レビュー
» 2009年11月13日 19時48分 UPDATE

「SH-04A」から何が変わった?:写真で解説する「SH-03B」 (1/2)

タッチパネル対応の3.7インチ液晶とQWERTYキーボードを搭載する「SH-03B」は、前モデルの「SH-04A」の不満点を解消し、より使いやすいモデルに進化した。外観のほか、タッチパネルUIや文字入力を中心に紹介しよう。

[田中聡,ITmedia]

キーの種類や配列を見直して操作性を向上

 NTTドコモのPROシリーズに属するシャープ製の「SH-03B」は、2009年2月に発売された「SH-04A」の後継モデル。タッチパネル対応の3.7インチ液晶とQWERTYキーを搭載しており、快適に文字入力やブラウジングができる。

photophotophoto シャープ製の「SH-03B」。ボディカラーはMagenta、Black、Whiteの3色

 ボディサイズは約56(幅)×117(高さ)×15.6(厚さ)ミリで、重さは約145グラム。ディスプレイがSH-04Aの3.5インチから0.2インチ大きくなったためか、厚さは2ミリ増している。スクエアなボディが特徴のSH-04Aに対し、SH-03Bのボディは丸みを帯びており、表面と裏面ともにフラットな形状になっている。

photo 「SH-04A」でも女性を意識した「Pink Gold」をラインアップしていたが、「SH-03B」ではよりビビッドなMagentaを採用した
photophoto ボディは全体的に丸みを帯びている
photophoto 左側面には外部接続端子とmicroSDスロット(写真=左)、右側面にはカメラキーと充電用の接点がある(写真=右)
photophoto ボディ上端部(写真=左)と下端部(写真=右)

 SH-03BではSH-04Aユーザーから挙がった不満点の多くを解消することで、使い勝手を向上させた。特に目を引く改善点が、QWERTYキーボードに独立した数字キーを採用したこと。SH-04Aの数字キーはアルファベットに割り当てられており、[Fn]キーを押しながら数字を入力する必要があったが、SH-03Bでは1つのキーだけで数字を入力できる。また、SH-04Aでは左端のみにあった[Fn]キーと[↑(Shift)]キーが、SH-03Bでは左右両端に搭載されたほか、ワンタッチで絵文字を呼び出せる[絵文字]キーも用意された。

photophoto 左がSH-03B、右がSH-04Aのキーボード。SH-03Bではキーを1列増やし、数字キーを搭載した。[Fn]+[9]キーで記号を、[Fn]+[0]キーで顔文字を入力できる

 ディスプレイ部と側面のキーも変更されている。SH-04Aではディスプレイ部にクリアキー、側面に発話キーと終話キー、プッシュトークキーが搭載されているが、SH-03Bではディスプレイ部に発話キーと終話キー、側面にはカメラキーの搭載に変更された。終話キーがディスプレイ部にあるので、操作の終了がしやすくなった。ただしクリアキーは物理キーとしては用意されておらず、クリア(戻る)操作はタッチパネルから行う必要がある。発話キーと終話キーの間にクリアキーを割り当ててもよかったと思う。

photophoto ディスプレイの下に発話キーと終話キーを搭載。この2つのキー間にある「SH-03B」のパーツはキーとしては機能しない。ここにクリアキーを入れてほしかった(写真=左)。サイドキーは1つだけを備えた(写真=右)
photophoto SH-03BのボディはSH-04Aよりも丸みを帯びている。また、SH-04Aの裏面はカメラ部分が突起しているが、SH-03Bの裏面はフラットだ
photophoto SH-03Bは幅は2ミリ、高さは3ミリSH-04Aから増しているが、厚さは1.8ミリ薄くなった
「SH-04A」と「SH-03B」の仕様
機種名 SH-04A SH-03B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約54×114×16.3(最厚部約17.4)ミリ 約56×117×15.6ミリ
重さ 約140グラム 約145グラム
連続通話時間 W-CDMA:約220分/GSM:約190分 W-CDMA:約200分/GSM:約180分
連続待受時間 W-CDMA:約560時間/GSM:約260時間 W-CDMA:約450時間/GSM:約220時間
アウトカメラ 有効約520万画素CMOS 有効約520万画素CMOS
メインディスプレイ 約3.5インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASV液晶 約1677万色 約3.7インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASV液晶 約1677万色

photophoto 「iPhone 3GS」と比較(写真=左)。丸みを帯びたボディは手に収まりやすい(写真=右)

 4つのコーナーにイルミネーションを採用したのも外観の大きな特徴だ。着信時や通話中、スライド開閉時などに美しく点灯する。点灯カラーやパターンは動作ごとに設定できる。

photophotophoto ディスプレイ部の4コーナーにイルミネーションが点灯する
photophoto 機能や動作ごとにイルミネーションのパターンと色を設定できる
photophotophoto ワンセグ用のホイップアンテナをボディ右上に搭載(写真=左)。裏面にはカメラとFeliCaマークがある(写真=中)。バッテリー容量は770mAh(写真=右)
photophotophoto ディスプレイの裏側にステレオスピーカーを搭載している
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.