ニュース
» 2014年10月20日 17時17分 UPDATE

ドコモ、「GALAXY Note Edge」と3G対応「Gear S」を10月23日に発売

ドコモは、サムスン製の「GALAXY Note Edge」(Charcoal Black)を10月23日に発売する。同時に、3G通信に対応したウェアラブル端末「Gear S」の販売も開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは10月20日、サムスン電子製スマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」のCharcoal Blackを10月23日に発売すると発表した。残るFrost Whiteは11月中旬の発売を予定している。

photo 「GALAXY Note Edge SC-01G」のCharcoal Black

 GALAXY Note Edgeは、5.6型の曲面有機ELディスプレイ(Super AMOLED)を搭載した世界初のAndroidスマートフォン。“エッジスクリーン”と呼ばれる曲面部分には、アプリのアイコンや、メール・通話の着信通知を表示できる。またカメラや動画プレーヤーの操作部をエッジスクリーンに表示することで、ディスプレイをより広く活用できる。

photo もう1色のFrost Whiteは11月中旬の発売を予定

 GALAXY NoteシリーズでおなじみのS Penも進化し、より手書きに近い書き心地を再現。マルチウィンドウ機能やマルチタスク機能も拡充し、S PenをPCマウスのように操作できるなど、使い勝手も向上させた。

 有効約1600万画素CMOSのメインカメラに加え、“自分撮り”を快適に行えるよう、インカメラには有効約370万画素と高解像度のCMOSを採用した。特にインカメラはF1.9と明るいレンズを備え、120度と広い範囲を撮影できるウルトラワイドショットも機能も備えた。

photo 「Gear S」

 ドコモではGALAXY Note Edgeの発売にあわせて、カバーを閉じてもエッジスクリーンの情報が確認できる専用のソフトカバーケース「GALAXY Note Edge Flip Wallet」と、GALAXYシリーズと連携する腕時計型のウェアラブル端末「Gear S」を、公式アクセサリーブランドのdocomo selectで販売する。ドコモが販売するGear Sは3G通信に対応し、単体での音声通話やデータ通信が行える(使い始めるには対応するGALAXYシリーズとの連携が必要)。


「GALAXY Note Edge SC-01G」の主な仕様
機種名 GALAXY Note Edge SC-01G
メーカー サムスン電子
OS Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 805(APQ8084)/2.7GHz(クアッドコア)+MDM9225
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.6型QHD+ スーパーAMOLED(有機EL)
解像度 2560×1440ピクセル+160ピクセル
連続通話時間 LTE:約1110分、3G:約1020分、GSM:約700分
連続待受時間 LTE:約430時間、3G:約470時間、GSM:約400時間
バッテリー容量 3000mAh
メインカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約370万画素CMOS
ボディカラー Charcoal Black、Frost White
サイズ 約82(幅)×151(高さ)×8.5(奥行き)ミリ
重量 約177グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.