ニュース
» 2012年05月23日 14時29分 UPDATE

KDDI、ワイヤレスジャパン 2012に出展――最新の無線技術や夏モデルを披露

5月30日から6月1日まで開催されるワイヤレスジャパン 2012にKDDIが出展する。2012年夏モデルや最新技術などを紹介する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが5月23日、東京ビッグサイトで5月30日から6月1日まで開催される「ワイヤレスジャパン 2012」の出展内容を案内した。ワイヤレスジャパン 2012の入場は無料。

 最新技術については、異なる複数の無線を束ねてより高速で安定した通信を実現する「リンクアグリゲーション無線技術」や、かざすだけで大容量コンテンツを再生できる「NFC×Wi-Fi連携システム」、スマートフォン向け「HTML5を使った車載インフォテインメント」、さまざまなセンサーを用いた「マルチセンサー対応M2Mクラウド」を展示する。5月15日に発表したau夏モデルや、新サービスの「ビデオパス」「うたパス」、3G、WiMAX、LTE、au Wi-Fiによるネットワーク整備の取り組みも紹介する。

 このほか、田中孝司社長が「KDDI 3M戦略が目指す世界」というテーマで5月30日10時50分〜11時20分に基調講演に登壇する。講演は無料だが、事前にワイヤレスジャパン 2012公式サイトで申し込みが必要。カンファレンスは、5月31日に新規事業統括本部 新規ビジネス推進本部長 執行役員 雨宮俊武氏が「auスマートパスを中心としたKDDIコンテンツ戦略について」、技術統括本部 技術開発本部 標準化推進室長 古賀正章氏が「マルチネットワーク技術の将来展望」というテーマで登壇する。カンファレンスは有料で、公式サイトで申し込みが必要。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう