ニュース
» 2014年12月16日 20時40分 UPDATE

LINEがモバイル向け送金・決済サービス「LINE Pay」を提供開始

LINEは、モバイル向け送金・決済サービス「LINE Pay」の提供を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 LINEは12月16日、LINEアプリのバージョンを4.8にアップデートし、モバイル向け送金・決済サービス「LINE Pay」機能の提供を開始した。

photo LINE Pay概要

 LINE Payは、キャリアやOSに関係なく、LINEユーザー間の送金や提携サービス、店舗での決済ができるサービス。利用するにはLINE Payアカウントの登録のほか、銀行口座振替(みずほ銀行、三井住友銀行のネットサービスと連携)・コンビニエンスストアの端末・Pay-easyのいずれかの事前チャージ、もしくはクレジットカードでの支払い登録が必要になる。

 送金はLINEの友だちなら相手の銀行口座は不要で、手数料は無料。周辺機能として、LINEのトーク上で支払い要請をする「送金依頼」機能、支払い額と支払うメンバーを指定して割り勘にできる「割り勘」機能などを搭載している。LINE Payでチャージ・送金されたお金は、提携銀行含む日本全国ほぼ全ての金融機関の口座で引き出すことができるという(出金の手数料は税込216円)。

 決済は「LINEウェブストア」上で行い、今後は外部のECサイトを中心に決済対応加盟店を拡大していく方針だ。加盟店手数料は導入から2年間は月間決済額100万円まで0%で利用でき、100万円を超えた分については物販が3.45%、デジタルコンテンツが5.5%になる。

 セキュリティについては、LINE Pay専用パスワードを用意。送金や決済時、別端末でLINE Payにログインする時などは、専用パスワードの入力が求められる。さらに、送金、出金、送金依頼については本人確認書類および銀行口座振替の登録による本人確認を完了してから利用できるようになる。iPhone向けには「Touch ID」による指紋認証でのパスワード照会にも対応する。

photo 本人確認フロー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.