ニュース
» 2013年01月25日 16時07分 UPDATE

ドコモ、「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を2月1日に発売

ドコモは、子供向けのスマホ「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を2月1日に発売する。保護者が安心して子供に持たせられるよう、端末やアプリの利用制限を細かく設定できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは1月25日、シャープ製Androidスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を2月1日から販売すると発表した。事前予約は1月23日から受け付けている。

photo 「スマートフォン for ジュニア SH-05E」

 SH-05Eは、主に小学校4〜6年生が持つことを想定した子供向けスマートフォン。子供が安心・安全に利用できるよう、電話とメールで連絡できる相手や、端末とアプリの利用制限を保護者が設定できる。また緊急ブザーも備えた。

 約4.1インチのQHD液晶を搭載するボディは防水・防塵仕様で、デザインは子供の手に馴染みやすいラウンドフォルムを採用。1210万画素カメラと1.5GHzデュアルコアCPU、おサイフケータイ機能などを備え、通信面ではドコモLTEの「Xi」に対応した。なお無線LANには非対応でWi-Fiは利用できない。

 またGoogle Playに対応しないためドコモがプリセットしたアプリ以外は利用できない。ブウラザやWebブラウジングに関しては、spモードフィルタで有害サイトをブロックできる。また本機からdメニューにアクセスすると、専用のジュニア向けメニューが表示される。

 専用のパケット定額サービスとして、月500Mバイトまでの定額データ通信ができる「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」を用意した。月額料金は2980円で当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限される。通信制限を解除したい場合は、2Gバイトごとに2625円の追加料金を払う必要がある。

「スマートフォン for ジュニア SH-05E」の主な仕様
機種名 スマートフォン for ジュニア SH-05E
OS Android 4.0
CPU MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約63(幅)×117(高さ)×10.6(厚さ)ミリ
重さ 約120グラム
連続通話時間 3G:約370分、GSM:約480分
連続待受時間 3G:約450時間、LTE:約290時間、GSM:約370時間
バッテリー容量 1660mAh
メインカメラ 有効約1210万画素CMOS
インカメラ 有効約32万画素CMOS
メモリ ROM:8Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDXC(別売/最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.1インチ QHD(540×960ピクセル) CG Silicon液晶 1677万色表示
ボディカラー Blue、Pink、White
主なサービス・機能 spモード、GPS、おサイフケータイ、防水、防塵、GSM、Bluetooth 3.0ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.