ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「手数料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手数料」に関する情報が集まったページです。

飲食店を応援するプログラム、クラウドファンディング「READYFOR」が実施 手数料なしで支援募集可能
ALL-IN形式、サービス手数料無料のクラウドファンディングで飲食店をバックアップ。(2021/1/14)

“業界最安と差別化”を両立させたauの「povo」 既存の使い放題セットプランも値下げに
KDDIが、オンライン専用の新料金ブランド「povo」を発表し、auの使い放題プランとUQ mobileの料金プランを刷新する。povoは通話定額をオプション扱いとすることで3キャリアの20GBプランで業界最安値を実現し、追加トッピングで差別化を図る。3ブランド間の乗り換え手数料は全て無料とする。(2021/1/13)

PayPayフリマ、販売手数料を5%に値下げ 10%オフクーポンも配布
フリマアプリ「PayPayフリマ」は、1月20日から商品が購入された際に必要な販売手数料を10%から5%に値下げ。あわせて、全商品で使える10%オフクーポンも配布する。(2021/1/13)

「PayPayフリマ」が手数料値下げ、販売価格の10%→5%に メルカリ・ラクマより安く
ヤフーが、フリマアプリ「PayPayフリマ」の販売手数料を値下げ。これまでは販売価格の10%だったが、5%に引き下げる。(2021/1/13)

PayPayフリマ、販売手数料を5%に値下げ 業界最安に
ヤフーはフリマアプリ「PayPayフリマ」にて、1月20日から販売手数料を5%に引き下げる。これまでは10%だった。1月20日0時以降に購入された商品から対象となる。(2021/1/13)

auとUQ mobile、MNP転出手数料を4月から撤廃
auとUQ mobileから他事業者へ乗り替える際の手数料を4月1日に撤廃する。店頭、オンライン窓口、お客さまセンター窓口の全てが対象。同社は2021年2月以降、auとUQ mobileの移行にかかわる各種手数料も撤廃する予定。(2021/1/12)

KDDI、MNP転出手数料3000円を廃止へ
KDDIが、au、UQ mobileから電話番号はそのままで他社の通信事業者に乗り換える際の手数料(MNP転出手数料)3000円を4月1日に無料化する。(2021/1/12)

横浜銀行、紙の通帳を有料化 2月から1100円に Web通帳の利用を促進
横浜銀行が、紙の通帳の発行を有料化すると発表。2月16日以降に口座を新規開設し、通帳を発行した個人には、1100円の手数料を課す。「Web口座」の利用を促進するための施策。(2021/1/8)

楽天、自動飛行ドローンの配送サービスを開始 三重県・間崎島で1月22日まで
楽天は、1月6日〜22日に自動飛行ドローンの配送サービスを期間限定で提供。対象は三重県志摩市の間崎島で、間崎島の住民は配送手数料500円(税込み)で利用できる。(2021/1/7)

出前館、加盟店向けの配達手数料を値下げ 商品代金の30%→25%に 21年1月から
出前館が、料理の配達を代行する際に加盟店に課す手数料を値下げすると発表。これまでは商品代金の30%受け取っていた、2021年1月1日から25%に変更する。(2020/12/25)

QRコード決済市場規模、1兆8369億円に急伸 24年には10兆円超
矢野経済研究所は12月24日、国内QRコード決済市場の調査結果を発表した。2019年度は、市場が本格的に立ち上がり、加盟店手数料無料化や大型キャンペーン、政府のキャッシュレス還元などの結果、取り扱いベースで1兆8369億円と推計した。(2020/12/24)

「ソフトバンク」「Y!mobile」相互の乗り換え手数料、Webに加えて店頭などでも撤廃 2021年春から
Web限定で「ソフトバンク」「Y!mobile」相互の乗り換え手数料を撤廃する方針を表明していたソフトバンクが、店頭などでも手数料を完全に撤廃することになった。時期は「2021年春」で変更はない。(2020/12/21)

総務省が改正「MNPガイドライン」を公表 手数料無料、引き止め行為の禁止など
総務省が12月18日、改正した「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」を公表した。MNPの手続きにかかる手数料については無料とするが、対面や電話で手続きをする場合は、税別で1000円以下とする。転出元の事業者は、MNPの手続きをするユーザーに対して、一切の引き止め行為を行わないよう規定している。(2020/12/18)

ドコモ、他社への乗り換え手数料を廃止 総務省の指摘受け
NTTドコモが、携帯キャリア乗り換え時の手数料を廃止すると発表した。これまで3000円(税別)だったMy docomoでのオンライン手続き、ドコモショップやコールセンターでの手続きを無料化する。(2020/12/18)

