ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows 2000」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Windows NT/2000→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows NT/2000関連の質問をチェック

エキスパートが語るActive Directory管理の現状:
PR:Active Directoryの「状況可視化」「負荷軽減」「属人化の解消」をどう実現するか?
Windows 2000 Serverの標準機能として登場し、企業のユーザー、ID管理基盤として欠かせない存在となった「Active Directory(AD)」。16年に渡る機能改善で企業にとってなくてはならないソフトウェアになったが、その一方で、AD単体では解決しにくい課題も明らかになりつつある。ADに関する企業の課題とその解決策とは何か。本稿では、AD管理における現状の課題と解決策のヒントを探る。(2016/3/1)

2月18日:Windows 2000(日本語版)が登場
(2016/2/18)

過去、現在、そして未来へ! AD進化の歴史を振り返る:
カリスマITトレーナーが見てきたActive Directory 15年の変遷
@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。(2015/5/22)

Windows 10 The Latest:
15年ぶりに強化されたWindows 10のコマンドプロンプト
Windows 2000からWindows 7/8.xまで、ほとんど変わることのなかったコマンドプロンプト。Windows 10では何がどう強化されるのか? Windows 10 TPの「実験的」な機能も含めて解説する。(2015/3/2)

XPももうすぐこうなる? 無防備のWindows 2000をネットに繋いだら1分で583個のウイルスに感染
インターネットこわい。(2014/4/11)

レガシーシステムの延命策
2010年7月13日にサポートが終了したWindows 2000 Serverなど、今後セキュリティパッチが提供されないレガシーシステムの現状を解説するとともに、有効なセキュリティ対策を紹介する。(2010/9/3)

パッチ解析で高まるWindows 2000の危険性、「継続利用はリスク」と専門家
サポートが終了したWindows 2000の危険性が今後高まる恐れがあるとセキュリティ研究者が指摘した。早急な対応策がユーザーに求められている。(2010/8/12)

ホワイトペーパー:
2010年レガシーOSに残された3つのセキュリティ課題とは?――トレンドマイクロ「読むセミナー」
Windows2000サポート終了まで、カウントダウン開始―レガシー元年とも言える2010年、セキュリティはより一層重要課題となる。本ドキュメントでは、レガシーOSのセキュリティ課題と解決策について、感染事例を交えて紹介する(提供:トレンドマイクロ)。(2010/7/26)

Windows 2000とXP SP2のサポート終了、残された脅威も
Windows 2000とXP SP2の延長サポートが正式に終了したが、パッチ提供に間に合わなかった脆弱性が残されている。(2010/7/14)

MSが月例セキュリティ情報を公開、Windows 2000とXP SP2はサポート終了
4件のセキュリティ情報のうち3件が「緊急」レベルとなる。中でもWindowsヘルプとサポートセンターの脆弱性を解決する更新プログラムは最優先での適用を勧告している。(2010/7/14)

Windows 2000/XP SP2の製品サポート終了
発売から10年がたったWindows 2000の製品サポートがついに終了。XP SP2もサポートを終了する。(2010/7/13)

7月のMSセキュリティ情報は4件、攻撃発生の脆弱性にも対処
4件のうち3件が「深刻」レベルとなり、「Help and Support Center」の脆弱性に対処する更新プログラムも含まれる。Windows 2000とWindows XP SP2は今回が最後の提供となる。(2010/7/9)

NEWS
Windows 2000をセキュリティ脅威から保護! 関連製品を期間限定で割引へ
FFRとソフォスがWindows 2000の延命対策キャンペーンを展開。既存セキュリティ製品のサポートを2012年まで継続し、期間限定で価格を20%割り引く。(2010/7/7)

Windows 2000とXPに新たな脆弱性か? MicrosoftがTwitterで速報
影響を与える脆弱性について、Microsoftが調査に乗り出した。(2010/7/6)

Windows 2000のサポート終了まで1週間、最大のリスクは「脆弱性」
Windows 2000のサポート終了まで1週間となった。セキュリティ企業やIPAがWindows 2000を使い続ける危険性について、改めて注意を呼び掛けている。(2010/7/5)

Windows 2000のサポート終了まで2週間、対応準備はOK?
MicrosoftによるWindows 2000とXP SP2のサポートが7月13日(米国時間)で終了する。今も稼働中のシステムが多いとみられ、セキュリティ対策が課題となっている。(2010/6/30)

