ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「手数料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手数料」に関する情報が集まったページです。

auカブコム証券・齋藤正勝社長「日本のネット証券は構造を変えるべき」――手数料競争から“資産形成サービス”競争へ
手数料無料化競争の激しいネット証券業界――。auカブコム証券の斎藤正勝社長に単独インタビューを実施し、今後の業界の在り方と戦略を聞いた。聞き手はマネネCEOで経済アナリストの森永康平。(2020/2/20)

スピン経済の歩き方:
楽天の「送料無料」は大丈夫なのか ロジックが微妙
楽天の三木谷社長が強気の姿勢を崩さない。「送料無料」のルールだ。送料が無料になれば顧客満足度が向上するので、売り上げがアップする。売り上げがアップすれば、出店者は配送コストを回収できて、楽天の手数料収入も増える。この「三方良し」の考え方は、微妙で……。(2020/2/4)

メルペイ、セブン銀行ATMからの現金チャージに対応 入金手数料無料
メルペイは、1月28日に全国に設置されている「セブン銀行ATM」からの現金チャージに対応。原則24時間365日、入金手数料無料で現金チャージできるようになる。(2020/1/28)

手数料ゼロ化を準備中 楽天証券の楠社長
「米国では株の手数料はゼロになってしまった。この大きな流れは止められない。我々も準備をしている。売上全体の4分の1が手数料だが、これをいきなりゼロにすると赤字になってしまう。代替策を考えながら準備していく」(2020/1/11)

パソコン工房、分割支払い時の金利手数料が最長36回まで無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」
ユニットコムは、分割支払い時の金利手数料が最長36回まで無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」を開始した。(2020/1/6)

「違反」なのか「違法」なのか:
「カード決済の場合には手数料をいただいております」、本当は違法? 知らなかった意外な事実
居酒屋などで、クレジットカードの決済手数料をお客に請求する店がたまにある。この手数料に関するツイートをきっかけに、「知らなかった」「違法なのでは?」といった反応が起こっている。手数料を請求することは違法なのか? 各カード会社の規約を見てみると……経済産業省にも聞いた。(2019/12/26)

モバイル決済で店舗改革:
決済+ポイントの処理を同時に行える「.pay」 加盟店が導入するメリットは?
決済ソリューション「.pay(ドットペイ)」は、乱立するコード決済サービスの中で、既存のサービスとは異なる目的で開発された。コード決済の機能に加えて、ポイントやクーポンを自社サービスとして提供できる。手数料を抑えられるのもメリットだ。(2019/12/25)

GPSを使用したスマホ向け見守りサービス「まもサーチ」、2020年1月24日に発売
IoTBankは、2020年1月24日にGPSの位置情報を使用したスマホ向け見守りサービス「まもサーチ」を発売。回線契約や事務手数料・解約金を必要とせず、端末を購入してから月額または年額の通信料のみで利用できる。(2019/12/20)

「手数料競争しているつもりはない」信用手数料無料化のauカブコム証券齋藤社長
「手数料競争しているつもりはない」とauカブコム証券の齋藤社長が話した。手数料値下げによって競合に打ち勝つということではなく、SBIホールディングスが「3年以内に無料化」を打ち出したように、無料化は業界全体の潮流だという考えだ。(2019/12/12)

SBI証券がETF手数料無料化 1日信用の手数料も無料化
SBI証券は1月から、国内ETF(97銘柄)と米国ETF(9銘柄)の手数料無料化、および返済期限が当日となる「日計り信用」の手数料を無料化すると発表した。マネックス証券が米国ETF9銘柄の買付手数料を無料化すると発表したのを受け、すぐに追随した形だ。(2019/12/12)

なぜ今、証券業界で手数料無料化が進むのか?
証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。米証券大手のチャールズ・シュワブは10月1日に手数料撤廃を発表。国内でもSBIホールディングスは10月30日の決算発表にて、傘下の証券会社の取引手数料を今後3年でゼロにする構想を打ち出した。(2019/12/12)

マネックスが米ETF 9種類の手数料を無料化 ドル為替手数料無料も無期限化
マネックス証券は12月10日、バンガードやウィズダムツリーなどの米国ETFの買付手数料を1月2日から全額キャッシュバックすると発表した。対象とするETFは下記の通りで、全世界株式連動のETFや、米国株式指標のS&P500に連動するETFなどを含んでいる。(2019/12/10)

