ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手数料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手数料」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モバイル決済の裏側を聞く:
KDDIに聞く「au PAY」戦略 苦境の加盟店に寄り添い、アプリの機能改善も進める
au PAYは、共通ポイントのPontaと連携することで利用シーンの拡大を図っている。コロナ禍で店舗運営が厳しい状況を鑑み、加盟店向けには手数料を2022年9月まで無料としている。au PAYアプリはUIも改善しながら機能強化を進めている。(2022/1/20)

三菱UFJ銀、通帳有料化 4月から年550円
三菱UFJ銀行は1月18日、紙の通帳に手数料を新設することを発表した。4月1日以降に開設する個人、法人口座が対象。年間550円を課す。ただし、18歳未満と70歳以上の個人口座は対象外とする。(2022/1/18)

三菱UFJ、4月から紙通帳発行に手数料、年間550円 ペーパーレス化促進のため
三菱UFJ銀行が、4月1日以降に口座を新設する利用者に対して、紙通帳を発行する場合は年間利用料550円の手数料を設ける。インターネット通帳への移行を促し、取引のペーパーレス化を進める考え。(2022/1/18)

メルカリが商品梱包を代行 店舗に持って行くだけ 手数料は300円
メルロジはが商品の梱包と発送を代行するサービスの実証実験を始めた。2022年3月31日までメルカリステーションで受け付ける。手数料は300円。(2021/12/24)

節約家計簿 高齢者こそネット味方にできれば……
これまではネット取引には割引や特典があるというのが主流だったが、ネット取引がスタンダードになってくると、ネットを使わない取引のほうに手数料がかかってくる社会になる。家計の負担を減らすには高齢者こそネットを味方にする必要がある。(2021/12/16)

一般消費者への影響は「ほとんどない」?
英国AmazonがVisaクレカの取り扱いを停止、理由は「手数料が高過ぎる」
英国のAmazon.co.ukでは2022年1月19日から、英国発行のVisaクレジットカードが利用できなくなる。Visaはこの決定を批判するが、アナリストは「一般消費者への影響は少ない」とみる。その理由は。(2021/12/14)

モバイル決済で店舗改革:
ドコモに聞く「d払い」の店舗向け戦略 カギを握る「決済手数料」と「メルペイ」
NTTドコモのd払いの戦略について、同社ウォレットビジネス部長の田原務氏に話を聞いた。ドコモは9月1日以降に加盟した場合は13カ月間、手数料を無料にする施策を打ち出した。加盟店が急拡大している背景の1つとして、メルペイとの共同展開が挙げられる。(2021/12/9)

リクルートMUFG、手数料0.99%のコード決済「COIN+」 無印にも導入
リクルートと三菱UFJ銀行が共同出資するリクルートMUFGは12月7日、新たなコード決済サービスを発表した。アプリ「エアウォレット」に搭載した決済サービス「COIN+」は、決済手数料0.99%(税抜)を実現しており、コード決済サービスとしては最安となる。(2021/12/8)

シャア専用ズゴック土鍋、プレミアムバンダイで発売
「プレミアムバンダイ」は30日、「土鍋 シャア専用ズゴック」の予約受付を始めると発表した。価格は7480円(税込、送料手数料別)。(2021/11/30)

「残高不足」通知を誤送信 西日本シティ銀行が謝罪、手数料返金へ
「残高不足により引き落としができませんでした」――西日本シティ銀行が、アプリのユーザーに対して誤った通知を送信したと謝罪。通知を受けて入出金などを行ったユーザーには手数料を返金へ。(2021/11/26)

「メルペイスマート払い(定額払い)」で手数料無料キャンペーン
スマホ決済サービス「メルペイ」は、11月15日〜12月14日に指定の対象加盟店で購入した商品を「メルペイスマート払い(定額払い)」で支払うと手数料が最大半年分無料になるキャンペーンを開催する。(2021/11/15)

ふくおかFGは減収増益 十八親和合併で経費削減
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)が10日発表した令和3年9月中間連結決算は、一般企業の売上高にあたる経常収益が前年同期比1.3%減の1396億円、最終利益が同6.4%増の279億円で減収増益だった。金融市場が堅調に推移したことで有価証券の運用益や投資信託の販売手数料が伸びたことに加え、長崎が拠点の十八親和銀行の合併効果による経費削減が増益に寄与した。(2021/11/11)

