ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手数料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手数料」に関する情報が集まったページです。

楽天モバイル解除料の請求対象、「利用意思のない回線」→「利用実態のない回線」に変更
楽天モバイルは契約解除料(解約事務手数料)の請求対象を「利用意思がないと認められる回線」から「利用実態のない回線」に変更。同社が2月24日、文言の変更を案内。初期契約解除や譲渡・承継などの「やむを得ない事情」がある場合は、請求の対象にはならないとのこと。(2024/2/29)

ゆうちょ銀が「ことら送金」に対応 手数料無料で銀行間送金
ゆうちょ銀行は、手数料無料で銀行間送金を行える「ことら送金」に、2月21日から対応した。(2024/2/22)

スマホ料金プランの選び方:
Y!mobileのお得な申し込み方法を解説 3つのオンラインストアはどこがお得?
Y!mobileが人気の要因の1つに、豪華なオンライン限定キャンペーンが挙げられます。オンラインストアなら事務手数料がかかりません。ただしオンラインストアが複数あるので、どれを選ぶべきかを解説します。(2024/2/5)

mineoが「ファン∞とく」で長期利用特典を復活 手数料無料や端末代金割引など
オプテージが1月30日、MVNOサービス「mineo」にて、利用者特典制度の「ファン∞とく」のリニューアルを発表。2月28日からは、契約年数に応じて特典を提供する。契約人数に応じて、1回線ごとに「mineoコイン」を自動付与し、コインはオプション料金割引や端末代金割引などと交換できる。(2024/1/30)

楽天モバイル、利用意思がない回線に契約解除料を請求 2月21日から
楽天モバイルは、2月21日から利用意思がないと認められる回線への契約解除料(解約事務手数料)の請求を開始。金額は1078円(税込み)で、通常の利用方法であれば発生しないとしている。(2024/1/29)

楽天モバイル、利用する意志がないのに契約した人に“契約解除料”請求へ 「当社が客観的合理的に判断」
楽天モバイルは29日、利用する意志がなかったと認められるユーザーが1年以内に解約する場合、「契約解除料」(解約事務手数料)を請求すると発表した。2月21日から。(2024/1/29)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第1回】
「返品手数料は無料」はもう終わり? 英国アパレル企業の動きが示すものとは
英国のアパレル企業が相次いで消費者からの返品に手数料を請求する動きを見せている。その背景にはどのような問題があるのか。(2024/1/22)

モバイル決済の裏側を聞く:
スマホから“手数料無料”で口座のお金を移動 「エアウォレット」の仕組みと決済戦略に迫る
送金アプリ「エアウォレット」は、リクルートと三菱UFJ銀行のジョイントベンチャーである「リクルートMUFGビジネス」が提供している。手数料無料で金融機関のお金を移動できるのが特徴だ。ためたお金は決済ブランド「COIN+」による決済も可能だ。(2024/1/19)

楽天カード、海外利用時の手数料を改定 全ブランド2.20%に引き上げ
楽天カード社は1月18日、楽天カードの海外利用時に発生する手数料を値上げすると発表した。VisaとMastercard、JCB、American Expressの手数料を一律2.20%に改定する。(2024/1/18)

5000円以下なら「販売手数料ゼロ」に Yahoo!フリマ(旧PayPayフリマ)が3月末まで
LINEヤフーのフリマアプリ「Yahoo!フリマ」(旧PayPayフリマ)で、販売価格が5000円以下の商品の販売手数料を無料にするキャンペーンを開催する。期間は1月16日から3月31日まで。(2024/1/9)

JALが予約航空券の変更、払い戻しに手数料無しで対応 羽田空港での事故を受けて
3月31日までの便が対象。(2024/1/3)

楽天モバイル、災害支援措置でSIMカード再発行手数料の無料化や支払い期限の延長など
楽天モバイルは1月2日、1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、SIMカード再発行の手数料無料化、各種受付手続きの緩和(本人確認書類の提示不要)、料金支払い期限の延長を発表した。(2024/1/2)

