ニュース
» 2013年07月31日 15時54分 UPDATE

MEDIASもG'zOneもさようなら:NECカシオ、スマートフォン事業を7月31日で終了

NECカシオモバイルコミュニケーションズは、スマートフォン事業を終了する。フィーチャーフォンの新規開発と生産、スマートフォンの保守は今後も継続する。

[長浜和也,ITmedia]

スケールメリットがないと戦えない

 NECは、7月31日にNECカシオモバイルコミュニケーションズにおける携帯電話端末事業の見直しを決定した。7月31日をもってスマートフォンの新規開発を中止し、現行機種で生産と販売を終了する。ただし、スマートフォンの保守業務は引き続き行う。

kn_neccasioend_02.jpgkn_neccasioend_03.jpg 超私的に選びたい、記憶に残したいNEC端末「MEDIAS W N-05E」

kn_neccasioend_01.jpg 超私的に選びたい、記憶に残したいカシオ端末「G'zOne TYPE-L CAL21」

 なお、フィーチャーフォン(NECの発表資料では従来型携帯電話機)の開発と生産は今後も継続する。生産設備を有する埼玉NECでは、フィーチャーフォンの生産に加え、現在NECが進めている社会ソリューション事業でも活用する予定だ。

 NECは、今回の事業見直しの理由について、競争力の維持と強化にスケールメリットが重要となっている現在の携帯電話端末市場において、同社の出荷台数が減少傾向にある状況では、今後の事業改善が難しいことを挙げている。

 NECは、今回のスマートフォン事業の見直しに伴って、リソースを社会ソリューション事業に集中し、無線通信や端末開発、マンマシンインタフェースの技術を活用するとしている。それに伴い、NECカシオモバイルコミュニケーションズの従業員は、継続事業(フィーチャーフォンの開発と生産、スマートフォンの保守)部門以外は、社会ソリューション事業を中心に再配置する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.