レガシーシステムに有効なセキュリティ対策【第1回】
Windows 2000 Serverのサポート終了まで、あと1カ月……レガシーシステムに潜む脅威
2010年7月13日にサポートが終了するWindows 2000 Serverなど、今後セキュリティパッチが提供されないレガシーシステムの現状を解説するとともに、有効なセキュリティ対策を紹介していく。(2010/6/28)

Windows 2000/XP SP2のサポート終了まで1カ月
Windows 2000/XP SP2のサポート終了まで残り1カ月。終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、マイクロソフトは対応を呼び掛けている。(2010/6/14)

MS、Windows 2000向け更新プログラムの配布再開
Microsoftは配布を中止していたセキュリティ更新プログラム「MS10-025」を再リリースした。(2010/4/28)

MS、Windows 2000向けの更新プログラムを再配布へ
4月に配布した「MS10-025」の更新プログラムでは、脆弱性問題に適切に対処できないことが分かった。(2010/4/22)

Windows 2000とXP SP2の延長サポートが7月に終了 Vista初期版は4月に
Windows 2000の製品サポートとXP SP2のサポートが7月に終了。Vista RTMのサポートも4月に終了する。その後はセキュリティパッチ提供も終了するため、MSは該当ユーザーに対応を呼び掛けている。(2010/3/10)

ソフォス、2012年7月までのWindows 2000サポートを表明
ソフォスは、7月にマイクロソフトのサポートが終了するWindows 2000について、2012年7月までウイルス対策製品のサポートを継続すると表明した。(2010/3/3)

Windows 2000の維持とパッチ適用に悩む管理者の実態が明らかに
7月13日にサポートを終えるWindows 2000を、今後も使い続ける企業の実態がトレンドマイクロの調査で明らかになった。基幹システムでのセキュリティ対策が難しくなっている。(2010/2/26)

MS月例パッチ1件を公開、Flash Playerの更新情報も
MicrosoftはWindows 2000に深刻な影響を与える脆弱性1件を修正した。併せてFlash Playerに関するアドバイザリーを公開している。(2010/1/13)

1月のMS月例パッチは1件のみ、Windows 2000に深刻な影響
Microsoftの月例セキュリティ更新プログラムは日本時間の13日に公開する。今回は1件のみとなる。(2010/1/8)

古いOSマシンのマルウェア対策は大丈夫? セキュリティベンダーの対応状況
Windows 2000など幾つかの旧OSのサポート終了が近づいている。OSに対するセキュリティ対策をどのように継続すればいいか、セキュリティ企業各社に対応状況などを聞いた。(2009/12/18)

キングジム、仮想化プロジェクトでWindows 2000ベースの業務システムを延命
キングジムは、VMware Infrastructure 3とNetApp FAS2050Aを採用した仮想化プロジェクトを推進中だ。70台にまで増加していた物理サーバを仮想化環境へ順次移行していく。(2009/12/16)

Windows 2000とXP SP2のサポート、2010年7月で終了
Windows 2000とWindows XP Service Pack(SP2)のサポートが7月13日に終了する。(2009/12/9)

「緊急」5件のMS月例パッチが公開、Windowsの脆弱性を解決
今月は5件ともWindows関連の脆弱性を解決しているが、Windows 2000ではパッチ提供が見送られた脆弱性もあり、注意が必要だ。(2009/9/9)

Tech TIPS:
Windows Vista/7のユーザー・プロファイル・フォルダの場所は?
Windows Vista/7では、ユーザー・プロファイル・フォルダの場所がWindows 2000/XPとは異なっている。アプリケーションのマニュアルなどには、データの保存場所としてユーザー・プロファイル・フォルダのパスが示されていることがあるが、Windows Vista/7には当てはまらない。Windows Vista/7では、ユーザー・プロファイル・フォルダが「\Users」フォルダの下に移動している。(2009/9/4)

XPよりも速く普及:
Windows 7は企業のITインフラ更新を促す――Deutsche Bank調べ
調査によると、Windows 7はXPとWindows 2000が2年間かかって到達した普及率を12〜18カ月で達成する可能性があるという。(2009/7/28)

XPで“ReadyBoost”を実現する「eBoostr」を販売開始――コージェンメディア
コージェンメディアは、Windows Vistaに搭載された“ReadyBoost”/“SuperFetch”相当機能をWindows 2000/XPなどで実現できるソフト「eBoostr」の取り扱いを発表した。(2008/12/9)