ドコモ、災害支援措置で「ドコモ光」「ドコモでんき」など無料化 モバイルバッテリーの無償提供やスマホ修理代金無料化も
NTTドコモは1月2日、1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、対象地域で契約中の固定回線サービス「ドコモ光」や電力サービス「ドコモでんき」の基本料金などを無料化すると発表した。スマホ付属品の無償提供や修理代金の無料化・一部減額、一部手数料の無料化も行うとしている。(2024/1/2)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:借り入れやファクタリングに頼らない、クレジットカードを使った資金繰り改善策
企業にとって事業継続上の大きな課題となる資金繰り。金融機関からの借り入れやファクタリングといった対策もあるが、調達期間や手数料が問題となるケースも多い。そこで注目したいのが、クレジットカードを使った新たなアプローチだ。(2023/12/21)

AEON Payで個人間送金が可能に ユーザー同士なら手数料無料
コード決済サービス「AEON Pay」で個人間送金機能が利用可能になった。AEON Pay利用者同士であれば送金手数料は無料で、送金方法は電話番号、リンク(メッセージアプリなどで送付)、QRコード、過去の送金履歴の4つから選べる。(2023/12/7)

楽天証券も米ドル/円の為替手数料を無料化 4日から
楽天証券は、外国為替(リアルタイム為替)取引での米ドル/円の為替手数料を無料にすると発表した。(2023/12/1)

SBI証券、米ドル/円の為替手数料を無料に 12月1日から
SBI証券は、外国為替(リアルタイム為替)取引における米ドル/円の為替手数料を無料にすると発表した。(2023/11/30)

為替手数料でも楽天とSBIが火花 SBI証券はついにゼロ円に
SBI証券は「ゼロ革命」と称して、金融商品の手数料を次々と無料化している。11月30日、その第3弾として米ドルと円の為替手数料を12月1日から無料化すると発表した。(2023/11/30)

三井住友銀行、ゆうちょ銀行ATMの手数料改定 2024年4月から110円増額
三井住友銀行は、2024年4月1日以降に三井住友銀行のキャッシュカード利用者がゆうちょ銀行ATMを利用した際の手数料を改定。時間内、時間外それぞれで110円増額する。(2023/11/27)

三井住友銀行、ゆうちょ銀行ATMの手数料を値上げへ 4月1日から+110円に
三井住友銀行は、同行のキャッシュカード利用者がゆうちょ銀行ATMを利用した際の手数料を値上げすると発表した。現状の料金から110円上がる。(2023/11/24)

楽天モバイルが「SIMカード」の交換/再発行に3300円の手数料を再設定 12月13日から(eSIMは引き続き無料)
楽天モバイルが、物理的なSIMカードに対する交換/再発行手数料を再設定することになった。12月13日以降の手続きが対象だが、eSIMの交換/再発行については引き続き無料とする。(2023/11/23)

NTTドコモ、ワンナンバー登録手数料を無料に 11月20日3時以降
NTTドコモが、「ワンナンバーサービス」の登録手続きにかかる手数料を無料にする。「ユーザーの利便性向上」が理由だという。ワンナンバーサービスは、1つの電話番号を携帯電話とスマートウォッチで共有できる。(2023/11/8)

WAONが「カードキャプターさくら」の描き下ろしカードを期間限定発行 Apple Payで利用
イオンは、電子マネー「WAON」とテレビアニメ「カードキャプターさくら」とのコラボレーションカードをApplePayのWAONで発行。描き下ろしカードを2種提供し、2024年1月25日まで手数料無料で発行できる。(2023/10/27)

ドコモが電話手続き時の事務手数料を改定 12月から3850円均一に
NTTドコモが運営する各種コールセンターにおいて、有料となる手続きにかかる「事務手数料」が3850円に統一される。ドコモショップを含む店舗での対応とそろえる格好だが、無料の手続きは一部を除いて引き続き無料で対応する。(2023/10/26)

ドコモ、コールセンターの手数料値上げ 新規契約0円→3850円など 店頭と同額に
ドコモがコールセンターでの各種手続きの事務手数料を12月1日から値上げ。(2023/10/26)

SBI証券、米国株も手数料無料化 新NISA口座で
SBI証券は9月22日、2024年から始まる新NISA口座において、米国株式および海外ETFの売買手数料を無料化すると発表した。(2023/9/22)