ドコモがMNP手数料を廃止 全チャネルで2021年4月1日から ahamoへの変更は「簡易な手続き」でOKに
総務省のガイドライン改定に先立って、NTTドコモが2021年4月1日からMNPにかかる手数料を撤廃することを発表した。ガイドラインが想定しているWebでの撤廃だけではなく、店頭や電話での手続き時も手数料を取らないこととする。(2020/12/18)

バンダイがチャージ型電子マネー「プレバン Pay」をスタート 特撮やキャラクター好きはお得に使えそう
クレジットカードがなくても決済手数料がかかりません。(2020/12/16)

武田総務大臣、メイン・サブブランド間の手数料撤廃を「一定の成果が現れた」と評価
武田総務大臣が、ソフトバンクとKDDIがサブブランドへの移行手数料の撤廃を発表した件について言及した。総務省は、公正取引委員会と消費者庁と連携して「携帯電話料金の低廉化に向けた二大臣会合」を開催している。これも踏まえて「一定の成果が現れた」と評価した。(2020/12/11)

武田大臣、KDDIなどの乗り換え手数料撤廃を「一定の成果」と評価 NHK受信料引き下げにも注文
武田良太総務相がKDDIとソフトバンクがメインブランドからサブブランドへの乗り換え手数料を撤廃したことに対し、「改善に向けて一定の成果が出た」との見解を示した。(2020/12/11)

auからUQ mobileへの各種手数料も撤廃 2021年2月以降
KDDIと沖縄セルラーは、2021年2月以降、auとUQ mobileの移行にかかわる各種手数料を撤廃する。契約解除料や事務手数料など、最大1万5500円の手数料が無料になる。さらに、auとUQ mobileのブランド移行にかかわる手続きを、料金プラン変更と同様のシンプルな手続きに変更するという。(2020/12/9)

ソフトバンクとKDDI、サブブランドへの乗り換え手数料を0円に 2021年から
KDDIとソフトバンクが、メインブランドとサブブランド間での乗り換え手数料を、2021年に無料化すると発表した。(2020/12/9)

ソフトバンク、Y!mobileへの乗り換え手数料を撤廃 2021年春から
ソフトバンクが、Y!mobileへの乗り換え時に発生する解約金や手数料を、2021年春から撤廃する。現在、ソフトバンクからY!mobileへ乗り換える際には、合計1万5000円の手数料がかかる。オンラインでの手続きならソフトバンクからY!mobileに無料で乗り替えられるようになる。(2020/12/9)

武田大臣、ドコモ「ahamo」の“手数料なし”を評価、接続料の低廉化は「しっかりとサポートしていきたい」
武田良太総務大臣が、12月8日の記者会見で、携帯料金値下げやMVNOを取り巻く動きについて言及した。ドコモのahamoとY!mobile、UQ mobileの違いは「手間と手数料」とコメント。MVNOの接続料低廉化については「しっかりサポートしていきたい」とした。(2020/12/8)

フリマアプリ「ラクマ」、販売手数料を値上げ 3.5%→6%に
楽天が、フリマアプリ「ラクマ」の販売手数料を2021年1月13日に変更する。これまでは商品価格の3.5%だったが、これを6%に引き上げる。(2020/12/1)

石野純也のMobile Eye:
AppleがApp Storeの手数料を“半額”に下げる狙い アプリ開発者に与える影響は?
Appleは、11月19日に「App Store Small Business Program」を発表した。2021年1月から、手数料を引いた分の収益が100万ドル(約1億400万円)に満たない小規模事業者の手数料を15%にする。複数のデベロッパーに話を聞きながら、今後の展開を占った。(2020/11/21)

Apple、小規模事業者のApp Store手数料率を緩和 前年の収益が100万ドル以内ならば半減の15%に
新規事業者にも適用されます。(2020/11/19)

Apple、App Storeの手数料率を15%に 年間収益100万ドル以内の事業者が対象
Appleは、11月18日に「App Store Small Business Program」を発表。年間収益が100万ドル以内の小規模事業者を対象とし、2021年1月1日から手数料率を30%から15%に引き下げる。(2020/11/19)

Apple、新たなデベロッパー向けプログラム「App Store Small Business Program」を発表 手数料率を半分に
App Storeで有料アプリを配布するときの両率を従来の半分である15%に引き下げる。(2020/11/19)

goo Simsellerが「30日間トライアルキャンペーン」を開催 「OPPO A73」や「iPhone」などをSIM付きで実質無料で試せる
NTTレゾナントが、goo Simsellerが販売する端末と「OCN モバイル ONE」のトライアルキャンペーンを実施する。申し込みに事務手数料と1カ月分の月額基本料金のキャッシュバックと、端末の30日間返品保証を組み合わせることで実質30日間サービスを試せる格好だ。(2020/11/18)

