ニュース
» 2011年02月21日 17時07分 UPDATE

ドコモ、スマートフォン向け「災害用伝言板」を3月下旬から提供

NTTドコモは、災害時に携帯電話から安否情報を登録できる「災害用伝言板」のspモード対応を3月下旬に行い、ドコモスマートフォンからの利用を可能とする。

[富永ジュン,ITmedia]

 NTTドコモは、spモード向け「災害用伝言板」の提供を3月下旬に開始する。

 災害用伝言板は、震度6弱以上の地震などの大規模災害が発生した際に、携帯電話からの安否情報やメッセージの登録、閲覧ができるサービス。今回の発表により、ドコモスマートフォンからの災害伝言板の利用が可能となった。

 登録可能な安否情報は、日本語版は「無事です。」「被害があります。」「自宅に居ます。」「避難所に居ます。」、英語版は「I'm okay」「Need Help」「Safe at home」「At evacuation area」の4種類ずつ。全角100文字(半角200文字)以内のコメントも添えられる。

 対応機種は、spモード対応機種と、「BlackBerry Bold 9700」「BlackBerry Curve 9300」。利用方法は、ドコモマーケットTOPページの「災害用伝言板」から。災害発生時に備え、災害用伝言板の操作手順やサービス内容を体験できる体験サービスが、毎月1日と15日の0時から23時59分、防災週間、防災ボランティア週間、正月三が日(1月1日正午から1月3日午後11時まで)に実施されている。

 ドコモは今回のspモード向け災害用伝言板のリリースに伴い、現在の「iモード災害用伝言板」の名称を「災害用伝言板」に変更する。

Photo 災害用伝言板へのメッセージ登録方法

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.