NEWS Weekly Top10:
PayPayチャージ手数料「全て有料化」と誤解も…… 「まとめて支払い」2回目以降だけ
PayPayのチャージ手数料に関する記事が話題になった。9月1日以降、月々の携帯料金と合算できる「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を使ったPayPayチャージで、毎月2回目から2.5%の手数料が発生するようになった。(2023/9/11)

オリコがQRコード決済を開始 Apple製品の正規販売店「C smart」で利用可能
オリエントコーポレーションは、コスモネットと提携したデジタルカード「C smart Card」を発行開始。Apple製品の正規販売店「C smart」で分割手数料無料などの特典を受けられる。(2023/9/11)

真っ向勝負か、戦いを避けるか:
株の売買手数料、ついに「無料」時代へ 最大手SBI証券「ゼロ革命」で揺れる各社
ネット証券首位のSBI証券と第2位の楽天証券は、10月以降、いずれも国内株式取引の手数料を完全無料化する。その背景には何があるのか、無料化後何が起きるのかを探っていこう。(2023/9/6)

PayPay「まとめて支払い」チャージ手数料課金きょうから 月2回目以降2.5%
PayPayに「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」からチャージした場合の手数料が9月1日から有料化。(2023/9/1)

Epic Games、PCゲームで“プラットフォーム税ゼロ”施策 独占販売を強化か
米Epic Gamesが、PCゲーム販売プラットフォーム「Epic Games Store」で、販売手数料を条件付きで0%にする施策を始めると発表した。これまでは売上の12%を手数料として取っていたところ、条件を満たすゲームについては全額が販売者に入るようにする。現地時間10月16日に開始する予定。(2023/8/24)

メルカード新規入会や買い物で最大1万1000円分還元キャンペーン
メルペイは、8月16日に「メルカリご利用特典の初回特典(メルカード新規入会キャンペーン)」を実施。メルカリの買い物やメルカードを使った支払い、メルカリの手数料が実質最大半額になる。(2023/8/16)

なぜ? 日本のキャッシュレス決済手数料が高い理由
諸悪の根源のように言われることの多いキャッシュレス決済の手数料だが、デビットカードの取り扱いに手数料率の制限がある米国や、それに加えてクレジットカードでも同様の制限のある欧州などに比べ、日本のカード決済手数料は全体に高いとされている。それは一体なぜか?(2023/8/3)

新規加盟店向け「d払い」手数料無料キャンペーン第3弾、2024年3月31日まで
NTTドコモは、8月1日から「『d払い』をはじめる街のお店を応援!手数料無料キャンペーン第3弾」を開催。「d払い(コード決済)」へ新規で加盟店申込した店舗を対象に、d払い(コード決済)の決済手数料を無料とする。(2023/7/31)

App Store以外のアプリストアが認められても効果なし? 「サイドローディング」議論の行方
デジタル市場競争会議にて、サードパーティーのアプリストアの解放について議論されています。その主な論点となっているのがApple税ともいわれる30%ほどの手数料です。App Storeの審査基準も透明性がなく、手数料と合わせてイノベーションを阻害しているというのがデジタル市場競争会議の意見です。(2023/7/28)

PayPay、「ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い」オートチャージ設定を8月下旬に解除 手数料条件変更に伴い
PayPayは、8月28〜29日に「ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い」のオートチャージ設定を解除。9月1日以降の手数料条件の変更に伴い、ユーザーの意図しないオートチャージによる手数料発生を防ぐために行う。(2023/7/12)

Payments Dive:
A2A決済とは 手数料高騰のクレカ払いから加盟店を救うか
クレジットカード決済の手数料高騰に悩む加盟店は多い。「A2A決済」は加盟店の悩みを解消する手立てとなるだろうか。(2023/7/12)

PayPay「まとめて支払い」手数料前にオートチャージ解除 誤チャージ防止
PayPayは「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」で、手数料を上乗せする直前にオートチャージ設定を強制解除する。(2023/7/10)

