ニュース
» 2011年07月26日 16時18分 UPDATE

ケータイフィルタリングの利用数が800万件を突破

TCAは、携帯電話・PHS事業者が提供する「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の利用状況を公表した。6月末時点の利用件数は810万5100件。

[平賀洋一,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は7月26日、携帯電話とPHS事業者各社が提供する「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の利用状況を公表した。

 フィルタリングサービスは、携帯電話やスマートフォンから違法・有害なサイトへのアクセスを制限するもの。6月末時点での利用者件数は810万5100件と、3月末の777万1000件から約33万件増加した。

事業者名 2011年6月末 2011年3月末
NTTドコモ 316万4600件 307万6100件
KDDI 285万3100件 273万1400件
ソフトバンクモバイル 150万3800件 149万5400件
ウィルコム 58万3100件 46万7500件
イー・アクセス 500件 600件
合計 810万5100件 777万1000件

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう