ニュース
» 2013年09月09日 17時30分 UPDATE

IFA 2013:Huawei、ドイツ向けSTBを紹介 厚さ6.18ミリの「Ascend P6」も展示

IFAのHuaweiブースでは、独で提供する予定のセットトップボックスや、最新のスマートフォン・タブレットを紹介している。

[田中聡,ITmedia]

 HuaweiはIFAでスマートフォンやタブレットの新製品を発表していないが、ドイツで提供するSTB(セットトップボックス)「HUAWEI MediaCast HD500」を発表した。

 MediaCast HD500は500Gバイトのストレージと2つのテレビチューナーを内蔵するほか、スマートフォンと連携して映像コンテンツをテレビと共有できる。スマートフォンでは専用アプリを用いてコンテンツの共有や番組の視聴、テレビのリモコン操作を行う。ただし、現在はドイツのみの提供となっており、他国への展開は未定。

photophoto ドイツで提供するSTB「HUAWEI MediaCast HD500」。テレビにはHDMIケーブルで接続する
photophoto スマホからアプリを使ってテレビを操作する(写真=左)。テレビの操作画面(写真=右)
photophotophoto 専用アプリのメニュー画面(写真=左)。テレビ番組をスマホ上で再生(写真=中)。テレビ側とコンテンツを共有できる(写真=右)

 Huaweiが6月に発表した(当時)世界最薄のスマートフォン「Ascend P6」も展示している。Ascend P6の厚さはわずか6.18ミリで、手にすると、まるで1枚の板を持っているような感触。背面にはアルミ、側面にはステンレスを用いたボディは美しく、幅は65.5ミリ、重さは120グラムなので片手でも使いやすい。OSはAndroid 4.2、ディスプレイは4.7インチHD(720×1280ピクセル)液晶、CPUは1.5GHzのクアッドコアとなっている。

 Ascend P6は中国、欧州、東南アジアなどで発売されている。なお、現時点ではLTEには対応しておらず、モバイル通信はW-CDMAかGSMで行う。日本での発売も期待されるが、LTEへの対応は必須だろう。

photophotophoto 厚さ6.18ミリのスリムなスマートフォン「Ascend P6」。ボディカラーにピンクも用意
photophoto こちらはホワイトとブラック

 Windows Phone 8を搭載した第2弾モデル「Ascend W2」も展示していた。

photophoto 「Ascend W2」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.