松井証券に続き、SBI証券が50万円まで取引手数料無料に
SBI証券が松井証券に追随し、1日の約定代金50万円まで手数料を無料とする。12月23日から。現物取引のほか、信用取引も対象とする。(2019/12/9)

LINE Payが銀行口座振込に対応 手数料は1回176円(税込)
LINE Payは、12月9日にモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の送金機能拡充を実施。「LINE Pay残高」が法人・個人の銀行口座へ振込できるようになった。(2019/12/9)

松井証券が1日50万円までの株式取引手数料を無料に 東証銘柄9割が無料で取引可能
松井証券は12月23日から、1日50万円までの株式取引手数料を無償化すると発表した。従来、1日10万円までの手数料が無料だったが、上限金額を引き上げる。これによって、東証上場株式の9割以上が手数料無料で取引できるとしている。(2019/12/9)

三菱UFJ銀行が「年1200円」の口座手数料の導入検討 「2020年以降新規に開設した口座」が「2年以上取引のない」場合を対象に
「年1200円」がトレンドワードに。(2019/12/6)

「コンビニでも公共料金が支払える」がローソンにとっておいしくない理由
コンビニで公共料金などが支払える「収納代行サービス」の利用が増えている。利用者だけでなくコンビニにとってもおいしいサービスかと思いきや、ローソンは収納代行手数料の見直しを求めているという。(2019/12/6)

DMM 株 米国株式の売買手数料を完全無料化
DMM.com証券は、12月9日から米国株取引手数料を完全無料化すると発表した。ネット証券大手各社は7月に、いずれも米国株について最低手数料を廃止したものの、手数料として約定金額の0.45%を課している。(2019/12/4)

楽天証券、SBIも投信買付無料化 信用、現物は部分的に無料化
証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。ネット証券トップ2社も、auカブコム証券やマネックス証券などの動きによって、無料化を早めた。(2019/12/4)

株取引、手数料無料化の波 auカブコム、マネックスが信用取引無料に
株式の取引手数料無料化の波が急速にやってきている。先駆けとなったのは、米国証券大手のチャールズ・シュワブが10月1日に手数料撤廃を発表したことだ。SBIホールディングスは10月30日の決算発表にて、傘下の証券会社の取引手数料を今後3年でゼロにする構想を打ち出した。株式の取引にコストがかからない世界は、急速に近づいてきている。(2019/12/3)

月額3480円(税別)でデータ通信し放題 ジーエーピーが「使い放題WiFi」を提供
ジーエーピーは、12月1日からモバイルWi-Fiルーターの「使い放題WiFi」サービスを提供開始する。月額基本料は3480円(税別)で、初月月額料は無料。端末代や契約事務手数料は不要。(2019/11/29)

新規加盟希望者を優遇:
ファミマが50万円の「加盟金」と100万円の「開店準備手数料」を廃止
ファミマが新規契約時に必要となる資金を変更する。50万円の「加盟金」と100万円の「開店準備手数料」を廃止。契約時に必要となる資金は300万円から150万円になる。(2019/11/29)

独禁法視野に巨大ITの監視強化 公取委報告書
 公正取引委員会は31日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業のインターネット通販などに関する取引実態調査の報告書を公表した。出品者から「出品手数料を一方的に変更させられた」との意見が寄せられるなど、中小企業も多い出店者に不利な契約を結ばせている取引形態が浮かび上がった。公取委は「ネット通販業界の慣行改善が目的」とし、独占禁止法の適用も視野に監視を強める考え。(2019/11/1)

「手数料を一方的に値上げ」「検索結果の基準が不透明」 デジタルプラットフォーマーの取引実態、公取委が報告書
公取委が「デジタルプラットフォーマー」の取引慣行の実態を調査した報告書を公開。オンラインモールとアプリストアを運営するデジタルプラットフォーマーと、利用事業者に聞き取り調査した。(2019/10/31)

月額3500円で国内通信が使い放題 エックスモバイルがクラウドSIM対応ルーター「限界突破WiFi」発売
エックスモバイルが10日、スマホ型のモバイルWi-Fiルーター「限界突破WiFi」を発売した。クラウドSIM技術を用いており、SIMカードを差し替えることなく、世界107カ国で通信ができるのが特徴。本体代金や契約手数料は無料で、通信料金は国内の場合が月額3500円(税別)、海外の場合は1日380円からとなる。(2019/10/10)

