ニュース
» 2013年12月18日 11時06分 UPDATE

Samsung、GALAXYシリーズ用ゲームパッドを発表

Samsungが、Android 4.1以降を搭載するGALAXYシリーズの端末とBluetoothまたはNFC(Android 4.3以降)で接続して使う「Smartphone GamePad」を発表した。

[ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは12月17日、GALAXYシリーズの端末で使えるゲームパッド「Smartphone GamePad」を発表した。Android 4.1以降を搭載する端末に対応する。欧州の一部で発売し、発売地域を順次拡大するという(日本で発売されるかどうかは不明)。価格はまだ発表されていない。

 gamepad 1

 GALAXY端末とはBluetoothあるいはNFCで接続する。Android 4.3以降を搭載するGALAXY端末であれば、NFCで接続できる。

 GamePadにはMobile Consoleというアプリが付属しており、これをインストールしてGamePadを接続することで、オンラインストアからGamePad対応ゲームをダウンロード購入できる。立ち上げ段階で、米EAの「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」やセガの「Virtua Tennis Challenge」などの人気ゲーム35本が用意されている。

 4〜6.3インチのGALAXY端末であれば、GamePadにセットして一体化させることができる。また、GALAXY端末をHDMIあるいは同社のミラーリング技術「AllShare Screen Mirroring」でテレビに接続することで、ゲームコンソールのように大画面でゲームを楽しむことも可能だ。

 gamepad 2 スマートフォンをセットすることも可能

 コントロールキーとしては、D-Pad、2本のアナログスティック、4つのアクションボタンと2つのトリガーボタン、選択ボタン、スタートボタン、NFC対応端末でのみ利用できるPLAYボタン(これを押すことでMobile Consoleに接続する)がある。サイズは137.78×86.47×31.80ミリで重さは195グラム。充電可能な160mAのバッテリーを搭載する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.