ニュース
» 2011年12月13日 11時42分 UPDATE

バイドゥ、Android向け日本語入力システム「Simeji」を取得 「Baidu IME」と融合

バイドゥが、Android向けの日本語入力システム「Simeji」の事業を取得したと発表。Baidu IMEとの融合を目指す。Simejiを開発したAdamrocker氏こと足立昌彦氏とデザイナーの矢野りん氏はバイドゥに入社し、Simejiの企画・開発を継続する。

[園部修,ITmedia]

 バイドゥは12月13日、Android向けの日本語入力システム「Simeji」に関する事業の全権利を取得したことを明らかにした。現在同社が提供しているPC向け日本語入力システム「Baidu IME」と製品企画、開発、事業企画、マーケティングなどを一元化し、高品質な日本語入力システムの提供を目指す。

 Simejiの開発者である足立昌彦氏(Adamrocker氏)とデザイナーの矢野りん氏は、バイドゥに入社してSimejiの企画・開発業務を担当する。

 Simejiは、日本市場でAndroidスマートフォンが発売された当初から無料で配信されていた日本語入力システム。Mushroomという名のプラグイン機能や、キーボードの背景をデコレーションできる独自の機能、Skinなどを搭載し、多くのユーザーを持つ。Baidu IMEもすでに180万のユーザーがいるPC向けの日本語入力システムで、両システムの融合により、日本語ユーザーに向けて、利便性の高いIMEを提供したい考え。

photo Simeji

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.