調査リポート
» 2014年01月29日 11時40分 UPDATE

ケータイユーザーの6割が「スマホにはしない」――IMJ調べ

IMJは、ガラケー/スマートフォンに関する調査をまとめた「Digital Marketing Data Book 2014」を発表。年齢別に再集計し、未発表データも加わっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アイ・エム・ジェイ(IMJ)は1月28日、フィーチャーフォン(ガラパゴスケータイ:ガラケー)、スマートフォンの利用実態に関する調査をまとめた「Digital Marketing Data Book 2014」を発表した。

photo ガラケー(フィーチャーフォン)ユーザーの買い換え意向

 Digital Marketing Data Book 2014は、2013年に発表した「モバイル端末の保有動向に関する調査」「ガラケーユーザーの利用実態調査」「シニア世代のスマートフォン利用に関する実態調査」を年齢別に再集計したもの。

 さらに未発表の調査データとして「携帯端末利用期間(モバイルサイト閲覧/通話/メール送受信)」「デバイス保有状況」「各デバイスで行っていること」「ガラケー・スマートフォン買い替え意向/買い替え時期の意向」「スマートフォン保有期間、利用時間」「スマートフォン利用のきっかけ」「パケット定額サービス契約状況、1ヵ月の携帯代」も加えている。

photo ガラケーを使い続ける理由

 モバイル端末の保有動向に関する調査では「今後もガラケーを使い続けるガラケーユーザー」は約6割。ガラケーユーザーの利用実態調査では、使い続ける理由として「月額支払総額が上がるのが嫌」という回答が第1位となった。またシニア世代のスマートフォン利用に関する実態調査では、4割のユーザーが「使いこなせている」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.