ニュース
» 2009年10月07日 19時20分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2009:ぷにぷに+カメラで携帯が“直感コントローラー”に――KDDIの映像解析技術

KDDIが、カメラに“ぷにぷに”のコントローラーを付けて利用する「直感コントローラー2」を発表。映像解析技術でコントローラーの動きを検知する。

[山田祐介,ITmedia]
photo 直感コントローラー2で利用するバネ付きのコントローラー

 CEATEC JAPAN 2009のKDDIブースでは、携帯電話のカメラを使った「直感コントローラー2」の技術が出展されている。カメラにバネの付いたスティック型のコントローラーを取り付けるだけで、ジョイスティックのような直感的な操作が可能になる。デモンストレーションではゲームや画像ビューアを同技術で操作できた。

 直感コントローラー2は、映像解析の技術を利用。コントローラーの360度方向の動きに加え、奥行きや回転といった動きを認識できる。コントローラーの内部には2色のシンプルな模様がプリントされ、ユーザーがコントローラーを操作すると内部の模様も動くようになっている。その模様の動きを端末カメラを通して高速・高精度に映像分析することで、操作に反映させる。


photophoto コントローラーの内部には、赤と青の2色模様がプリントされている(写真=左)。技術の解説(写真=右)

 コントローラーを傾けるとカメラに映る模様の座標が変化し、これをコントローラーの移動量として検知する。コントローラーをつまみのように回転させる動作も、模様の回転によって認識。また、模様の大きさを解析して、コントローラーの押し込み具合も分かる。

 コントローラーには高弾性素材を採用し、“ぷにぷに”とした触覚のフィードバックが得られる。デモ機はマグネットでコントローラーとカメラを接着しており、簡単に取り外しができた。

 カメラを搭載した端末ならば「既存のケータイでもアプリをダウンロードするだけで利用できる」(説明員)という。実用化は未定だが、「まず考えられるのは、ゲームでの利用ではないか」(説明員)。PCとBluetoothレシーバーを利用して、大画面で多人数でのゲーム操作を実現する応用例も紹介されていた。1台のBluetoothレシーバーで7台の携帯電話と同時接続が可能で、レシーバーを増やせば100台以上の同時接続が可能だとしている。

photophoto ゲームだけでなく、画像ビューアとしての使い方も紹介されていた。コントローラーを傾けるとカーソルを移動できるほか、コントローラーをつまんで回すと画面のズームイン、ズームアウトが、押し込むと選択した写真を見ることができる
photo Bluetoothを活用し、多人数の同時対戦なども可能になる

関連キーワード

KDDI | CEATEC | au | ケータイカメラ | 触覚


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.