ニュース
» 2013年08月06日 17時23分 UPDATE

ソフトバンク、「PANTONE 6」「HONEY BEE 101K」のソフト更新を開始

ソフトバンクは、シャープ製「PANTONE 6 200SH」と京セラ製「HONEY BEE 101K」のソフト更新を開始した。PANTONE 6は4Gデータ通信中に再起動する不具合を解消する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは8月6日、シャープ製Androidスマートフォン「PANTONE 6 200SH」と京セラ製Androidスマートフォン「HONEY BEE 101K」のソフトウェア更新を開始した。

photo 「PANTONE 6 200SH」

 PANTONE 6のソフト更新は、4Gデータ通信中に端末本体が再起動する不具合を改善する。対象端末にはソフト更新の通知がSMSで送られ、指定の時間に更新用ソフトの自動ダウンロードが始まる。なお更新作業そのものはユーザーが手動で行うが、自動ダウンロードをまたずにユーザーが即時更新することもできる。更新の所要時間は最大で20分程度かかり、更新後の最新ビルド番号は「S1004」になる。

photo 「HONEY BEE 101K」

 HONEY BEEのソフト更新では、まれにS!メールの自動受信に失敗する、または一部の受信済みSMSがまれに表示されない不具合を解消する。対象端末にはソフト更新の通知がSMSで送られ、指定の時間に更新用ソフトの自動ダウンロードが始まる。なお更新作業そのものはユーザーが手動で行うが、自動ダウンロードをまたずにユーザーが即時更新することもできる。更新の所要時間は最大25分、更新後の最新ビルド番号は「161.5.0256」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.