ニュース
» 2013年10月10日 11時30分 UPDATE

日本人がデザインしたGALAXY──「GALAXY J SC-02F」

NTTドコモは、2013-2014年冬春モデルとしてSamsung電子の「GALAXY J SC-02F」を発表した。GALAXYシリーズでは初めての日本人デザインモデルだ。

[長浜和也,ITmedia]
kn_sc02f_01.jpg 日本のユーザーの嗜好にあわせて日本人がデザインと仕様を企画した「GALAXY J SC-02F」

 NTTドコモは、10月10日に2013-2014年冬春モデルとして、Samsung電子の「GALAXY J SC-02F」を発表した。出荷開始は10月下旬の予定だ。本体サイズは約70(幅)×137(高さ)×8.5(厚さ)ミリで、重さは約145グラム。防水防塵性能は持たない。ディスプレイ(有機EL)のサイズは約5インチで解像度は1080×1920ピクセルのフルHD対応だ。OSは、Androidで最新の4.3を導入する。カラーバリエーションとして、コーラルピンク、サテンホワイト、ラピスブルーを用意する。

 本体サイズや重さは2013年夏モデルとして登場した「GALAXY S4 SC-04E」に近いが、ボディ形状やカラーリングなど、日本オリジナルのデザインを採用した。日本のユーザーが持ちやすい四角いブロックデザインと、日本語をスムーズに入力できる8方向フリックデザインを取り入れた日本語入力システムを導入している。

 GALAXY Jの“J”には、Japanという意味のほかにも、「Journey」(新しい旅立ち)、「Juvenile」(これから始める)、「Jewel」(宝石のような本物感)という意味を持たせている。OSは、Android 4.3を導入しているため、「GALAXY Gear」との連携も可能だ。

kn_sc02f_02.jpg 本体のカラーバリエーションは、コーラルピンク、サテンホワイト、ラピスブルーを用意する

 ハードウェア構成もGALAXY S4とほぼ共通するが、プロセッサーはSnapdragon 800シリーズの「MSM8974」(クアッドコア/2.3GHz)で、GALAXY S4から上位モデルに強化し、システムメモリ領域として使うRAMの容量も3Gバイトと増えている。

 メインカメラは有効1320万画素、インカメラは有効210万画素。カメラ機能にはGALAXY S4と同様に14種類の撮影モードを備えたほか、新しく「ゴルフモード」も用意した。また、本体をなくしたときに、PCで端末の場所を検索できる「Find my Mobile」機能を導入した。

 通信方式は、Xi(LTE:下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)と3G(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)に対応するほか、無線接続としてIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(ドラフト)準拠の無線LANとBluetooth 4.0を利用できる。また、ドコモ専用モデルとして、NOTTVやおサイフケータイ(FeliCa/NFC)、ワンセグに対応する。

GALAXY J SC-02Fの主な仕様
機種名 GALAXY J SC-02F
OS Android 4.3
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8974/2.3GHzクアッドコア
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70×137×8.5ミリ
重さ 約146グラム
連続通話時間 約830分
連続待受時間 LTE:約340時間、3G:約390時間
バッテリー容量 2600mAh
メインカメラ 有効約1320万画素CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約210万画素CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:3Gバイト
外部メモリ microSDXC(別売/最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5インチフルHD(1080×1920ピクセル)有機EL
ボディカラー コーラルピンク、サテンホワイト、ラピスブルー
主なサービス・機能 Xi LTE(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)、HSDPA/HSUPA(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac、2.4GHz+5GHz)、Wi-Fiテザリング(10台)、GPS、Bluetooth(4.0)、FeliCa/NFC、ワンセグほか
発売日 10月下旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.