ニュース
» 2014年01月22日 00時00分 UPDATE

スマホのGPS機能を使って近くのタクシーを呼べるアプリ「スマホdeタッくん」がリリース

東京ハイヤー・タクシー協会は、タクシーの共通配車サービス「スマホ de タッくん」のスマホアプリをリリースした。

[エースラッシュ,ITmedia]

 東京ハイヤー・タクシー協会は1月21日、共通配車サービス「スマホ de タッくん」の提供を開始した。iOS版とAndroid版、Windows 8/8.1対応のタブレット/PC向け無料アプリとして利用できる。

Photo 「スマホ de タッくん」

 スマホ de タッくんは、ユーザーがスマートフォンやタブレット、PCから最も近い場所のタクシーを呼べるサービスだ。現在の対象エリアは東京23区および武蔵野市・三鷹市で、日本交通/大和自動車/共同無線の全車両とチェッカー無線の一部車両を合わせた計約6500台でスタート。さらにチェッカー無線の全車両とグリーンキャブ、日の丸自動車が順次対応し、2014年4月には計約9200台で利用できる予定となっている。

 本サービスには、タクシー無線グループ各社のシステムと柔軟に連携できるプラットフォームとして、マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure」を採用。これによりGPSを基に指定する迎車の位置情報、タクシーのGPS動態情報のリアルタイムな収集・活用を可能とし、サービスに参加しているタクシー無線グループからの迅速な配車に対応するという。

 同社は今後も東京ハイヤー・タクシー協会と連携を図り、利便性の高いサービス提供や業界の活性化に貢献していく予定だ。

photo
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.