Xi、デュアルコアCPU、防水、G-SHOCK連携――ハイスペックスマホ「MEDIAS LTE N-04D」NEXTシリーズ

» 2011年10月18日 11時57分 公開
[山田祐介,ITmedia]
photo MEDIAS LTE N-04

 ドコモのNECカシオモバイルコミュニケーションズ製Android端末「MEDIAS LTE N-04D」は、高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したスマートフォン。防水、大画面、デュアルコアCPU、さらにはG-SHOCK連携機能など、充実したスペックを備えている。

 OSのバージョンはAndroid 2.3で、CPUは夏モデル「MEDIAS WP N-06C」の1GHzシングルコアから1.2GHzのデュアルコア(Qualcomm APQ8060)に進化している。16Gバイトという大容量のROMを搭載したのも特徴で、内部ストレージ容量を気にすることなくアプリやコンテンツをダウンロードできる。RAMの容量は1Gバイト。

 ボディはIPX5/7に準拠した防水性能を備え、水回りでも安心して端末を使える。ディスプレイには4.3インチHD(720×1280ピクセル)の大画面かつ高精細な液晶を採用し、PC向けのWebサイトや動画も鮮明に映しだす。カメラは有効約810万画素のCMOSを採用した「瞬撮カメラ」で、起動が約0.8秒(ホームアプリを「ホーム」に設定した場合)、撮影間隔が約0.9秒と素早いのが特徴。インカメラは搭載しない。

 ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といった日本向け機能に対応する。無線LANのアクセスポイントになるWi-Fiテザリング機能により、PCなどの無線LAN対応機器をインターネットに接続することも可能だ。また、低出力通信が可能なBluetooth 4.0に対応し、同規格に対応した腕時計「G-SHOCK」と端末を連携できる。メールや着信を時計側に通知する、時計と端末とが離れるとアラームが鳴って置き忘れを防止するなど、便利な機能が使える。このほかDLNA(DTCP-IP)にも対応し、テレビなどのDLNA対応機器と、音楽や動画をワイヤレスでやり取りできる。

「MEDIAS LTE N-04D」の主な仕様
機種名 MEDIAS LTE N-04D
OS Android 2.3
CPU Qualcomm APQ8060 1.2GHz(デュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約67×131ミリ×10.9ミリ
重さ 約149グラム
連続通話時間 3G:約200分、GSM:約210分
連続待受時間 LTE:未定、3G:未定、GSM:未定
アウトカメラ 有効810万画素CMOS AF対応
インカメラ
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約4.3インチHD(720×1280ピクセル)TFT液晶 1677万色
サブディスプレイ
主な機能 Xi、HSDPA(最大14Mbps)/HSUPA(最大5.7Mbps)、防水、GPS、Wi-Fi、Wi-Fiテザリング、Bluetooth(4.0)、spモード、エリアメール、ドコモマーケット、WORLD WING(3G+GSM)、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線 ほか
ボディカラー Advance Black
発売日 2012年2月発売予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  4. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  7. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  8. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  9. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年