レビュー
» 2010年11月12日 22時35分 UPDATE

写真で解説する「F-05C」

ドコモの「F-05C」は富士通製のスライド型端末で、SHIBUYA109とのコラボモデル「F-04C」とほぼ同等の機能を備えている。閉じたまま快適に操作できる「クルクルキー」も搭載している。今回は外観と操作感を中心に調べた。

[小林健志(K-MAX),ITmedia]

 ドコモの富士通製端末「F-05C」は、回転する十字キー「クルクルキー」を搭載しているスライド型モデル。カラーバリエーションはSilky White、Mat Black、Rose Goldの3色展開だ。基本的なスペックはSHIBUYA109とのコラボモデル「F-04C」と同等だが、F-05Cは落ち着いたスタンダードな色をそろえている。発売は2011年2月の予定。

 端末サイズは約50(幅)×111(高さ)×15.1(厚さ)ミリと比較的薄い。重さは約130グラム。ディスプレイはフルワイドVGA表示(480×854ピクセル)対応の約3.0インチTFT液晶(26万2144色表示)を搭載した。

photophoto 端末を開いた状態(写真=左)と閉じた状態(写真=右)。左からShilky White、Rose Gold、Mat Black
photophoto ボディ上面のキー(写真=左)とダイヤルキー(写真=右)
photophoto ディスプレイ上には左から光センサー、受話スピーカー、約130万画素CMOSのインカメラがある(写真=左)。きれいに自分撮りできるよう、インカメラとしては高画素数のカメラが搭載された。ディスプレイの裏側にはF-04Cはミラーが備え付けられているが、F-05Cはミラーは付いておらず、プラスチックの部品で覆われている(写真=右)
photophoto 裏面(写真=左)。上部には左から顔検出オートフォーカス対応約510万画素CMOSカメラ、赤外線端子、フォトライト、スピーカーがあり、その少し下にFelicaマークがある。下部に充電端子がある。カバーを開けて電池パックを出すと、左側にFOMAカードスロット、右側にmicroSDスロットが現れる(写真=右)。microSDHCは16Gバイトまで対応。バッテリー容量は820mAh
photophoto 上部(写真=左)には特にパーツはない。下部(写真=右)のスライド部にある穴はマイク
photophoto 左側面(写真=左)には外部接続端子と鍵マークのキーが1つある。鍵マークのキーから、閉じた状態での液晶画面の表示・非表示を切り替えられる。外部接続端子のカバーを開けたところ(写真=右)
photophoto 右側面(写真=左)。上からカメラキー、マルチキーと並び、下にはワンセグアンテナがある。ワンセグアンテナを伸ばしたところ(写真=右)

 スライド端末ということで、閉じた状態でも操作できるよう工夫されている。閉じたままサイドキーでカメラを起動でき、マルチタスクの呼び出しも可能だ。さらに、設定次第でクルクルキーから各種機能を呼び出すこともできる。初期設定では時計回りに回すとメニュー画面が表示されるが、待受け時に時計回り、反時計回りに回した時、どんな機能を呼び出すかを設定できる。

photophoto サイドキーからカメラを起動(写真=左)。端末を閉じた状態でマルチキーを押すと、マルチタスクを呼び出せる(写真=右)。マルチキーの長押しで、マナーモードの切り替えができる
photophotophoto 初期設定ではクルクルキーを待受け時に反時計回りに回すと、上下左右に割り当てられた機能のガイドが表示される(写真=左)。「クルクルキー設定」では、メニュー画面表示、ガイド表示のほかにメールソフトの起動やブックマークの呼び出しなどの機能を設定できる(写真=中、右)

 待受画面、メニュー画面、デコメ絵文字などの内蔵コンテンツには、ムーミンを採用。今回は展示されていなかったが、タッチペンが同梱され、落書きをする感覚で写真を手書き編集できる。ディスプレイはタッチパネル対応だが、写真編集以外の操作には対応しない。また、130万画素のインカメラを用いた“疑似ミラー機能”も備えている。

 F-05CはF-07Bをベースに開発した端末なので、文字入力システムはF-06B、F-01C等で用いられているiWnnではなくATOKがインストールされている。メール作成画面で本文を入力した後にワンタッチでデコメールを作成してくれる「かんたんデコメ」も用意されており、手軽にデコメを楽しめる。

 なお、GPS、iコンシェルのメモ機能、HSUPA、HDムービー撮影、音声クイック起動などには対応しない。

photophotophoto ムーミンのキャラクターが登場する待受画面(写真=左)とメニュー画面(写真=中)。ムーミンのデコメ絵文字もある(写真=右)
photophoto メール作成画面(写真=左)。テキストからワンタッチでデコメールを作成できる(写真=右)
photophoto F-04Cに付属しているタッチペン(写真=左)。今回発表会では展示がなかったが、F-05Cにもタッチペンが同梱される。130万画素インカメラを生かした機能として、疑似ミラー機能も搭載(写真=右)

 F-05Cは、クルクルキーを活用することで、閉じた状態でも多彩な操作が可能だ。これまで「スピードセレクター」を搭載した三菱電機製やパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のスライド端末を使っていた人や、「よく自分撮りはするけれどF-04Cは派手すぎる……」という女性、そして「コンパクトなスライド端末が欲しい」という人にオススメできる端末といえる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.