ニュース
» 2009年06月26日 10時43分 UPDATE

スタッフとハイタッチ!:iPhone 3GSでも“おなじみの光景”が繰り広げられたアップルストア

いよいよ日本でも販売が始まった「iPhone 3GS」。アップルストア銀座では、予約時に来店時間を指定してスマートに購入していくユーザーが多いようだが、午前7時の販売開始にはiPhone 3GSを待ち焦がれたユーザーがスタッフのハイタッチや拍手に迎えられて入店した。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが6月26日、「iPhone 3GS」の販売を開始した。孫正義社長や上戸彩さんを迎え、午前7時から盛大なセレモニーとともに販売を始めたソフトバンク表参道だけでなく、全国のアップルストアや一部量販店でも、iPhone 3GSを午前7時から販売した。

 国内でiPhoneの販売が可能になってから初めて新型iPhoneの発売日を迎えたアップルストア銀座では、アップルストアの発売日恒例イベント「店員とハイタッチしながら入店」が行われた。先頭の男性は都内在住のスーツ姿の方で、午前2時半に来たという。「予約をしていなかったので仕事が終わってからここに来た。契約が終わったらそのまま出勤する」と話していた。

PhotoPhotoPhoto 午前6時半ころのアップルストア銀座前。事前に予約した人と予約をしていない人を2つの列に分けていた。待っている間に、アップルストアのスタッフがiPhone 3GSのデモを見せてくれる

 開店時間の30分ほど前、6時半前後には、店舗の前に予約済みの人の列と未予約の人の列が作られ、待っている人にはスターバックスのコーヒーをサービス。

 開店15分前になると、店内から朝礼の大きな声が聞こえてきた。内容はよく聞き取れなかったが、「Yes, we can!」のかけ声とともに大きな歓声と拍手。この時点で店頭に並んでいる人は20人強といったところだった。

 3分前にはドアが開き、7時を目前にしてカウントダウンを開始。3、2、1、0!のかけ声とともに、予約済みの人から店内に案内された。

PhotoPhotoPhoto 朝礼だろうか、みんなでかけ声を掛け合っていて、徐々に店外出待っている人たちのテンションも上がる。7時の開店と同時に、まず予約していた人から店内へ。もちろんスタッフが入り口で拍手やハイタッチで迎える。最初に契約を済ませて受け取ったのは男性。事前に予約して訪れたという

 手続きには30分ほどかかっていたが、契約は至ってスムーズに進んだもよう。アップルストアでは、契約手続き中にショップスタッフが基本操作のレクチャーやEメール(i)の設定などを行ってくれる「パーソナルセットアップ」サービスを行っていることもあり、単純な受け渡しよりは時間がかかるようだ。ただ、Mobile Meに同時加入する場合は、その設定なども手伝ってくれ、iPhoneを初めて買う人には安心感が高い。

PhotoPhotoPhoto 店内は入り口前の一番目立つ場所と、入り口右側のコーナーにiPhone 3GSを展示。ワークショップも開催しており、iPhone 3GSの新機能を目の前で見せてくれる

 ちなみにアップルストアでは、予約時に30分刻みで受け取り時間が指定できたこともあり、予約済みの列はほどなく解消。ほとんど待つことなくカウンターに案内されていた。

 このほか、都内の大手量販店などでも午前7時から販売を開始しており、ほとんど待つことなく購入できている様子。1年前の大混乱と比べると、とてもスムーズなスタートとなった。

PhotoPhoto 8時頃になってもまだ未予約の人の若干の行列はあったが、それほど待たずに購入できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.