ニュース
» 2006年09月29日 21時43分 UPDATE

PHS販売ランキング(9月18日〜9月24日):PHSを忘れないでください。いろいろな意味で

番号ポータビリティ制度の枠組みには含まれず、新端末がないためかランキングの変動もほとんどないウィルコムの販売ランキング。今回はどのような結果となっただろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX300K
2 3 ネットインデックス nico.(WS005IN)
3 2 三洋電機 WX310SA
4 4 シャープ W-ZERO3[es](WS007SH)
5 5 京セラ WX310K
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo

 今回のウィルコム端末販売ランキングは、王者シンプル京ぽん「WX300K」が相変わらずトップに。次いで、前回3位から2位に上がった「nico.」、次いで「WX310SA」、「W-ZERO3[es]」、「WX310K」が入った。

 今回4位のW-ZERO3[es]を含めたQWERTYキーボード搭載のW-ZERO3シリーズは、発売以来好調に売れている。W-ZERO3[es]も4位が定位置となってしまってはいるが、長らくランク圏内に留まっている。

 このヒットが、ドコモの法人向けWindows Mobile搭載端末「hTc Z」や「BlackBerry 8707h」に多くの注目を集めるきっかけになった。そして、ソフトバンクモバイル(ボーダフォン)が先日28日に発表した新端末の中には、HTC製のフルキーボード+Windows Mobile+HSDPA端末「X01HT」も含まれていた。

 半年で新端末が出てしまうほど競争が激しい携帯電話と比べるてしまうと「ウィルコムの新端末まだか」とせかすのは悪い気もするが……すみません「新端末はまだですか?」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう