ニュース
» 2010年06月01日 12時18分 UPDATE

ドコモ「N-06A」「P-07A」「P-08A」「P-09A」に不具合

NTTドコモは、NEC製「N-06A」とパナソニック モバイル製「P-07A」「P-08A」「P-09A」に不具合があることを発表。ソフトウェア更新を開始した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは6月1日、NEC製「N-06A」とパナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P-07A」「P-08A」「P-09A」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。

photophoto 「N-06A」(左)と「P-07A」(右)
photophoto 「P-08A」(左)と「P-09A」(右)

 N-06Aで発生する恐れのある不具合は以下のとおり。

  • T9方式で英語を入力すると、表示までに時間がかかる。
  • 特定のホームアンテナを利用してホームUに接続すると、パケット通信が切断される。
  • 地図アプリを終了して待受画面に戻っても、GPS測位動作中アイコンが点滅して消えない。

 P-07A、P-08A、P-09Aで発生する恐れのある不具合は以下のとおり。

  • GSMエリア内にいても圏外状態のままとなる。

 新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前3時)に書き換えられる。また、メインメニュー→「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。ソフトウェア更新の所要時間はN-06Aが約40分、P-07Aが約7分、P-08AとP-09Aが約8分。更新にかかる通信料は無料。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう