ニュース
» 2013年07月03日 16時19分 UPDATE

防水・防塵対応:ソフトバンク、世界最軽量スマホ「DIGNO R 202K」を7月5日に発売

ソフトバンクは京セラ製の「DIGNO R 202K」を7月5日に発売する。重さは94グラムで防水スマホとして世界最軽量。SoftBank 4Gやおサイフ、ワンセグにも対応する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、防水対応スマートフォンで世界最軽量という重さ94グラムのAndroidスマートフォン「DIGNO R 202K」(京セラ製)を7月5日に発売する。

photo 「DIGNO R 202K」

 幅60ミリと持ちやすいサイズのボディは、防水に加えて防塵にも対応。搭載するディスプレイは、約4.3インチのHD(720×1280ピクセル)TFT液晶でタッチパネル全体が振動して音声を伝える「スマートソニックレシーバー」を採用した。スピーカーの位置を気にせずに快適に通話が行える。通信面では、下り最大76MbpsのSoftBank 4G(AXGP)に対応している。

 プロセッサーはQualcommのSnapdragon MSM8960(1.5GHzデュアルコア)で、ROMは16Gバイト、RAMは1.5Gバイト。1800mAhのバッテリーを内蔵する。メインカメラは有効約810万画素CMOSでオートフォーカス(AF)と手ブレ補正に対応、インカメラには32万画素CMOSを採用している。

 ワンセグとおサイフケータイ、赤外線通信などの日本向け機能もサポートしたほか、フィーチャーフォン感覚でタッチパネルを利用できる新ユーザーインタフェース「エントリーホーム」を搭載した。そのほか、京セラ独自の「すぐごえ」「すぐもじ」、歩数計アプリの「デイリーステップ」、よく使うアプリのみを表示する「シンプルメニュー」、バッテリーの消耗を軽減する進化した「省電力ナビ」も備える。カラーはターコイズグリーン、ピンク、ブラック、ホワイトの4色をそろえた。

「DIGNO R 202K」の主な仕様
機種名 DIGNO R 202K
OS Android 4.2
プロセッサー MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約60×122×10.4ミリ
重さ 約94グラム
連続通話時間 3G:約780分、GSM:約510分
連続待受時間 AXGP:約350時間、3G:約500時間、GSM:約420時間
バッテリー容量 1800mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約32万画素CMOS
メモリ ROM:16Gバイト、RAM:1.5Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト) ※同梱のmicroSDカードリーダー/ライターを使用
ディスプレイ 約4.3インチ HD(720×1280ピクセル) TFT液晶(最大1677万色)
ボディカラー ターコイズグリーン、ピンク、ブラック、ホワイト
主なサービス・機能 防水(IPX5/IPX7)、防塵(IP5X)、Bluetooth(4.0)、Wi-Fi(802.11a/b/g/n:2.4GHz/5GHz)、おサイフケータイ(FeliCa)、赤外線通信、ワンセグ(付属のアンテナアダプターが必要)、緊急速報メール ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.