ニュース
» 2012年02月16日 17時04分 UPDATE

バンダイナムコゲームス、自社のAndroidアプリを配信する「バナドロイド」を正式公開

バンダイナムコゲームスは2月16日、自社のAndroid向けアプリを提供する公式マーケット「バナドロイド」を正式にオープンした。公式のAndroidアプリをダウンロードするとより便利に活用できる。

[園部修,ITmedia]
Photo バナドロイドのWebサイト

 バンダイナムコゲームスが2月16日、自社で提供するAndroidアプリがダウンロードできる公式アプリマーケット「バナドロイド」を正式にオープンした。2011年12月からβ版としてサービスを提供してきたが、2月16日から正式サービスとして展開する。

 バナドロイドは、専用アプリをAndroidスマートフォンにインストールすることで利用できる。専用アプリのインストールには、端末側で「提供元不明のアプリ」のインストールを許可する必要がある。まずはバナドロイドのWebページ(https://banadroid.channel.or.jp/)を確認しよう。

 バナドロイドの正式サービス開始に伴って、ゲームアプリ「SDガンダムジェネレーションモバイル NEXT UNIVERSE for Android」と「ことばのパズル もじぴったん」の配信を開始した。SD ガンダム ジェネレーションモバイル ネクストユニバースは月額315円+アイテム課金(105円/210円/315円)、ことばのパズル もじぴったんは基本無料、ステージデータ個別課金(こつこつモード ステージパック1:170円/こつこつモード ステージパック2:170円/こつこつモード ステージパック3:170円/即答モード:250円/対戦モード:250円)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.