ニュース
» 2013年01月22日 11時15分 UPDATE

withシリーズ:4.7インチの高画質有機ELにブルーライトカットモードを搭載――「MEDIAS X N-04E」

約4.7インチHD有機ELと独自の高画質化技術で映像コンテンツを楽しめる「MEDIAS X N-04E」。ディスプレイはブルーライトカットモードを備え、目の疲労も低減する。また「瞬撮」カメラはSNSへのワンタッチ投稿が可能だ。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモの2013年春モデル「MEDIAS X N-04E」は、NECカシオモバイルコミュニケーションズが開発したwithシリーズのスマートフォン。2012年冬モデルの「Disney Mobile on docomo N-03E」をベースに、ハイスペックを生かす新機能が追加された。発売は2月下旬を予定している。

photo 「MEDIAS X N-04E」。ボディカラーはBlueとWhiteの2色

 ディスプレイは約4.7インチのHD(720×1280ピクセル)表示有機ELで、表示する動画に合わせて彩度などを自動補正する機能を搭載。映像コンテンツをよりリアルに楽しめるほか、ディスプレイから発せられるブルーライトをカットするモードも用意し、長時間使う場合に目の疲労を低減できる。また表面には、指紋が付きにくく、指先での操作がなめらかになる特殊コーティングをほどこした。

 メインカメラは有効1310万画素の裏面照射型CMOSで、夜景やイルミネーションもきれいに撮影できる。スワイプ操作で好きな場所をズームする機能や、撮影からメールやSNSなどへすばやく共有できる機能も備えた。内蔵メモリは32Gバイトで、N-03Eでは非対応だった外部メモリ(microSDXC)も利用できる。また機内モードよりも消費電力を抑えられ、通常のシャットダウンよりも短時間で起動できる「スリープモード」が追加された。

 防水/防塵ボディは「おくだけ充電」(Qi)をサポート。付属の専用チャージャーは水平に置くだけでなく斜め置きも可能な2ウェイ仕様で、充電しながら映像や静止画を横画面で鑑賞できる。もちろん、おサイフケータイやワンセグ/NOTTV、赤外線通信にも対応した。

「MEDIAS X N-04E」の主な仕様
機種名 MEDIAS X N-04E
OS Android 4.1
CPU Snapdragon S4 APQ8064(1.5GHzクアッドコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約68×136×10.4ミリ
重さ 約155グラム
連続通話時間 3G:550分、GSM:約610分
連続待受時間 LTE:約350時間、3G:約430時間、GSM:約330時間
バッテリー容量 1980mAh
メインカメラ 有効約1310万CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約130万画素CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.7インチ HD(720×1080ピクセル)表示 有機EL
ボディカラー Blue、White
主なサービス・機能 Xi(下り100Mbps/上り37.5Mbps)、FOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、Bluetooth 4.0、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)、Wi-Fiテザリング(10台)、おサイフケータイ(FeliCa)、NOTTV、ワンセグ、spモード、DLNA/DTCP-IP、GSM、エリアメール、ほか
発売予定日 2月下旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.