互換性に「問題なし」:
セブン-イレブン、社内パソコン5000台にVista導入
セブン-イレブンは、従業員が使う社内PC約5000台のOSを、Windows 2000からWindows Vistaに変更する。(2008/7/17)

バージョンアップ「1つ飛ばし」の法則?
Windows Vistaは単純に飛ばしていいものか
急いで全面的にWindows Vistaを導入する必要はないが、まだWindows 2000を使っている企業は移行を真剣に考えるべきだ。Windows 2000のサポートは2010年7月で打ち切られる予定だ。(2008/6/30)

MSパッチ更新版、NEC PC-9800シリーズの問題に対処
Microsoftが4月に公開した「MS07-022」のパッチに関してWindows 2000 SP4搭載のNEC PC-9800シリーズで問題が生じていた。(2007/6/27)

Windows 2000にDoSの脆弱性
Print Spoolerサービスの脆弱性を突かれると、DoS攻撃を誘発される可能性がある。深刻度は比較的低レベル。(2006/12/5)

Microsoft、月例パッチの一部不具合を修正
10月の月例パッチのうち「MS06-061」に不具合があり、改訂版がリリースされた。適用する必要があるのはWindows 2000のユーザー。(2006/10/20)

Citrix上のクライアント操作記録ツールにWindows 2000 Server対応版が追加
ネットワールドとアイベクスは、Citrix Presentation Server上のクライアントの操作履歴を記録する「Meta Logger」について、Windows 2000 Server対応版を提供することを明らかにした。(2006/10/17)

ポータブル版のOpenOffice.org 2.0.1リリース
Portable OpenOffice.org 2.0.1ではWindows 2000をフルサポート。Writer、Calcなど個々のアプリ用にミニランチャーを提供している(2006/1/7)

週末アキバPick UP!:
あのi-RAMが再入荷、予想通り即売り切れ──ただし週末販売予定のショップも
アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「i-RAM、また即完売?」「DVI付きPCカード」「AC玄箱」「W2Kのあのころ」だ!(2005/12/17)

Windows 2000狙うDasherワームが出現
「Dasher」ワームは既に2つの亜種が報告されている。さらに、IEを狙う新しい脆弱性実証コードが2つ公開された。(IDG)(2005/12/16)

Windows 2000とXPの脆弱性実証コード公開
Windows 2000 SP4とWindows XP SP1の脆弱性を突いたコンセプト実証コードが公開されたとして、Microsoftがアドバイザリーを掲載した。悪用されるとDoS攻撃誘発の恐れがあるという。(2005/11/18)

Windows Vistaへの移行、いつ始めるべき?
Windows 2000ユーザーはXPユーザーよりも移行への猶予が短い。Microsoftは2010年までWindows 2000をサポートするが、ほかのソフトベンダーが同OSをサポートしなくなるかもしれない。(IDG)(2005/11/16)

10月の月例アップデートにまた問題、Windows 2000マシンの一部に影響
Microsoftが公開した10月の月例パッチに関して、また新たな問題が報告された。(2005/10/21)

MS、Windows 2000パッチのバグを認める
MicrosoftはMS05-051に幾つかの問題があることを認めたが、それでもこのアップデートを適用するべきだと主張している。(2005/10/17)

Microsoft、Windows 2000 SP4向けアップデートを修正し不具合を解消
Microsoftは米国時間の9月13日、Windows 2000 Service Pack 4向けの「Update Rollup 1」の不具合を修正した「バージョン2」を公開した。(2005/9/14)

Zotobワーム作成の容疑者、トルコで逮捕
8月中旬に猛威を振るったWindows 2000の脆弱性を突くワームの作者数人が、Microsoftの当局への技術的協力により逮捕された。(2005/8/27)

一部のWindows XPもZotobワームに感染の可能性
マイクロソフトによると、Windows 2000だけでなく、特定の設定下にあるWindows XPマシンも、Zotobワームなどの影響を受ける恐れがあるという。(2005/8/24)

Windows 2000 SP4のアップデートに不具合、近く修正リリース
Microsoftは6月にリリースしたWindows 2000 SP4のアップデートに「問題」を発見し、再アップデートを計画している。(2005/8/9)

Windows 2000 SP4のアップデートリリース
MicrosoftはWindows 2000 SP4向けアップデートをリリースした。これがWindows 2000向けとしては最後のサービスパックになるという。(2005/6/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。