ニュース
» 2014年04月04日 21時59分 UPDATE

「LINE電話の端末・番号確認プロセスを強化」――LINEが公式ブログで段階的な対策実施を表明

電話番号が偽装できると指摘されている「LINE電話」について、LINEが公式ブログで対応策を段階的に実施することを表明した。まずは、「端末・電話番号確認プロセス」を強化する。

[村上万純,ITmedia]

 LINEは4月4日、公式ブログで「LINE電話」における端末と電話番号の確認プロセスを強化することを発表した。これはLINE電話で電話番号が偽装できると指摘されている問題への防止策の一環で、LINE広報は「今回公開したのは、第三者が利用者本人に気づかれずに認証済み電話番号を登録してLINE電話を利用することや、解約した番号でもLINE電話が利用できる問題に対する防止策で、ユーザーの安全性を担保するための試みは今後も段階的に実施していきます」とコメントした。

 まずは、4月中をめどに「LINE」アプリのアップデートを行い、下記の確認プロセスを追加適用する。

  • 端末のSIM情報の確認
  • ネットワーク接続状況の確認
  • 不正使用検知アルゴリズムによる確認

 このプロセスのいずれかが確認できない場合は、電話番号を利用した再認証を行い、認証されない場合は同アカウントからのLINE電話の発信は全て非通知として扱われる。また、確認方法や内容の詳細については「セキュリティの問題上、公表することはできません」(LINE広報)ということだった。

 新バージョンのアプリを公開後に現行バージョンでLINE電話を利用しても、全て非通知で表示される。バージョンアップの際は、再度電話番号認証が必要だ。

関連キーワード

公式ブログ | 認証 | 番号通知 | LINE


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.