ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゆるキャラ」最新記事一覧

VTuberはまだまだやれることがある──けもフレ・福原Pがジャストプロで仕掛ける理想のVTuberとは?(後編)
受けるバーチャルYouTuberとは。(2018/4/6)

今のままではスケールしない──けもフレ・福原Pがジャストプロで仕掛ける理想のVTuberとは?(前編)
まざまなコンテンツをヒットさせてきた福原氏が、なぜこのタイミングでVTuberに興味を持って、何をやろうとしているのか。(2018/4/3)

費用は5年間でおよそ47億円:
熊本市、マイクロソフトと連携し「働き方改革」 AIが助言も
熊本市は、日本マイクロソフトと連携し、市職員と市立学校の教職員、計1万2500人の働き方改革を推進する。プロジェクトでは「Microsoft 365」やAI(人工知能)などを活用することで、業務効率化や残業削減、市民サービスの向上などを目指す。(2018/4/3)

「狂気の暴れっぷり」「子どもに見せられない」 荒ぶるコツメカワウソの妖精「ちぃたん☆」にハマる人続出
これは勝てない。(2018/3/22)

口に入れづらい質感のリアルさ……! いちごミルクで作った「ウーパールーパーのお団子」がかわいくも生々しい
クオリティーが高すぎた故の「食べられない!」(2018/3/15)

呉市の踊るゆるキャラ「呉氏(くれし)」がザ・ブルーハーツの替え歌「呉IN - 呉IN」公開 これはエモいぞ!
動きのキレと映像のクオリティーの高さに注目。(2018/2/1)

「シャンシャン特需」に沸く鉄道会社、でも「最強のパンダ使い」はJR西日本
パンダは鉄道を使って見に行きましょう。(2018/1/11)

「レビューに書くぞ」に泣き寝入り 代引商品を受取拒否された富山のゆるキャラ 法的措置を取れない理由は
富山の非公認ゆるキャラ・ばいにゃこさん。代引の受け取り拒否にまつわる嘆きがTwitterで話題に。(2017/12/29)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ロボ展にいるのにロボを展示していない
金型設計屋2代目さんがiREX2017にいました。(2017/12/5)

名状しがたいかわいさ! めっちゃ雑に「クトゥルフ神話」の用語を教えてくれるクトゥルフさまの説明がわかりやすい
クトゥルフ神話が気になってた人に有り難いお言葉(説明)。(2017/12/2)

エネルギー管理:
行動経済学の知見は、日本の省エネの切り札となるか
行動経済学の知見を活用して、家庭部門の省エネを目指すーー。日本でこうした実証プロジェクトがスタートした。生活者を「そっと後押し」して省エネ行動を促すという、その実証の内容とは?(2017/11/27)

「みかんまるごと1個」がゴロンと出てくる 愛媛県の魂を感じるカプセルトイが誕生
「みかん離れ」が進む若者へ向けて作られました。(2017/11/21)

ゆるキャラグランプリ 2017決定! 1位は千葉県成田市の「うなりくん」
企業・その他部門ではりそなグループの「りそにゃ」が1位に。(2017/11/20)

CEATEC 2017:
デンソーの未完成ロボット「DELITA」が示す“余白”の大切さ
デンソーは、「CEATEC JAPAN 2017」において、自律移動型物流ロボット「DELITA」を展示した。電装部品大手のデンソーが展示会で披露するロボットと聞くと、会社イメージ通りに“しっかりしたもの”と思うかもしれないが、なんとDELITAは未完成のロボットだ。(2017/10/6)

ゲームオーバーで偏差値ゼロ Twitterで人気の「頭の悪い人」をホラーゲーム化した動画が話題に
プレイすると頭が悪くなるかも?(2017/9/19)

そこをお尻に入れるんですね、分かります 「イチジク浣腸」のイメージキャラクターがそのまんますぎる
「イチジク浣腸」に手足などをつけて「ペンギンの女の子」に。(2017/8/3)

ふるさと納税で「ゲームに出演」「ドット絵になれる」 2日で品切れ、日本一ソフトウェア×各務原の返礼品はなぜ生まれた
各務原市のふるさと納税で人気を集めた、日本ソフトウェアの変わった返礼品。企画の経緯を市と企業に取材しました。(2017/7/25)