Meta(旧Facebook)、クリエイター向け“Apple税”回避ツール提供開始
Meta(旧Facebook)は、Facebookページのクリエイター向けに「サブスクリプション」の購読料徴収で“Apple税”を回避するツールの提供を開始した。「Appleの30%手数料はクリエイターの収益化を困難にしてる」とザッカーバーグCEO。(2021/11/4)

新規契約には影響なし:
ドコモがオンラインでの「eSIM(再)発行」を停止中 再開は未定 ドコモショップでの手続きを呼びかけ(手数料無料)
NTTドコモが9月8日から提供している「eSIM」について、ahamo契約者を含む既存ユーザーに対するオンラインでの(再)発行手続きを一時的に休止している。休止中に(再)発行が必要になった場合は、ドコモショップにおいて手数料無料で手続きを受け付ける。(2021/11/2)

PayPay、手数料有料化の影響は「極めて軽微」 加盟店の解約数は全体の0.2%
Zホールディングスは、2021年度第2四半期決算を発表し、その中でキャッシュレス経済サービス「PayPay」の決済手数料有料化による加盟店舗の解約数は全体の0.2%であったと明かした。「影響は極めて軽微」だと説明する。(2021/11/2)

PayPay、手数料有料化後も「解約影響は極めて軽微」
PayPayは10月1日以降、中小加盟店の決済手数料を有料化した。PayPayを解約する加盟店が増えることが懸念されていたが、手数料有料化に伴う解約影響は、加盟店数では0.2%、取扱高は0.1%と「極めて軽微」(Zホールディングス)であることが分かった。(2021/11/2)

SBI証券、単元未満株の買付手数料実質無料に
SBI証券は10月29日、単元未満株の買付手数料を実質無料化すると発表した。売買代金の0.55%(最低55円)を、翌月下旬頃に全額キャッシュバックする。11月1日約定分から適用。(2021/10/29)

LinksMate、10月27日にeSIMサービス開始 手数料無料キャンペーンも
LogicLinksのMVNOサービス「LinksMate」が、10月27日にeSIMサービスを提供開始。これを記念し、12月31日までeSIM新規発行手数料550円(税込み)を無料にするキャンペーンを開催する。(2021/10/28)

決済手数料に悩む加盟店が、逆に決済手数料を受け取れる アララキャッシュレスの逆転の発想
ハウスプリペイドを企業に提供するアララは、新たにコード決済機能の提供もはじめ、店舗は独自Payサービスを実現できる。さらに、来春には非接触決済サービスの「iD」にも対応。このiDは、決済手数料負担に悩む加盟店にとって、逆に決済手数料を受け取れる機会をもたらす。(2021/10/28)

Google、サブスクと書籍・音楽のアプリストア手数料を実質値下げ
GoogleはAndroidアプリストア「Google Playストア」の有料アプリ登録手数料をまた変更する。サブスクリプションベースのアプリの手数料は初年度から15%になる。電子書籍とオンデマンド音楽ストリーミングサービスは最低10%になる。(2021/10/22)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

メルカリ内にネットショップを開ける「メルカリShops」が本格始動 年内は販売手数料無料
個人・法人を問わず全ての事業者が出店できます。(2021/10/7)

B2Cに本格参入:
メルカリ内にネットショップを開設できる「メルカリShops」、全事業者に提供開始 値下げ交渉に応じる必要なし
メルカリ子会社のソウゾウは、事業者向けネットショップ開設支援サービス「メルカリShops」(メルカリショップス)の本格提供を始めた。期間限定で、通常10%の販売手数料を無料にするキャンペーンの実施も併せて発表した。(2021/10/7)

メルカリ内でショップを開ける「メルカリShops」開始 値下げ交渉なしで販売可
メルカリ子会社のソウゾウが、フリマアプリ「メルカリ」内でネットショップを開設できるサービス「メルカリShops」の提供を、全ユーザー向けに始めた。開設は無料で、販売手数料は売上金の10%。個人間取引と違って値下げ交渉に応じる必要がない点が特徴という。(2021/10/7)

マネックス証券、スマホ証券「ferci」利用拡大 単元未満株取引手数料無料化も追い風
 マネックス証券は10月5日、2019年6月にサービス提供を開始した、かんたんスマホ投資「ferci」の利用状況や、資産運用初心者層の利用動向や利用意向についてのレポートを発表した。(2021/10/6)

