ニュース
» 2013年07月26日 16時07分 UPDATE

商用サービスは13年10月から:ドコモ、下り最大150MbpsのLTEサービスを神奈川県で試験運用

ドコモが、下り最大150MbpsのLTEサービス提供に向けた試験運用を、7月30日から神奈川県の一部地域で行う。150Mbpsの商用サービスは2013年10月から東名阪の一部地域で提供する予定だ。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、国内最速となる、LTEサービス「Xi」の下り最大150Mbpsのサービス提供に先駆け、7月30日から、神奈川県の一部地域で試験運用を開始する。

 下り最大150Mbps(上りは最大50Mbps)のLTEサービスは、現在FOMA(3G)で使っている1.7GHz帯の20MHz幅(×2)を使い、2013年10月から東名阪の一部エリアで提供する予定。現在、1.7GHz帯のLTEに対応したドコモ端末は発売されておらず、2013年10月以降に発売される一部機種から対応する。

 神奈川県での試験運用も1.7GHz帯で行うが、「試験運用している基地局配下のFOMAユーザーに影響は出ないようにしている」(NTTドコモ広報部)とのこと。試験運用したエリアは、150Mbpsの商用サービス開始後もエリア化される予定。

 現在、ドコモは下り最大112.5MbpsのLTEサービスを130都市以上で提供している。今回の試験を通じて、下り最大150Mbpsのサービス提供に向けた準備を進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.