見よ全力の白目! 満島ひかり、東野のむちゃぶりにも神対応 「なんちゅう顔やねん」「ノリがいい」
ノリ良すぎ。(2017/7/21)

ディルバート(510):
チームに1人、“ゆるキャラ”を
チームにいろいろなタイプがそろっていると、多面的で柔軟な体制ができるとか。中には、ゆる〜い人も必要……ですよね?(2017/7/20)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
iPhoneでもGalaxyでも使える「3-in-1ケーブル」が便利 韓国のカカオフレンズ店で販売
今回は韓国のカカオフレンズのグッズを紹介。カカオフレンズは韓国人なら誰もが使っているSNS「カカオトーク」のキャラクター。スマートフォン用にとても便利なアクセサリーが出ているのです。(2017/6/22)

意外と自由気ままだし闇の権力もないよ! 生徒会のリアルな姿をほのぼの描くマンガ『ふたり生徒会』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第84回。生徒会に「優等生集団」イメージ持っていた人、これが彼らの実態だ!(2017/6/18)

ご当地キャラクター初のミュージアムがオープン 深谷市の「ふっかちゃんミュージアム」に行ってきた
頭に深谷ねぎが生えています。(2017/6/17)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ゆるキャラ人気のスマホメーカー「Meitu」、ライバルはLINE?
LINEのような、かわいいキャラクターを展開しているスマートフォンメーカーが海外にあるのです。中国の「Meitu」は、7種類のゆるキャラを「Meitu Family」として展開しています。Meitu Familyのデザインを採用したスマホも登場しました。(2017/5/27)

伝統産業の復活劇:
衰退一途の今治タオルが息を吹き返した“大事件”
愛媛・今治の地で100年以上前から続くタオル産業。長らく日本有数の産地として発展を遂げたが、1990年代に入ると中国産の安い製品に取って代わられるなど、生産量が激減した。そこからどのような復活劇を遂げたのだろうか――。(2017/5/15)

奈良県のゆるキャラ「雪丸」がドローンに魔改造! ふわふわ空中散歩で観光名所を案内
この企画のためだけにドローンになった雪丸。(2017/2/7)

ゲシュタルト崩壊必至 呉市にTRFの替え歌「呉ー市ー GONNA 呉ー市ー」を踊るゆるキャラ「呉氏(くれし)」爆誕
「呉(くれ)」の一斉射撃。(2017/2/2)

国立劇場版「PPAP」動画を出演の演奏家本人が解説 見せ場やフレーズ、さらに「ヅラ疑惑」についても
動画に込められた願いについても述べています。(2017/1/18)

国立劇場がまさかの「PPAP」演奏動画を公開 笛・小鼓・大鼓・太鼓・三味線・唄によるガチな邦楽アレンジがかっこいい
「ペンヌリサンポーサンポーペン!」(2017/1/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と生まれ変わった宮城県女川町を旅した
東日本大震災で市街の大半が消失し、復興の過程にある宮城県女川町。石巻線の全線復旧から1年10カ月、駅前商業施設「シーパルピア女川」のオープンから1年が過ぎた。新しい町に人々が列車で訪れる様子を見て、鉄道がある町の活気を感じた。(2017/1/13)

ねとめし:
奇跡のお手軽デザート「バター焼きあんまん」が人生ダメになりそうなおいしさ
そんなんおいしいに決まってる。(2016/12/29)

民進党「ゆるキャラ」最終4候補を発表 Webサイトで“ゆるキャラ総選挙”スタート
民進党が、党公認ゆるキャラの最終候補4案を発表。2017年1月20日まで同党Webサイトで投票を受け付ける。(2016/12/21)

ドミノ・ピザの「トナ改バイク」も登場! 東京コミコン注目のフードブースを紹介
(追記)思わず自腹で色々と買ってしまいました。(2016/12/4)

キャズム理論が進化している:
理論で分かる きゃりーがブレイクした理由
派手なファッションに身を包み、喜怒哀楽はあまり見せない。アイドルであるにもかかわらず、ときに変顔をする。そんな「きゃりーぱみゅぱみゅ」が、なぜ人気があるのだろう? と疑問を感じている人も多いのでは。彼女がブレイクした理由を、キャズム理論で分析したところ……。(2016/12/2)

LINEスタンプを作ったのが縁で結婚 しかも23歳差! 不思議ななれ初めをインタビューしてみた
埼玉県深谷市のゆるキャラ「ふっかちゃん」のLINEクリエイターズスタンプを作ったことから出会いが――珍しい結婚のケースを取材しました。(2016/11/20)

東海地方だけほぼドアラ!? セブン-イレブンご当地nanacoカードの地方差が激しい
いや、確かにご当地感はあるかもしれないけれど……。(2016/11/17)

「ポルコが理想の上司過ぎる」 “紅の豚”の名言「睡眠不足はいい仕事の敵だ」に共感する人が続出
ポルコさん、一生ついていきます。(2016/11/11)

スピン経済の歩き方:
ご当地フィギュア「諏訪姫」シリーズが、20万体超のヒットとなった理由
長野県諏訪市公認のご当地萌えキャラ「諏訪姫」が売れている。デビューから4年が経っているのに、いまだに人気があって、フィギュアの販売個数は20万個を突破。全国的にみると、ご当地萌えキャラは苦戦しているのに、なぜ諏訪姫は多くの人から愛されているのか。(2016/11/8)

「ゆるキャラグランプリ2016」結果発表 高知県の「しんじょう君」が1位に
2位は「チュッピー」(岡山県)、3位は「はにぽん」(埼玉県)となった。(2016/11/6)

こんなのうれしいに決まっとるやろ! 「君の名は。」の“口噛み酒”風のお酒が聖地・飛騨で販売を開始
なお、生写真とメイキング動画はないもよう。(2016/11/3)

ピピ美がびっしり描かれた「ポプテピ」Tシャツが登場 サブカルクソ女をしばきに行くときに便利
クソマンガの息吹をその身に。(2016/10/31)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
iPhone 7で操作! 好みの味に調節できるスマートなコーヒーマシン「バリスタ i」
コーヒー党は注目。今回はネスレ日本が発売した「バリスタi」をわが家で試す機会を得たので、どれぐらいスマートなコーヒーマシンなのか体当たりしてみた。アプリを使って好みの味に調節できるぞ。(2016/10/28)

エジプト神・メジェド様が主人公のショートアニメが誕生! あのシーツかぶったみたいなやつ
主題歌は森川智之さんが担当!(2016/10/25)

「X japanとMr.BIGが好き」 超絶ドラムテクで話題のゆるキャラ界の新星「にゃんごすた〜」にいろいろ聞いた
Linkin ParkとかSlipknotとかゆるキャラっぽくない選曲に注目。(2016/10/18)

わが、わげもの、しかへねばまいね:
PR:ヨモヤマ商事のU&Iターンを支える、新たな会議ソリューションとは?
全国展開する老舗和菓子メーカーを突然襲った危機。それを救ったのは、いんてる、ゆないとだった!(2016/10/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR収益増の秘策「JRデスティネーションキャンペーン」に新たな展開?
旅行会社を対象に優秀な鉄道旅行企画を表彰する「鉄旅オブザイヤー」は、今年度から一般部門「ベストアマチュア賞」を創設した。応募条件は「JRデスティネーションキャンペーンをからめた旅行企画」だ。このJRデスティネーションキャンペーンは地域観光に絶大な効果があるのだが……。(2016/9/30)

分厚すぎぃ! 2Dを無理やり3Dにした「飛び出し坊や」の着ぐるみの無理やり感がスゴイ
3D化ってそういうことじゃないと思うの(2016/10/2)

特撮の怪人かな……? ゆるキャラグランプリに参加している「婀魔照朱吽」が全然ゆるくないと話題
説明も所属も謎。(2016/9/20)

草刈正雄さん、大泉洋さんと真田家“親子ツーショット” ブログで公開
真田昌幸&信幸の写真を「父と長男ツーショット(*^^*)」とブログに投稿しています。(2016/7/5)

大洗町夏の観光ポスターが完成! ガルパンとゆるキャラ「アライッペ」が今年もコラボ
2013年から続くガルパンコラボ。今年は花火大会です。(2016/6/22)

「100キロの力士が1平方メートルあたり1時間に1人落ちてくる」 雲研究者による集中豪雨の解説が斬新でごわす
空から降る一億の力士。(2016/6/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。