ニュース
» 2013年03月15日 14時41分 UPDATE

郵便ポストのNFCタグで周辺情報を取得 「ココシル 丸の内ポストラリー」

郵便ポストにNFCタグを取り付け、周辺の公共施設や店舗情報などを取得できるスタンプラリー実験「ココシル 丸の内ポストラリー」がスタートする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIとユーシーテクノロジ、日本郵便の3社は、NFCタグを活用した「ココシル 丸の内ポストラリー」を3月21日より開始する。期間は4月30日まで。

photo 「ココシル 丸の内ポストラリー」の利用イメージ

 東京・丸の内界隈の郵便ポストにNFCタグを取りつけ、対応スマートフォンでタッチすると郵便ポスト周辺の公共施設やテナント、最寄り駅やバス停などの周辺情報が取得できるほか、スタンプラリーも体験できる。Android搭載スマートフォンの専用アプリ「ココシル丸の内ポストラリー」をダウンロードすれば誰でも参加可能で、NFC非対応端末でもタグに印刷したQRコードを読み取ることで参加できる。

photophoto 郵便ポストに取り付けられるNFCタグ(写真=左)と画面のイメージ(写真=右)

 対象エリアは東京の丸の内・大手町・有楽町地区で、対象となるポスト数は19カ所。このほか、3月21日から3月24日にかけて開催するふるさと小包30周年記念イベント「ふるさと小包味祭り」と連動し、NFCタグにタッチして取得できる引換券でオリジナルグッズをプレゼントする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.