銀行で進む「脱窓口」 取引手数料引き上げ キャッシュレス新興勢力に焦りも
消費税増税に合わせキャッシュレス決済が対象となるポイント還元制度が始まる中、銀行が現金を扱う窓口取引からの脱却を進めている。(2019/10/8)

銀行で進む「脱窓口」 取引手数料引き上げ、キャッシュレス新興勢力に焦りも
消費税増税に合わせキャッシュレス決済が対象となるポイント還元制度が始まる中、銀行が現金を扱う窓口取引からの脱却を進めている。(2019/10/8)

銀行で進む「脱窓口」、キャッシュレス新興勢力に焦りも 
消費税増税に合わせキャッシュレス決済が対象となるポイント還元制度が始まる中、銀行が現金を扱う窓口取引からの脱却を進めている。銀行にとって人手がかかる昔ながらの窓口業務は大きなコスト要因。窓口で行う入金などの手数料を引き上げることで、利用者の窓口離れを促したい考えだ。(2019/10/7)

LINEモバイル、音声通話SIMの解約手数料を1000円に値下げ “1年縛り”は継続
LINEモバイルが、音声通話SIMの解約手数料を1000円に値下げ。10月1日以降に音声通話SIMの利用を始めたユーザーが対象。12カ月の最低利用期間は継続する。(2019/10/1)

銀行口座に“維持手数料”がかかる!? 森永卓郎が解決策の持論を展開
口座の維持管理コストの一部を預金者から徴収する考えをメガバンクのトップが明らかに。(2019/9/30)

「サブスクリプションビジネスの始め方」を支援 法人/個人不問で
SubscLampは「サブスクをみんなのものに。」をコンセプトに、法人/個人を問わず誰でもサブスクリプションビジネスが始められるWebソリューション。サービス登録料は無料で、費用は決済手数料15%のみ。(2019/9/11)

モバイル決済の裏側を聞く:
キャンペーンは「とことんやる」、手数料は「悪いようにはしない」 PayPay馬場副社長に聞く決済戦略
コード決済の事業者は、ほぼ出そろいつつある。その中でも、圧倒的な資金量と営業力で、後発ながら存在感を見せつけるのがPayPayだ。同社で加盟店開拓を主に担当する、取締役副社長執行役員COO兼営業統括本部長の馬場一氏に、現状の手応えや今後の目標などをうかがった。(2019/9/10)

「メルカリ経済圏は作らない」 決済手数料ではなく信用情報モデルを志向するメルペイ
メルカリのスマホ決済事業子会社メルペイは、グループ内での囲い込みによる経済圏の創出ではなく、ユーザーの信用情報を使ったビジネスを志向している。利用代金を翌月にまとめて支払える「メルペイあと払い」の利用を拡大させ、このサービスを高度化していく戦略だ。(2019/9/4)

モバイル決済で店舗改革:
「その国で最もポピュラーな決済手段を取り入れる」 Squareの決済戦略を聞く
mPOS(モバイルPOS)は決済手数料や初期費用が比較的安いというメリットがあり、中小規模の店舗が導入するのに適している。mPOS提供事業者の中でも古参ともいえるのがSquareだ。Squareで事業者向けサービス担当責任者を務めるアリッサ・ヘンリー氏に、同社の戦略と日本市場への取り組みについて話を聞いた。(2019/9/4)

ユニットコム、分割払い金利手数料が無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」 9月15日まで
ユニットコムは、同社運営各店舗で「ショッピングローン0%金利キャンペーン」を開始した。(2019/9/2)

キャッシュレス決済導入済みの個人店は35.2%、導入しない理由は「現金で十分」「手数料」
MMD研究所は、8月29日に「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾〜個人店編〜」の結果を発表した。キャッシュレス決済を導入している個人店は35.2%、導入サービスは「クレジットカード」「QRコード決済」が多い。(2019/8/29)

iBuyerモデルのすむたすが直販サイト:
リノベマンションの手数料無料販売は中古不動産を活性化できるか?
リノベーションマンションに特化した直販サイト「すむたす直販」がスタート。自社物件だけでなく、リノベーションマンションの再販業者も複数参画し、現在すでに約100物件を掲載している。特徴は、手数料を完全無料としたことだ。(2019/8/22)

