ニュース
» 2009年05月25日 11時06分 UPDATE

本はケータイで読む時代:タッチパネルと縦横操作キー搭載 無線LAN+7Gメモリの“ブックケータイ”――「biblio」

3.5インチタッチパネルとQWERTYキーボードを搭載した横スライドボディの東芝製ケータイ「biblio」。7Gバイトの大容量内蔵メモリに無線LAN経由で電子書籍を保存でき、電子ブック端末として利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 東芝製の「biblio」は、480×960ピクセルの“フルワイドVGA++”表示に対応した約3.5インチ液晶搭載の横スライド端末。タッチパネル操作に加え、縦方向ではダイヤルキー、横方向ではQWERTYキーになる切り替え式ハードウェアキーボードで操作できる。スマートフォン風のデザインだが、プラットフォームにはほかのauケータイと同じ「KCP+」を採用した。

photo 東芝製の“ブックケータイ”「biblio」。ボディカラーはネイビーブラックとオフホワイトの2色。約3.5インチの480×960ピクセル表示液晶はのぞき見防止機能付き

 無線LANを使い、高速かつ大容量のインターネットアクセスを快適に利用できるauの新サービス「Wi-Fi WIN」に対応。PCサイトビューアーには、Flash Video対応の「Opera 9.5」を採用し、動画共有サイトなどオープンインターネットならではのコンテンツを楽しめる。

 さらに、auが提供する電子書籍サービスの「EZブック」を活用する新型の「Book Player」を内蔵。大画面+無線LAN、そしてカスタマイズキーなど多彩な操作デバイスと組み合わせて多数の電子ブックが楽しめる。また大量のコンテンツを保存できる大容量7Gバイトの内蔵メモリと、最大8GバイトまでのmicroSDHCを利用できる外部メモリスロットを搭載し、本棚を持ち歩くような感覚でコンテンツが楽しめる。プリセットコンテンツとして、19種類の電子辞書を収録した。本好きにアピールするブックカバー風デザインのケータイケースも別売りオプションで用意する。

「biblio」の主な仕様
機種名 biblio
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約56×113×17.4ミリ(最厚部18ミリ)
重さ 約164グラム
連続通話時間 無線LAN+CDMA:約260分
連続待受時間 CDMA:約260時間
カメラ AF/手ブレ補正付き有効511万画素CMOS
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大8Gバイト)
メインディスプレイ 約3.5インチ フルワイドVGA++(480×960ピクセル) 液晶
サブディスプレイ
対応サービス・機能 Wi-Fi WIN、グローバルパスポート(CDMA)、ワンセグ、Bluetooth、おサイフケータイ、au Smart Sports(Run&Walk、Karada Manager、Fitness、Golf)、クイックアクセス、au BOX、LISMO Music&Video、ワイヤレスミュージック、着うたフルプラス、ナカチェン、EZブック、EZニュースEX ほか
ボディカラー ネイビーブラック、オフホワイト

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.