4のブループリントの使い方と3Dキャラクターの動かし方
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。最終回は、ゲームプレーに関する動作やイベントなどをGUIで設定できるブループリントの概要や基本的な使い方、アニメーションアセットを使った3Dキャラクターの動かし方などについて。(2015/12/25)

企画と開発のせめぎ合い:
ここでリテイクかよ!? “無茶振り”が生んだ高性能コンパクトPC「LITTLEGEAR」開発秘話
GTX TITANも搭載できる小型デスクトップPC、「LITTLEGEAR」はどのように生まれたのか。開発担当者に話を聞いた。(2015/12/2)

Oculus Riftが動くぞ!:
“GTX 980M”搭載でG-Sync対応のゲーミングノートPC「GALLERIA QSF980HGS」を試してみた
現在の主流ノートPCではスペック不足になる場合が多いVRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」。ドスパラ「GALLERIA QSF980HGS」は、そんなOculus Riftも快適に動作するパワフルなノートPCだ。(2015/11/30)

VRでエベレストの頂上に登れる! 本当に登山しているかのような美しい風景を収録した「EVEREST VR」
来年にはリリースされる予定。(2015/11/22)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(5):
Unreal Engine 4のパーティクル、メッシュの作り方とエミッターの使い方
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。今回は、パーティクルシステムを新規作成する方法やスタティックメッシュエディター、エミッターの使い方などについて。(2015/10/28)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(4):
Unreal Engine 4でテクスチャを使ったマテリアルを作る基本
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。今回は、無料のテクスチャをマーケットから入手し、それを使ってマテリアルを作る方法や二つのテクスチャを合成する方法などについて。(2015/9/24)

サードウェーブデジノス、「東北ITコンセプト福島GameJam2015」参加に向けたUnreal Engine 4 “事前勉強会”をアキバで開催――8月11日/12日
サードウェーブデジノスは、8月に開催される「東北ITコンセプト福島GameJam2015」に参加するための基礎知識を得られるUnreal Engine 4 ハンズオンセミナーの開催を発表した。(2015/8/5)

サードウェーブデジノス、ゲーミングPC“GALLERIA”に「Unreal Engine 4」動作確認済みモデル2製品を追加
サードウェーブデジノスは、最新世代のゲームエンジンとなる「Unreal Engine 4」の動作確認済みをうたった開発者向けゲーミングPC計2製品の販売を開始した。(2015/8/4)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(3):
Unreal EngineのSky SphereやAtmopsheric Fogを使った空の背景の設定&Light Sourceを使った光の当て方
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。今回は、Sky SphereやAtmopsheric Fogを使った空の背景の設定や、Light Sourceを使った光の当て方などについて。(2015/8/4)

「ドラクエXI」異例の複数ハード対応は「多くの人に遊んでほしかったから」――発表会で堀井氏語る
「ドラクエ」新作はまさかのプレイステーション 4、ニンテンドー3DSの2機種展開。ハードが発表されると、会場内は一瞬ざわっとしていました。(2015/7/28)

「ドラクエ11」発表 「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」 3DSとPS4で発売へ
スク・エニは、ドラゴンクエストシリーズ本編の11作目となる「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を発表した。ニンテンドー3DSとPlayStation 4向けに発売するほか、任天堂の新型機「NX」でも発売予定だ。(2015/7/28)

プロならゲーム開発で品質保持/CIは当たり前:
PR:C#/C++の本格的なゲーム開発において品質を高めるために知っておきたい静的解析とは
ゲーム開発現場に長らく存在する課題を解決し、スピードと品質担保を両立させる手段として多くのゲーム開発者が導入を始めているのが、コード解析ツールだ。日本シノプシス 営業本部 ソフトウェアインテグリティグループ シニアプロダクトマーケティングマネージャー 津村直史氏にコード解析ツールについてお話をうかがった。(2015/7/14)

全身毛だらけのモフモフマリオ誕生? リアルな物理シミュレーションの世界で再現されたマリオが新感覚
ぬるぬる動くよ。(2015/7/7)

え、これ実写じゃないの!? 「Unreal Engine 4」で作った映像が完全に実写
このグラフィックのゲームが遊べる日も近い……?(2015/7/2)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(2):
マテリアル、アクター、カメラ操作で分かるUnreal Engineの基本的な使い方
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。今回は、マテリアル、アクター、BSP、カメラの概要、マテリアルの作り方、アクターの配置、保存、複製、グループ化などについて。(2015/7/3)

完全に実写だこれ(マリオ以外) 「スーパーマリオ64」を次世代ゲームエンジンで超リアルに再現するファンが登場
こいつはマンマミーヤだぜ……。(2015/7/1)

奇抜なアイデアを形に、「実況」を味方に――広がる「自作ゲーム」の裾野 メジャーシーンと違う豊かさを
「青鬼」「ゆめにっき」など、個人や少人数のチームが手掛ける「自作ゲーム」がゲームファンの間で存在感を高めている。ゲーム実況で人気に火が付き、映画化などメディアミックスにつながる作品も少なくない。メジャータイトルとは別の角度からファンを惹きつける魅力とは――。(2015/6/19)

UnityユーザーのためのUnreal Engine入門(1):
無料になったUE4の基礎知識&インストールのチュートリアル
本連載では、ゲーム開発環境「Unity」になじんだ筆者が、Unreal Engineの基本的な使い方を解説していく。初回は、Unreal Engineの概要と開発環境の構築法について。(2015/5/28)

ベンチャーニュース:
仮想現実を視線で操作! “第3世代”のHMDが資金調達へ
スタートアップ企業のFOVEは同社の視線追跡技術を搭載したヘッドマウントディスプレイ「FOVE」の量産に向け、2015年5月19日よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始すると発表。目標額は25万米ドル(約3000万円)。(2015/5/20)

サードウェーブデジノス、ゲーミングPC「GALLERIA」に“Unreal Engine 4”動作確認済みモデル4製品を追加
サードウェーブデジノスは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズに統合型ゲーム開発環境「Unreal Engine 4」の動作確認済みモデルを追加した。(2015/4/15)

「Unity 5」に無料でほぼフル機能「Personal Edition」 「Unreal Engine 4」も無料化
ゲーム統合開発環境の新版「Unity 5」正式版を公開。無料でほぼフル機能を使える「Personal Edition」も展開する。「Unreal Engine 4」も無料化を発表。(2015/3/4)

ゲームエンジン「Unreal Engine 4」が無料に
さらに多くのユーザーにUE4を使ってもらうため。(2015/3/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。