モバイル決済で店舗改革:
多彩な決済手段を提供するSBペイメント 決済手数料を上回るキャッシュレス化のメリットとは?
SBペイメントサービスは、実店舗、オンラインでの決済サービスを提供する決済代行会社だ。クレジットカード決済やキャリア決済などに対応し、決済端末を提供している。同社サービスの特徴や、キャッシュレス化のメリットを聞いた。(2019/8/22)

京アニ支援のクラウドファンディング、Makuakeで開始 「支援の方法は1つでも多く用意されているべき」
京アニへの支援金を募るクラウドファンディングが8月19日、「Makuake」で始まった。アニメ産業を支援するNPO法人・ANICが、JAniCAの協力を得て実施。支援金から振込手数料を差し引いた全額を、京アニの口座に振り込む。(2019/8/19)

無料送金アプリ「pring」がセブン銀行ATMでの現金チャージに対応
無料送金アプリ「pring」が、セブン銀行ATMからの現金チャージに対応。全国の「セブン-イレブン」などに設置されている2万5000台以上のセブン銀行ATMから、入金手数料無料でチャージできるようになる。(2019/8/13)

PR:「キャンペーンクイズの正解が3つに」「予定していた旅行も中止」 マネックス証券の中の人たちが語る「手数料引き下げ競争」の裏話が切なかった
投資家たちを騒がせた怒涛の1週間、中の人たちの悲しくもクスッとする素顔に迫ります。(2019/8/9)

小規模サービス業・小売業の7割以上がキャッシュレス決済を導入済み
ラクーンコマースは、7月10日にキャッシュレス決済の導入に関するインターネット調査の結果を発表した。7割以上がキャッシュレス決済を導入しており、導入数が最も多い決済方式はクレジットカードの9割。売上比率は10%未満が約5割と導入効果を特に感じておらず、決済手数料での利益減少や資金繰りに対する不安も多い。(2019/7/11)

マネックス、楽天証券、SBI証券が米株最低手数料いずれも廃止に
これまで最低5ドルかかっていた米国株の取引手数料だが、ネット証券大手3社の競争の結果、各社が廃止に。ただし本質的なコストについては、変わっていない。(2019/7/11)

マネックス、楽天、SBIが米国株の最低取引手数料を「ゼロ」に 競争勃発から1週間足らずで無料にまで下がる
競争ってすごい。(2019/7/10)

競争の結果:
SBI証券が米国株手数料の最低額をゼロに
SBI証券、マネックス証券、楽天証券の競争の結果、これまで横並びで5ドルだった米国株の最低取引手数料が大きく引き下がった。SBI証券は、最低額がゼロ。2.22ドル未満の取引では手数料がかからない。(2019/7/9)

マネックスが楽天証券に追随 米国株最低手数料を1セントに
米国株取引手数料の引き下げが相次いでいる。手数料率自体は、取引額の0.45%から変わらないが、最低手数料が大きく下がった。マネックスが値下げの先陣を切り、楽天証券がそれを上回る値下げ。マネックスも追随したかっこうだ。(2019/7/8)

楽天証券、米国株手数料を最低1セントに マネックスを下回る
ネット証券各社の米国株手数料競争が激化している。最低取引手数料をマネックス証券が0.1ドルに引き下げた直後、楽天証券は0.01ドル(=1セント)まで引き下げた。小規模の米国株取引を手数料負けせずに行えるようになってきた。(2019/7/8)

米国株の取引手数料で値下げ合戦 マネックス「0.1ドル」発表、翌日に楽天証券「0.01ドル」
米国株取引のハードルが下がりそうです。(2019/7/5)

マネックス証券が米国株の最低手数料を0.1ドルに 少額売買のコスト改善
これまで最低5ドルだった米国株の取引手数料をマネックス証券が引き下げる。少額の米国株売買でも、手数料負けしない形に。(2019/7/4)

消費者庁、LINEモバイルに行政処分 「エントリーパッケージで登録手数料不要」は不当表示
消費者庁がLINEモバイルに措置命令。「エントリーパッケージ」についてのWebサイトの記載に景品表示法違反(優良誤認)があったため。(2019/7/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。