PayPayの店舗手数料有料化で“加盟店の離脱”は起きない モバイル決済ジャーナリストが予想する理由
PayPayが10月に加盟店のシステム利用手数料を有料化する。先行事例も踏まえると、有料化による加盟店の離脱はそれほど起きないと考えられる。一方、PayPayが手数料を2%弱に設定したことで、競合他社は決済手数料でもうける戦略をとりにくくなるだろう。(2021/10/1)

振込手数料競争勃発、GMOあおぞら、住信SBI銀が追加値下げ 最安は75円に
10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。(2021/9/30)

新生「Microsoft Store」、Amazonに続きEpic Gamesも参加
Microsoftは「Windows 11」で提供開始するアプリストア、新生「Microsoft Store」に、Epic Gamesのストアフロントアプリが登場すると発表。アプリでの決済についてはMicrosoftは手数料を徴収しない。(2021/9/29)

トヨタ正規ディーラーが中古車の個人間売買サービス 面倒な手続きも代行
トヨタの正規ディーラーである横浜トヨペットは、中古車個人間販売サービス「モビリコ」を始めると発表。会員登録や出品は無料で、売買が成立した際に車両価格に応じた販売成約手数料を支払う仕組み。(2021/9/28)

ワイズ、海外送金手数料を最大15%引下げ
 テクノロジー企業のワイズ(英ロンドン)は9月15日、日本からの50以上の国や地域への海外送金時の手数料を、最大15%引き下げたと発表した。(2021/9/16)

Mobile Weekly Top10:
9月のスマホ決済のキャンペーンはどんな感じ?/折りたたみ×防水+おサイフケータイで魅力が増したGalaxy Zシリーズ
スマートフォンを使った決済サービスは、毎月さまざまなキャンペーンを実施することでアクティブ率を高めようとしています。そんな中、トップシェアを誇るPayPayが店舗における手数料を10月から完全に有償とします。これにより、利用できる店舗が減少するのか、それとも……?(2021/9/13)

G-Call SIM、事務手数料無料+2GBプラン3カ月間無料のキャンペーン
ジーエーピーは「G-Call SIM」で加入キャンペーンを開始。契約事務手数料3300円(税込み、以下同)が無料となり、音声通話の2GBプランであれば基本料858円が3カ月間無料に。その他の音声プランも3カ月間858円割引となる。(2021/9/10)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Appleが「App Store」の手数料改正にやっと着手――現状どれだけ“抜かれている”のか、まとめてみた
Appleが、開発者の強い反発を受けてきた課金体系を見直しました。今後のアプリ開発の発展につながるかが期待されます。(2021/9/10)

GMOクリック証券、大口優遇の期間拡大
GMOクリック証券は9月8日、信用取引の手数料を優遇する「VIPプラン」の適用期間を拡大すると発表した。従来、条件を満たした翌日に限り信用取引の手数料を無料としていたが、翌営業日から30営業日に拡大する。9月21日から始める。(2021/9/8)

ファミペイ翌月払い、新制度活用の狙い 公共料金や税金にも対応
ファミリーマートは9月3日、コード決済サービス「FamiPay」の後払いサービス「ファミペイ翌月払い」を9月7日に開始すると発表した。残高がなくても最大10万円まで支払いに使える後払いサービスで、利用額は利用の翌月末に指定した銀行口座から引き落とされる。手数料はかからない。公共料金や税金の支払いにも使えることがFamiPayの特徴であり、翌月払いでもFamiPayボーナスが貯まる。(2021/9/3)

ドコモ、オンラインショップとahamoで「eSIM」を提供 iPhoneも対応
NTTドコモが、9月8日からドコモオンラインショップやahamoサイトで「eSIM」サービスを提供する。あわせて、eSIM対応機種として同日からiPhoneとiPadを追加する。キャンペーンにより、オンラインなら同じ端末に何度発行しても手数料は無料。(2021/9/1)

韓国議会、AppleとGoogleのアプリストア手数料を規制する法案承認
韓国議会は、アプリストア運営企業が開発者に独自決済システムのみ使用するよう強制することを規制する法案を承認した。大統領が署名して法制化されれば、AppleとGoogleは韓国で開発者によるアプリストア外での課金を認めざるを得なくなる。(2021/9/1)

決済手数料有料化のPayPay、黒字化への道筋(前編)
 PayPayは8月19日、これまで無料としてきた「MPM」方式と呼ばれる店舗に印字されたQRコードを掲示してユーザーがスマートフォンアプリで読み取って支払いを行う決済について10月1日以降の手数料を1.60%または1.98%にする。これによって業界がどのように変化し、これによって赤字続きだった同社がいかに「黒字化」を考えているのか、ビジネスモデルの面から考えてみたい。(2021/9/1)

