ニュース
» 2014年05月21日 15時23分 UPDATE

離れた場所からの自撮りもキレイに:加賀ハイテック、iOS機器向けのBluetoothシャッターリモコン

自分のスマートフォンで自分を写す「自撮り」で困ったことはないだろうか? 自分の手で持って写すから、どうしても近距離からしか写せない。加賀ハイテックはちょっとした工夫で自撮りの自由度を広げる機器を発売する。

[ITmedia]

 加賀ハイテックはiOS機器向けのBluetooth接続リモコンの新製品「TAXAN MéoSnap Pachil」(ミーオスナップパチる)を発表した。iOS機器とのペアリングを済ませれば、内蔵カメラのシャッターボタンとして使える。最大30メートル離れた場所からでも使用可能。2014年5月28日から出荷開始の予定。価格はオープンで、想定実売価格は1980円(税込)となる予定。

hs_TAXAN_MeoSnap_Pachil_1.jpg TAXAN MéoSnap Pachil。ピンク(左)とブルー(右)の2種類を用意する。丸く、白い部分は外せるようになっており、ボタンが付いている。ヒモでつながった先にある小さな棒は、ヘッドフォン端子に挿してスマートフォンと一緒に持ち歩くために使う

 本体下半分にある白くて丸い部分が外せるようになっており、この部分がリモコンのボタンとなる。残りの色が付いた部分は下の写真のようにiOS機器の固定に使う。

hs_TAXAN_MeoSnap_Pachil_2.jpg TAXAN MéoSnap Pachilを使う準備を整えたところ

 リモコン本体の外形寸法は31(幅)×11(高さ)×34(奥行き)ミリ。重量は約8.5グラム(電池抜き)。スタンドの外形寸法は42(幅)×11(高さ)×61(奥行き)ミリ。重量は9グラム。対応する機器はBluetooth 4.0対応でiOS 7.0が入っているもの。具体的にはiPhone 4s/5/5c/5s、iPad(第3世代、第4世代)、iPad Air、iPad mini、iPod touch(第5世代)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.