ニュース
» 2014年11月27日 11時34分 UPDATE

iPhone 6 PlusユーザーはiPadよりiPhoneでの動画閲覧が圧倒的に長い──Pocket調べ

大画面が特徴のiPhone 6/6 Plusユーザーは先代iPhoneでよりも多く動画コンテンツを視聴し、iPadも持っていてもiPhoneでの視聴の方が圧倒的に多いという調査結果をコンテンツ保存アプリのPocketが発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 iPhone 5/5sから画面のより大きいiPhone 6/6 Plusに買い替えたユーザーは、買い替え前より動画コンテンツの視聴時間が伸びる──。米Pocketが11月26日(現地時間)、このような調査結果を発表した。

 Pocketは、Webコンテンツを「あとで読む」用に動画などのコンテンツを保存できるiOSおよびAndroidアプリ「Pocket」を提供している。今回の調査は、iPhone 5/5sからiPhone 6/6 Plusに移行した、iPadも所有するPocketユーザーを対象とし、これらのユーザーがPocketに保存した動画を含む200万本のコンテンツについて調べた。

 iPhone 5/5sとiPadを併用している段階でのコンテンツ視聴時間の割合は、iPhoneでが55%、iPadでは45%だったが、iPhone 6ではiPhone対iPadが72%対28%に、iPhone 6 PlusではiPhoneが80%、iPadが20%と、圧倒的にiPhoneでの視聴時間の方が長くなっている。

 pocket iPhoneとiPadでのコンテンツ視聴時間割合(資料:Pocket)

 また、コンテンツ視聴回数も伸び、iPhone 6への移行ユーザーは33%、iPhone 6 Plusへの移行ユーザーは65%、Pocketで開くコンテンツが増えたという。

 なお、iPadでPocketコンテンツが最も多く開かれる時間帯は午後9時前後という。自宅でくつろぐ時間帯には最も画面の大きいiPadで動画を視聴するということだろう。

 米調査会社IDCによると、2014年のiPadの出荷台数は、iPadシリーズ発売以来初めて前年を割った。iPhone 6/6 Plusに限らず、大画面のいわゆるファブレットでの動画視聴体験の向上も、タブレット出荷の鈍化の一因といえそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.