ドコモが「OCN モバイル ONE エントリーパッケージ」の返金を案内
NTTドコモはOCN モバイル ONEの公式Webサイトで、「OCN モバイル ONE エントリーパッケージ」の返金処理について案内している。ドコモの小容量帯の新料金プラン「irumo(イルモ)」の提供と、OCN モバイル ONEの新規受付停止に伴う措置だ。本パッケージは、パッケージ内に記載されているエントリーコードを使用してOCN モバイル ONEのサービスに申し込むと、初期手数料の3300円(税込み)が無料になる商品だ。(2023/7/7)

MNPワンストップ方式で移行したい携帯キャリア1位は? MMDが調査
MMD研究所が、6月30日に「MNPワンストップ方式に関する調査」の結果を発表。認知度は13.9%で、従来方式の契約では「MNP予約番号の発行が面倒」「手数料がかかった」などに不満が集まっている。(2023/6/30)

PayPayは「汗をかかずにもうかるシステム」か? コード決済の手数料がTwitterで物議に
ある店舗が掲載したと思われるポップを撮影したツイートが話題になっている。「PayPayの2022年度決算取扱高が10兆円と聞いて(PayPayの取り扱いを)やめました」などと記載があり、決済システムの手数料について議論が巻き起こっている。(2023/6/29)

ドコモが「請求書」などの発行手数料を値上げ 11月請求分から一律220円に 現在無料のケースは引き続き無料
NTTドコモが、現在55〜165円としている郵送による請求書類の「発行手数料」を11月請求分から220円に値上げする。一方で、現在無料で発行しているケースについては、引き続き無料発行を続ける。(2023/6/22)

ラクマ、販売手数料を6.6%→10%に引き上げ ただし条件次第で4.5%も可能に
「楽天ラクマ」が販売手数料を8月1日から改定する。これまで販売代金の6.6%(税込)が手数料として発生していたが、8月1日以降は変動性に移行。基本的に10%に設定し、条件次第で最低4.5%に抑えることも可能となる。(2023/6/15)

PayPayの「ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い」チャージ手数料発生は9月1日からに
PayPayは、9月1日から「ソフトバンク/ワイモバイルまとめて支払い」のチャージ手数料を変更。2回目以降のチャージには2.5%(税込み)の手数料が発生する。(2023/6/15)

PayPayの携帯料金合算チャージ、「手数料2.5%上乗せ」を延期
PayPayは、8月1日から実施予定だった「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」によるチャージ手数料について、9月1日からに延期する。毎月初回のチャージは無料なものの、2回目以降のチャージでは2.5%の手数料が発生する。(2023/6/14)

Amazon、スマホ購入+SIM契約で1万円相当の還元や手数料無料など
Amazon.co.jpは、6月2日に「選べるSIM付スマホ」キャンペーンを開始。スマホ購入時に選べるSIM付オプションを選択すると、Amazonギフトカード最大2万円相当還元や事務手数料無料などの特典がもらえる。(2023/6/5)

Supply Chain Dive:
紙の伝票に「手数料加算」 航空輸送業界がデジタル化に“荒療治”
デジタル化が遅れる航空貨物輸送業界。貨物運送状のデジタル化を進めるため、紙の伝票に対して手数料を加算する会社が登場した。約半数の顧客が未だに紙の伝票を利用している中、この“荒療治”は効果を上げるだろうか。(2023/5/22)

スタートアップなら楽天モバイルが半年無料 法人プランでキャンペーン
楽天モバイルが5月17日から、スタートアップ企業向けのキャンペーンを開始した。同社の法人向けである、月額3058円のプランが6カ月間無料になるという。3300円の事務契約手数料も無料だ。(2023/5/17)

楽天モバイル、法人向け「スタートアップ企業応援」開始 月額料金が6カ月間無料に
楽天モバイルは、法人向け携帯キャリアサービス「楽天モバイル法人プラン」で「スタートアップ企業応援」キャンペーンを開始。契約事務手数料や6カ月分の月額料金などが無料になる。(2023/5/17)

機種変更など7月から:
NTTドコモ、店頭対応の手数料を値上げ 一律3850円に KDDI・ソフトバンクも
携帯電話大手のNTTドコモは7月1日から、ドコモショップなど店頭での新規契約や機種変更の各種手続きにかかる事務手数料を値上げすると発表した。物価高や電気料金の高騰に加え、「説明事項の増加などによる店舗運営に関わる各種費用を考慮」したとしている。(2023/5/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。