ニュース
» 2012年09月10日 21時06分 UPDATE

ソニー、NFC搭載のBluetoothポータブルスピーカー2機種を発売

ソニーは、Bluetooth対応ポータブルスピーカー2機種を発売。NFC搭載スマートフォンを組み合わせれば、ペアリング設定を意識せずに「ワンタッチ機能」で音楽などを楽しめる。内蔵マイクを使ったハンズフリー通話も可能だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーが、Bluetooth対応のポータブルスピーカー「SRS-BTV5」と「SRS-BTM8」を10月20日に発売する。価格はオープンで、市場推定価格はSRS-BTVが8000円前後、SRS-BTM8が1万円前後。

PhotoPhoto ポータブルスピーカー「SRS-BTV5」(写真=左)、「SRS-BTM8」(写真=右)

 今回発売となるポータブルスピーカーは、それぞれNFCまたはFeliCa搭載のBluetooth対応の一部スマートフォン向けに「ワンタッチ機能」を備えており、Xperiaシリーズなど対応機器同士をかざせばBluetoothのペアリング設定を意識せず簡単に利用できるというもの。スピーカー内蔵マイクを使い、ハンズフリー通話や複数人での会話も可能だ。なお、ワンタッチ機能を利用するには専用アプリが必要になる。

 SRS-BTV5は、スピーカーを中心として360度全方向にサウンドを広げる「サークルサウンドステージ」を採用。テニスボール大のコンパクトかつ軽量設計ながら、約1.2ワットの高出力再生を実現した。筺体には約2.4ミリ厚のABS樹脂を使用して剛性を上げ、不要な共振を極力排除しているという。

 形状や吸音材を活用して定在波が起きにくい構造を作り出し、回路部・バッテリー・スピーカー部を仕切ってエンクロージャー密閉度の向上を図った。連続再生は最大約5時間。サイズは約65(幅)×67.6(高さ)×65(厚さ)ミリで、重さはバッテリーを含め約135グラム。カラーはブラック/ホワイト/ブルー/ビビッドピンク/ライトピンクの5色を用意しており、持ち運びに便利なポーチも付属する。

 SRS-BTM8はステレオスピーカー再生出力2ワット+2ワットを実現したモデルだ。スピーカー部を別筺体で覆うことで密閉度を確保し、低音再生を可能としたバスレフ構造を採用。厚さ約2.5ミリののエンクロージャーは、不要な共振を極力排除する溝形状を取って剛性を高めている。

 余裕のある低音再生を可能とするため、スピーカーユニット振動板のエッジ部にはロールエッジ構造を取り入れ、DSPによりきめ細やかに音質をイコライジング。AC電源のほか、単3形アルカリ乾電池×4本による最大20時間のワイヤレス再生も可能とした。サイズは約245(幅)×185(高さ)×88(厚さ)ミリで、乾電池を含めた重さは約1060グラム。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.