ニュース
» 2014年09月24日 11時29分 UPDATE

KDDI、曲面ディスプレイ搭載の「GALAXY Note Edge」を10月下旬以降に発売

KDDIは、エッジスクリーンと呼ばれる曲面ディスプレイを搭載したサムスン電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY Note Edge SCL24」を、10月下旬以降に発売する。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは9月24日、曲面ディスプレイを搭載したサムスン電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY Note Edge SCL24」を発表した。10月下旬以降に発売する。

photophoto 「GALAXY Note Edge SCL24」。カラーはチャコールブラックとフロストホワイト

 GALAXY Note Edgeのディスプレイは5.6型スーパー有機EL(Super AMOLED)で、右側のエッジ部分(側面)がカーブを描いているのが大きな特徴。この幅160ピクセル分の領域を“エッジスクリーン”と呼び、よく使うアプリを表示させたり、新着メールや予定の通知を表示させたりできる。au向けのSCL24では、SMSやキャリアメールの受信をアニメーション通知する機能を備えた。

 またGALAXY NoteシリーズでおなじみのS Penを活用した機能も進化。PCのマウスのように、ドラッグアンドドロップでファイルを選択したり、Webブラウザのスクリーンショットをほかのアプリに貼り付けたりといった操作が可能になった。また大画面を生かしたマルチウィンドウも利用できる。

 カメラは1600万画素で、光学手ブレ補正にも対応。インカメラはF1.9の明るい撮影ができる370万画素で、120度の広い範囲を撮影できるなど自分撮り機能を充実させた。そのほか、おサイフケータイやフルセグ/ワンセグも利用できる。通信面ではキャリアアグリゲーション(CA)とWiMAX 2+にも対応した。

 auのGALAXY Note Edgeは、9月25日よりKDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)、au NAGOYA(名古屋・栄)、au OSAKA(大阪・梅田)、au FUKUOKA(福岡・天神)で先行展示される。また発売に合わせて、サムスン製のスマートウォッチ「Gear S」などのGALAXY向けアクセサリーがau+1 collectionから販売される。

「GALAXY Note Edge SCL24」の主な仕様
機種名 GALAXY Note Edge SCL24
メーカー Samsung Electronics
OS Android 4.4
プロセッサ 2.7GHzクアッドコアプロセッサ
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.6型クアッドHD 有機EL
解像度 2560×1440ピクセル+160ピクセル
連続通話時間 約1300分
連続待受時間 LTE:約440時間、3G:約470時間
バッテリー容量 3000mAh
メインカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約370万画素CMOS
ボディカラー チャコールブラック、フロストホワイト
サイズ 約82(幅)×151(高さ)×8.5(奥行き)ミリ
重量 約177グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.