ニュース
» 2010年06月30日 21時25分 UPDATE

お茶を買ってゲーム内アイテムを入手――コロプラが伊藤園、ローソンとタイアップ

位置情報ゲームを展開するコロプラが、伊藤園、ローソンとタイアップ。新製品「夏の冷茶」を買うと、ゲーム内アイテムを入手できる。

[ITmedia]
Photo

 コロプラは6月29日、日本全国の鉄道を中心とした公共交通機関とタイアップし、7月20日から2011年6月30日まで「コロニーな生活☆PLUS」とのタイアップキャンペーン「日本縦断!花いっぱい位置ゲーの旅」を実施すると発表した。

 コロニーな生活☆PLUSは、携帯電話のGPS機能を利用したゲームで、ゲームを進行させるためには、ユーザーが実際に移動する必要がある。今回実施する日本縦断!花いっぱい位置ゲーの旅では、タイアップする公共交通機関を全国に拡大。日本全国で位置情報を登録すると、バーチャルな花の種を入手でき、ゲーム内で花を育てられる。また、タイアップ先の公共交通機関が発売する「コロカ」付き専用切符を購入し、コロカのシリアル番号をゲーム内で入力すると、キャンペーンイベントを進行できる。

 同キャンペーンは、第1弾としてJR北海道とJR九州の2社とのタイアップでスタートし、9月に予定している第2弾では、東北エリア、東海エリア、四国エリアの公共交通機関の追加を検討している。

 同社はまた、伊藤園、ローソンとタイアップし、日本縦断!花いっぱい位置ゲーの旅で使用できる限定アイテムを配布する。アイテム「お茶の種」は、全国のローソン店頭で7月6日から発売される伊藤園の新製品「お〜いお茶 夏の冷茶」「TEAS`TEA MANHATTAN ミルクティー」などの首掛けに印字されるシリアル番号を、ゲーム内で入力することで入手できる。対象商品は約130万本を予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.