レビュー
» 2011年01月21日 14時00分 UPDATE

「SH-01C」の”ここ”が知りたい:第2回 HDMI出力できるコンテンツは?――「SH-01C」

「SH-01C」にはMicro HDMI端子が付いており、さまざまなコンテンツをテレビに出力できる。今回はこのHDMI出力について調べた。

[Sho INOUE(K-MAX),ITmedia]
photophoto シャープ製の「SH-01C」。ボディカラーはBlack、White、Red

 ドコモの2010年夏モデル、PRIMEシリーズ端末「SH-07B」に引き続き、「SH-01C」にはHDMI端子が搭載されている。片方がMicro HDMIプラグになっているHDMIケーブル(別売り)を用意すれば、HDMI端子を搭載したテレビなどにSH-01Cの画面を出力できる。シャープ製の液晶テレビ「AQUOS」と接続した場合は、HDMIケーブルを介してAQUOSと連動する「AQUOSファミリンク」も利用可能だ。

 出力解像度は平常時は720p(1280×720ピクセル)、静止画・動画のソースに応じて自動的に1080p(1920×1080ピクセル)での出力に切り替わるようになっている。1080p対応のHDMI機器で同解像度対応のソースを使っているのに解像度が切り替わらない場合、出力機器が720pまでにしか対応していないなどの理由が考えられる。その場合は手動設定で720pに固定する必要がある。

photophoto 基本的には出力解像度は720pと1080pをソースによって自動切り替えるようになっている。固定したい場合は手動設定も可能(写真=左)。待受画面にもHDMIメニューへのショートカットが配置されているので便利だ(写真=右)

 出力開始時は、HDMIメニュー(メニュー→便利ツール→HDMI)の中にある「HDMI接続開始」を選べばよい。HDMIメニューは待受けランチャーにも用意されているので、そこからも選べる。接続中にタスクを終えると専用のメニューに戻り、待受画面を表示することはできない。待受画面に戻りたい場合は接続を解除しよう。

 操作は、端末のテンキーか、ビュワーポジション(本体液晶が表になるスタイル)にしてタッチパネルで行う。ビュワーポジションにすると、出力中の画面と同じものが端末に表示されるので操作しやすい。

photophoto HDMI出力中のトップメニュー。かなり色々と出力ができることが分かる。「接続解除」を選べばHDMI出力が終了する(写真=左)。ビュワーポジションにすると、同じ画面内容をタッチで操作できる(写真=右)

 出力可能なコンテンツは、トップメニューに表示されているものなら一部の例外を除いて可能だ。前回でも取り上げたDLNAクライアントとしての動画出力はもちろん、iモードブラウザ、iアプリなども出力できる。動画、音楽ファイル、iアプリ、Flashアプレットの音声の出力も可能だ。

 ただし、iアプリの画面出力時に、アプリによっては画面表示が正しい向きにならない場合がある。その場合は、側面のシャッターキーを押せば出力画面の向きが変わる。また、ビュワーポジション(タッチパネル操作)時にタッチパネル非対応アプリで表示される「バーチャルキー」が、実際に表示されている向きではなく、正しく操作できない場合もある。筆者が調べた限りでは、縦・横表示両方行える全画面表示アプリでは、横表示に切り替えると向きが正しくないケースが多いようだ。アプリの画面を出力して、大勢に操作を見せる場合などに注意したい。

photo iMenuを外部出力した。画面の両側が黒くなっているのは、HDMI出力の制限ではなく、横画面で表示しているときの全画面Flashサイト表示上の制限である
photophoto プリインストールされているiアプリ「RIDGE RACERS MOBILE体験版」を出力してみた。画面いっぱいに、端末側と同じ向きで一発出力できた
photophotophoto 同じくプリインストールされている「地図アプリ」。縦表示は正常にできる(写真=左)ものの、横表示にしようとすると正常表示できない(写真=中)。別途インストールした「jigtwi」でも同様の症状が見られた(写真=右)
photo 右側面にあるシャッターキーを押すことで出力の向きを変えられる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう