ニュース
» 2009年11月10日 11時06分 UPDATE

4インチハーフXGA液晶搭載の無線LANケータイ――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」

ソフトバンクモバイルの“AQUOSケータイ FULLTOUCH”が1年ぶりに登場。「941SH」は携帯電話では世界初となる、ハーフXGA(480×1024ピクセル)表示対応の4.0インチ液晶や、800万画素CCDを搭載。無線LAN環境で大容量コンテンツをダウンロードできる「ケータイWi-Fi」にも対応している。

[田中聡,ITmedia]

 シャープ製の「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」は、2009年11月に発売された「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」の後継機種。携帯電話では世界初の4.0インチハーフXGA(480×1024ピクセル)液晶と、フルタッチ仕様のタッチパネルを使ってブラウザやカメラ、動画などを快適に楽しめる。

photo 「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」。ISO12800相当の高感度撮影、チェイスフォーカス、コンティニュアスAFなどを備えた800万画素CCDカメラを搭載

 下り最大54Mbpsの通信が可能なソフトバンクモバイルの新サービス「ケータイWi-Fi」に対応しており、映画やアニメ、音楽、グラビアなどの動画や、新聞・雑誌などの大容量コンテンツを「ケータイWi-Fiチャンネル」で楽しめる。動画は最大100Mバイトのダウンロードが可能だ。さらに、PCサイトを閲覧できる無線LAN専用の「ダイレクトブラウザ」を採用し、最大54Mbpsの通信速度でWebブラウジングができるほか、PCサイトブラウザよりも大容量のファイルをアップロード、ダウンロードできる。

photo ボディカラーはアジュールブルー、ブラック、ホワイト、レッドの4色

 カメラはシャープの画像処理エンジン「ProPix」を用いた800万画素CCDを搭載。ズーム倍率に合わせて画像サイズを変える「スマートリサイズズーム」やISO12800相当の高感度撮影、チェイスフォーカス、コンティニュアスAFなどを利用できる。登録した人物の顔に優先的にピントを合わせる「個人検出機能」や、人物や日付ごとに写真を振り分けて表示する「おまかせアルバム」、用途に合わせた多彩な「カメラモード」も用意した。

 新たな操作法として、十字キー周囲の「ベクターパッド」をなぞるか、画面をドラッグしながら指を回転させることで呼び出せる「スピンぐるメニュー」も搭載。AI(人工知能)をケータイ向けに応用することで、日付や曜日、時刻、利用シーンなどに応じて最適な機能を勧めてくれる。

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」の主な仕様
機種名 AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約53×119×16.6ミリ
重さ 約130グラム
連続通話時間 W-CDMA:約210分、GSM:約220分
連続待受時間 W-CDMA:約350時間、GSM:約310時間
カメラ AF・手ブレ補正付き有効800万画素CCD(AF対応)
外部メモリ microSDHC(最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約4.0インチハーフXGA(480×1024ピクセル)NewモバイルASV液晶
サブディスプレイ
主な機能 ワンセグ、ミュージックプレーヤー、おサイフケータイ、世界対応ケータイ、HDSPA、PCサイトブラウザ、S!電話帳バックアップ、S!GPSナビ、安心遠隔ロック、無線LAN、ダブルナンバー、モバイルウィジェット、S!情報チャンネル(お天気アイコン)、S!速報ニュース、S!一斉トーク、PCメール、大容量ファイル添付機能、デコレメールマイ絵文字、動画10Mバイト対応、きせかえアレンジ、着うたフル/着うた、着デコ、電子コミック ほか
ボディカラー アジュールブルー、ブラック、ホワイト、レッド

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.