GMOあおぞら銀、振込手数料さらに値下げ86円に スタートアップ企業向け特典も
GMOあおぞら銀行は8月31日、他行宛ての振込手数料をさらに値下げし、個人の場合で86円とすると発表した。これまでの発表の中では、住信SBIネット銀行の88円を抜いて最安値となると見られる。(2021/8/31)

d払いも決済手数料無料キャンペーン 新規対象、22年9月末まで
NTTドコモは8月31日、店頭のQRコードを読み取るMPM方式のd払いの加盟店決済手数料を、無料とするキャンペーンを実施すると発表した。9月1日以降、新規で申し込んだ加盟店を対象に、2022年9月30日までの間、無料とする。(2021/8/31)

d払いの決済手数料を9月から1年間無料に 新規加盟店のみ対象
ドコモが、d払い(コード決済)の決済手数料を2021年9月1日から2022年9月30日まで無料とする。新規で申し込んだ加盟店が対象。QRコードはユーザーが読み取るタイプとなる。(2021/8/31)

海外の動向は?:
キャッシュレス化のカギはクレカ! お店を悩ます「加盟店手数料が高い問題」を考える
日本はキャッシュレス化が遅れている。カギとなるのはクレジットカードだ。ネックとなる“加盟店手数料が高い問題”とは?(2021/8/31)

au PAYも加盟店向け手数料の無料期間を延長 キャッシュレス決済に価格競争
KDDIが、キャッシュレス決済サービス「au PAY」の加盟店向け決済手数料無料キャンペーンを1年間延長し、2022年9月30日まで無料にする。これまで中小の加盟店向けに手数料を無料としていたPayPayが10月から手数料を設けるとして、各社に動きが出始めている。(2021/8/30)

au PAYの決済手数料、無料期間を2022年9月末まで延長
KDDIは加盟店向けに、au PAYの決済手数料を無料とするキャンペーンを、2021年10月1日から2022年9月30日まで実施する。新規だけでなく既存の店舗も対象となる。売り上げ規模の条件も設けていない。(2021/8/30)

石野純也のMobile Eye:
手数料だけでは成り立たないスマホ決済 それでも各社が注力する理由とは?
スマホ決済が転換期を迎えている。PayPayは2022年10月から決済手数料の有料化に踏み切る。対する楽天グループの楽天ペイは、PayPayの有料化に乗じた形で中小店舗に対する手数料を1年間無料化する。KDDIはグループの金融事業との連携を強化する方針を示した。(2021/8/28)

Apple、「News Partner Program」を開始 手数料は15%
日本は対象外だが、ニュースジャーナリズム向けを支援するための新たな取り組み。(2021/8/27)

石川温のスマホ業界新聞:
スマホ決済は「付加価値サービス」に位置づけるのが勝ちか――スマホ決済で生き残るのは4キャリアのみ?
PayPayがコード掲示タイプの加盟店において「決済手数料」を徴収し始めることが大きなニュースとなっている。一部のメディアでは「消耗戦が限界」という論調が見られるが、それだけの理由で手数料の徴収に動いたのだろうか……?(2021/8/27)

楽天ペイ、中小店舗の決済手数料を1年間無料に 楽天ポイントが集客の強みに
楽天ペイメントは、年商10億円以下の新規加盟店を対象に、「楽天ペイ」のコード決済の手数料を、2021年10月1日から2022年9月末まで実質0円とする。楽天の決済サービスで同社が強みに挙げるのが「楽天ポイント」だ。加盟店になることで購買意欲の高いユーザーが来店し、売り上げのアップが期待される。(2021/8/25)

楽天ペイが加盟店向け手数料を実質0円に、期間限定で 有料化控えるPayPayに対抗か
楽天ペイメントが「楽天ペイ」の中小加盟店に設定する手数料を実質0円にするキャンペーンを10月から始める。PayPayが同月から手数料を有料化することを受けた施策とみられる。(2021/8/25)

他社が有料化のタイミングで、決済手数料ゼロにする楽天ペイの狙い
これまで3.24%の決済手数料を堅持してきた楽天ペイが、10月から1年間決済手数料ゼロのキャンペーンに踏み切る。新規登録の年商10億円以下の中小店舗に限り、2022年9月までの1年間、手数料とともに決済金の振り込みも手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンだ。(2021/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。