ニュース
» 2014年04月24日 10時29分 UPDATE

一言ニュース:「格安スマホという言葉はあまり好きではない」――フリービット石田社長

「フリービット」とは「あなたを少しだけ自由にする」という意味だそうです。

[田中聡,ITmedia]

 端末代、通信費、基本料金をあわせて月額2000円(税別)で利用できるフリービットの通信サービス「freebit mobile」。「格安」という言葉が真っ先に浮かんできそうだが、代表取締役社長CEOの石田宏樹氏は「格安スマホという言葉はあまり好きではない」と話す。むしろ「グローバルスタンダードからすると、適正価格だと考えている」と言う。

 フリービットが目指すのは、自分のライフスタイルに合った“ちょうどよいスマホ”だ。

 もちろん料金を安くしたいという思いもある。「3GからLTEになって料金が上がって、約6割の人が料金に対して不満を抱いている。そういった市場はなかなかない状態だと思う。フリービットとは"free you a bit"のことで、『あなたを少しだけ自由にする』という意味を込めた。余ったお金でもっと楽しいことをしてほしい」

photophoto フリービットの石田社長(写真=左)。6割以上のユーザーが、携帯電話を手放せないと回答している(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう