調査リポート
» 2014年03月07日 07時00分 UPDATE

今回もソフトバンクが最速を記録――MMDの47都道府県340カ所スマホ通信速度調査

MMD研究所が、各キャリアのiPhone 5sとAndroid端末で47都道府県340カ所の通信速度調査を実施。12月の主要7都市の通信速度調査と同じく、両端末ともソフトバンクが最速となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、3月6日に「2014年3月iPhone、Android 47都道府県340箇所通信速度調査」の結果を発表した。調査地点は47都道府県の主要都市340カ所で、期間は2月18日〜3月1日。計測は「RBB TODAY SPEED TEST」アプリで行い、端末には各キャリアのiPhone 5s、NTTドコモの「Xperia Z1 f SO-02F」、KDDI(au)の「isai LGL22」、ソフトバンクモバイルの「AQUOS PHONE Xx 302SH」を使用した。

Photo iPhone 5sと各Android端末による47都道府県340カ所の通信速度調査結果

 調査結果によると、iPhone 5sの下り平均速度はソフトバンクが27.59Mbpsでトップ。ドコモは23.55Mbps、auは20.79Mbpsとなった。Android端末に関しては、ソフトバンクが27.80Mbps、ドコモが27.55Mbps、auが22.67Mbpsと、iPhone 5sほどの開きが見られなかった。

Photo iPhone 5sにおける下り平均速度別の調査スポット分布

 iPhone 5sに関して、全調査スポットにおける下り平均速度の結果を10Mbpsごとに6段階に区分けしたところ、20Mbps以上出ていたのはソフトバンクが最も多く246カ所(72.4%)。次いでドコモの175カ所(51.5%)、auの161カ所(47.4%)となった。キャリアごとの分布では、ドコモとauは「10Mbps以上20Mbps未満」の調査スポットが最多で、いずれも138カ所(40.6%)だった。ソフトバンクは「20Mbps以上30Mbps未満」が最多で33.8%だった。

Photo Android端末における下り平均速度別の調査スポット分布

 Android端末における通信速度の分布を見ると、20Mbps以上の下り平均速度が出た調査スポット数は、ソフトバンクが最多で244カ所(71.8%)。ドコモが218カ所(64.1%)、auが170カ所(50.0%)と続く。キャリアごとの分布でiPhone 5sとの違いが出たのはドコモで、20Mbps以上の割合がiPhone 5sと比べて10%以上高くなり、なおかつ50Mbps以上の割合が3キャリア中で最も高い7.9%となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.