ニュース
» 2007年01月16日 12時03分 UPDATE

ワンセグ+3インチWVGA液晶+Bluetooth+スライド──“ほぼ全部入り”の「W52T」

ワンセグ、デジタルラジオ、3インチWVGA液晶、Bluetooth、スライド、FeliCa、1Gバイト内蔵メモリなど望まれる機能をほぼ全て搭載するハイエンド機、それが東芝製「W52T」だ。

[岩城俊介,ITmedia]

 ワンセグ、デジタルラジオ、FeliCa、Bluetooth──東芝製端末らしい高機能さを大きな特徴とするハイエンド端末が「W52T」だ。

photo 東芝製の“ほぼ全部入り”端末「W52T」。カラーはブラック、パープル、カッパーの3色を用意する

 東芝製端末としては初となるワンセグとデジタルラジオを搭載。また、スライド形状のボディを採用し、携帯最大級となるワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチワイドディスプレイとBluetooth(ワイヤレス音楽再生対応)、オートフォーカス(AF)+手ブレ補正機能付きの有効324万画素カメラ、1Gバイトの内蔵メモリ、EZ FeliCaなどを装備した、“ほぼ全部入り”の構成となっている。

 省略された機能となると2006年秋冬モデル「W47T」に採用された高速通信規格「EV-DO Rev.A(+テレビ電話)」に対応しないことくらいだろうか。一方、au秋冬モデルで採用例がなかったBluetooth機能が今回復活し、搭載される。

 「EZニュースフラッシュ」「EZチャンネルプラス」「デコレーションメール」「EZケータイアレンジ」「LISMO ビデオクリップ」など、auの新サービスにもほぼ対応。プリセットアプリには、カプコンの3Dアクション「ロストプラネット」を用意する。

photophoto ワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチ液晶とスライドボディを採用した

機種名 W52T
サイズ(幅×高さ×厚み) 約51×111×22ミリ
重さ 約152グラム
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約290時間
カメラ AF付き有効320万画素CMOS(手ブレ補正機能付き)
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 3インチワイドVGA液晶(480×800ピクセル)
サブディスプレイ
ボディカラー ブラック、パープル、カッパー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.