ニュース
» 2004年03月24日 17時14分 UPDATE

「900iS」「901i」も〜2004年FOMAロードマップ公開

2004年度のドコモ端末ラインアップ概要が明かされた。「N900iS」のほか、無線LAN内蔵端末やGSMとのデュアル端末、FeliCa端末が投入予定。下半期には「901iシリーズ」も登場する。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは3月24日の社長会見で、2004年度の新端末の方向性を明らかにした。

 これまでiモードやテレビ電話に代表される「マルチメディア化」、WORLD WALKERやWORLD WING、海外でのW-CDMA振興などの「グローバル化」、QRコード対応やFeliCaに代表される「ユビキタス化」を進めてきたが、新たに強化ポイントとして「セキュリティ」を挙げた。

機能 関連記事
認証(FirstPass) 2003年6月の記事参照
位置情報 GPS付きのFOMAも検討中
端末ロック
アンチウイルス 2003年10月の記事参照
エアダウンロード 2003年9月の記事参照
迷惑メール対策 3月24日の記事参照
災害伝言板 1月9日の記事参照


ks901.jpg

「901i」から2004年度下半期投入

 販売開始された900iシリーズに続き、2004年度下半期には「901iシリーズ」を投入する。ドコモの立川敬二社長は「携帯電話の安心機能」と表現。端末に悪影響を及ぼすコンテンツやアプリケーションの利用防止機能を搭載する。

 2004年度に発売する主な端末も明かされた。

  • 900i機能向上モデル(F900iT、P900iV、N900iS)
  • FOMA/無線LAN デュアル端末
  • FOMA/GSM デュアル端末
  • FeliCa搭載モデル
  • 901iシリーズ

 機能向上モデルのうち、「F900iT」「P900iV」は900iシリーズ発表時に概要が明かされたモデル(2003年12月の記事参照)。春に発売とされている。「N900iS」の名前は初披露。“iS”はシリーズではなく、一部機種に限られると予想される。

 FOMA/無線LAN デュアル端末は、NEC製の試作機が公開済み(2003年12月の記事参照)。「90xiL」という名称が予想される。

 FOMA/GSMデュアル端末は、海外に持って行ってそのまま利用できる端末。GSM圏のデータ通信方式GPRSにも対応する予定。「90xiG」の名称で投入される(3月23日の記事参照)。

 FeliCa搭載モデルは、900iシリーズのほか506iシリーズでも投入される予定(2月19日の記事参照)。型番は“iC”となる。iモードFeliCaサービス提供各社は、スタートを8月と話しており、8月前後の投入が予想される。

 ドコモが定額制導入時の新たな収益の柱として期待する“リアル連携”に関して、外部インタフェース搭載端末の稼働台数も明かされた。

機能 台数 端末シリーズ
カメラ 約2500万台 900i、2101V、2102V、2701、2051、505i、505iS、504iS、25xi
赤外線 約2000万台 900i、2102V、2701、2051、505i、505iS、504i、504iS
QRコード読み取り 約380万台 900i、505iS
テレビ電話 約200万台 900i、2102V、2101V
FeliCa 2004年上半期発売
Bluetooth 2004年上半期発売
また、WORLD WALKERの利用者が8万2000人(2003年4月〜2004年1月)、WORLD WINGの契約比率が31%(2004年1月末)であることも明かされた


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.