ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PORTUS WX02S」最新記事一覧

ソフトバンク、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを終了 LTEに振り替え 利用できなくなる端末も
ソフトバンクは、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを終了し、帯域をLTEサービスに振り替える。利用できなくなる端末が一部発生するため、ユーザー向けに機種変更キャンペーンを提供する。(2015/12/11)

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

ソフトバンク、一部プランの新規受付を終了 旧ウィルコム・イー・モバイルの料金など
Y!mobileで提供中の一部プランを9月末に、ソフトバンクの一部プランは11月3日に受付を終了する。(2015/7/31)

ウィルコムの「イエデンワ2」「PORTUS for Biz WX02S-H」がクラウドPBXに対応
ウィルコムの「イエデンワ2」と「PORTUS for Biz」がクラウドPBX(構内交換機)サービスの「agile Cloud PBX」および「BIZTEL」に対応。導入企業内の内線通話が可能となった。(2013/9/18)

ウィルコム、「PORTUS WX02S」「PORTUS for Biz WX02S-H」のソフト更新を開始
ウィルコムが、PHSとしてもモバイルWi-Fiルーターとしても使える「PORTUS WX02S」「PORTUS for Biz WX02S-H」のソフト更新を開始した。(2013/7/17)

月額725円:
ウィルコム、月額基本使用料が半額になる法人向けプログラムを実施
「PORTUS for Biz」を「ウィルコムプランW」+「だれでも定額」で新規契約または機種変更をすると、基本料が“ずっと”半額になる。(2013/5/16)

3GとPHSの両対応:
通話もできるWi-Fiルータ「PORTUS for Biz」、月額基本料を半額に――ウィルコムが法人向けに
半額の基本料と「だれとでも定額」利用料を合わせた1705円の月額料金で、ウィルコム同士の通話は24時間、他社ケータイや固定電話への通話は月500回まで無料で利用できる。(2013/5/16)

ウィルコム、機種変更で「だれとでも定額」を半額にする大感謝キャンペーン
もう1台無料キャンペーンの副回線(2〜3台目)を機種変更する場合は手数料を無料にする。(2013/4/5)

イエデンワも企業の内線電話に――クラウド型FMCサービス「BIZTEL」がウィルコム端末に対応
PBX装置を設置することなく、携帯やスマホを内線電話として使えるようにするリンクのクラウド型FMCサービスが、ウィルコム端末に対応。固定電話のようなPHS「イエデンワ」も内線電話として利用できる。(2013/3/1)

開発陣に聞く「ENERUS WX03S」:
スマホを充電、さらに子機にもなる Bluetooth+バッテリーで目指した究極の2台目PHS
SIIの「ENERUS WX03S」は、容量1700mAhのモバイルバッテリーにもなるPHS。さらにスマホとBluetooth接続することで、通話用の子機としても利用できる。ウィルコムとSIIにその開発経緯を聞いた。(2013/1/30)

1月15日まで:
ウィルコム、スマホの基本料金が最大3年無料になる「新春初売フェア2013」を実施中
ウィルコムは、新ウィルコム定額プランS/GSの割り引きや「DIGNO DUAL」の基本料金を最大3年間無料にする「ウィルコム新春初売フェア2013」を実施している。(2013/1/7)

石野純也のMobile Eye(10月20日〜11月2日):
市場拡大に期待の「iPad mini」/IGZOで勝負に出るシャープ/スマホに寄り添うウィルコム
冬モデルが発売され始めた中、7インチクラスのタブレットも続々と登場している。11月2日に発売されたばかりの「iPad mini」は、タブレット市場拡大の起爆剤になるか、注目を集めている。今回はほかに、シャープとウィルコムの冬商戦における戦略を取り上げる。(2012/11/2)

11月15日発売:
ウィルコム、法人向けPHS+モバイルWi-Fiルーター「PORTUS for Biz WX02S-H」を発表
PHSとしてもモバイルWi-Fiルーターとしても使える「PORTUS」の法人向けモデルが11月15日に発売される。月額1480円から利用できる専用プランも用意され、月額2900円でパケット通信が使い放題となる。(2012/11/1)

月額基本使用料などを割り引く「ウィルコムのスマホ祭」開始
ウィルコムが、スマートフォンの月額基本使用料などを割り引くキャンペーン「ウィルコムのスマホ祭」を開始する。期間は12月31日まで。(2012/11/1)

Bluetoothでスマホと連携も:
世界初、モバイルバッテリーになるPHS「ENERUS WX03S」
ウィルコムは、SII製のPHS端末「ENERUS WX03S」を発表した。1700mAhと大容量のバッテリーを搭載し、スマホなどへのUSB給電が可能。またBluetoothを使ったスマホ連携機能も備えた。(2012/11/1)

auがMNPで11カ月連続首位――2012年8月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が、2012年8月度の携帯電話・PHS、BWA各社の契約者数を発表した。純増数トップは8カ月連続でソフトバンク、MNPは11カ月連続でKDDI(au)がトップだった。(2012/9/7)

純増はソフトバンク、MNPはauが1位 ドコモのXiが月間101万契約を記録――2012年7月契約数
電気通信事業者協会(TCA)は、2012年7月度の携帯電話・PHS、BWA各社の契約者数を発表した。純増数トップは7カ月連続でソフトバンク、MNPは10カ月連続でKDDI(au)がトップだった。またドコモのXiは単体で月間101万契約を記録している。(2012/8/7)

スマホで“だれ定”:
写真で解説する「DIGNO DUAL WX04K」
京セラ製の「DIGNO DUAL WX04K」は、ウィルコム初のAndroidスマートフォン。PHSによる「だれとでも定額」に加え、ソフトバンクの3G網を使った高速なパケット通信と音声通話も利用できる。(2012/5/30)

Mobile Weekly Top10:
ソフトバンクとウィルコムが合同発表会を開催 「PHS+3G」スマホの登場に期待(5月14日〜5月20日)
auとドコモの夏モデル発表会が相次いで開催され、新モデルの話題が数多くランクインした今回のWeekly Top10。国内3キャリアのうち、残るソフトバンクはウィルコムと合同の発表会を5月29日に行う。(2012/5/21)

KDDIが7カ月連続でMNP首位 iモード/spモードの“純減”が示すドコモのスマホシフト――2012年4月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2012年4月の携帯電話・PHSの契約者数を発表した。純増数ではソフトバンクが4カ月連続のトップ、またMNPではKDDIが7カ月連続で首位だった。(2012/5/9)

写真で解説する「PORTUS WX02S」
PHSと3G対応のモバイルWi-Fiルーターが一体化したウィルコムの「PORTUS WX02S」。見た目はシンプルなストレート型の音声端末だが、ワンタッチでオン/オフできる本格的なルーター機能を備えている。(2012/4/24)

PHS×Androidタブレット:
ウィルコム、「PORTUS WX02S」とAndroidタブレットをセット販売
ウィルコムは、3G対応のモバイルWi-FiルーターとPHSが一体化したSII製の「PORTUS WX02S」と、エイサー製のAndroidタブレット「ICONIA TAB A200」のセットを4月26日に発売する。(2012/4/18)

ウィルコム、3GモバイルルーターにもなるPHS「PORTUS WX02S」を発表
ウィルコムは、PHSと3Gモバイルルーターが一体となったセイコーインスツル製の「PORTUS WX02S」を発表した。PHS同士の通話とメール、3Gデータ通信が定額利用できる月額3880円の専用プランも用意する。(2012/4/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。