石野純也のMobile Eye:
「エリア拡大」「ZERO宣言」でユーザー増も、課題山積の楽天モバイル 有料化までに解消できるか
楽天モバイルの申し込み件数が160万を突破し、徐々にユーザー数が拡大している。自社回線エリアの拡大と各種手数料を無料化した「ZERO宣言」がじわじわと効いている印象だ。エリアについても前倒しで進めているが、不安がゼロになったわけではない。(2020/11/14)

楽天モバイル、MNP転出手数料0円に 本人確認にAIによるeKYC導入
楽天モバイルが携帯電話の契約やMNP転出の手数料の無料化を発表した。本人確認にはAIによるeKYCを導入し、回線の即日開通を実現する。(2020/11/4)

楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃 「eKYC」による本人確認による契約も可能に
楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃した。これにより、契約に伴う各種手数料は原則として廃止されることになる。合わせて、eKYC(電子的方法による本人確認)による新規契約にも対応することになった。(2020/11/4)

楽天モバイル「ZERO宣言」 契約やMNPなど各種手数料を無料に
楽天モバイルは11月4日、契約事務手数料やMNP転出手数料など各種手数料を無料にすると発表した。「ZERO宣言」とうたい、「携帯キャリアの常識をくつがえす取り組み」だとしている。(2020/11/4)

三井住友銀行、コンビニATM手数料値上げ 25日、26日日中は無料に
三井住友銀行は、2021年4月5日からATM手数料を改定する。利用の多い25日、26日はコンビニATM手数料を引き下げて、日中を無料とする。一方で通常日は110円値上げし、平日昼間を220円に、それ以外を330円とする。(2020/11/4)

パブリックコメントを募集:
総務省が「MNPガイドライン」の改定案を公開 転出手数料の原則無料化や引き留め禁止を盛り込む
総務省が「アクション・プラン」で盛り込んでいた、MNP(携帯電話・PHS番号ポータビリティ)制度のガイドライン改定に動き始めた。11月3日から、改定案に対するパブリックコメントを受け付ける。(2020/11/2)

マネックス、取引金額50万円以下は実質無料のキャンペーン
マネックス証券は11月2日から、1日の株式取引金額が50万円以内の場合に手数料を実質無料とするキャンペーンを実施する。手数料体系を11月2日に変更し、1日の取引金額が100万円以下の場合、手数料を500円に引き下げた。今回、50万円以下の場合、毎日500円をキャッシュバックする。(2020/11/2)

高橋社長、auの値下げは「今のところ考えていない」 UQの新プランは「国際水準に遜色ない」
KDDIが10月30日に開催した決算説明会で、高橋誠社長が政府の値下げ要請やマルチブランドの考え方について、あらためて説明した。auブランドでは5Gを追求し、安価な料金はUQ mobileで対応する。MNP手数料の無料化についても対応する方針を示した。(2020/10/30)

iPhone 12 Proに楽天モバイルのeSIMを設定してみた 5G SIMの併用には注意点も
楽天モバイルはeSIMを提供しているので、iPhone 12シリーズで利用すれば、他の3キャリアのSIMと一緒に使える。eSIMの発行は「my 楽天モバイル」から簡単に行え、手数料は無料だ。ただし他社の5G SIMを同時に使う場合は注意点もある。(2020/10/28)

ワイモバイル、月20GB・4480円の新プラン 12月下旬に提供 MNP転出手数料は撤廃
ソフトバンクが、ワイモバイルのスマートフォン向け新料金プラン「シンプル20」を発表。月間データ容量は20GBで、基本料金は4480円(税別)。12月下旬から提供する。(2020/10/28)

ソフトバンクがY!mobile向けに20GBの新プランを提供、来春にMNP手数料を完全撤廃
ソフトバンクが、Y!mobile向けの新料金プラン「シンプル20」を12月下旬以降に提供する。月額4480円で20GBまでの高速データ通信を利用できる。あわせて、2021年春にMNP手数料を撤廃することも発表した。(2020/10/28)

携帯料金値下げ、総務省が行動計画 MNP手数料の無料化やeSIM活用など
総務省が携帯料金引き下げなどの政策をまとめたアクションプランを発表。MNP手数料の無料化やeSIMの活用などによって、市場の公正な競争を後押しする。(2020/10/27)

auじぶん銀行、「スマホATM入金手数料キャッシュバック」キャンペーンを開催 11月1日から2021年1月31日まで
auじぶん銀行が、11月1日から2021年1月31日まで「スマホATM入金手数料キャッシュバック」キャンペーンを開催する。「じぶんプラス1」ユーザーを対象に、1回110円(税込み)の手数料を月5回までキャッシュバックする。(2020/10/27)

マネックス証券、手数料値下げ 1日100万円以下まで550円
マネックス証券は10月22日、国内株式の売買手数料の値下げを発表した。11月2日から、1日の取引額100万円以下なら手数料550円(税込)で取引できるようにする。対応する手数料コースは「一日定額」。これまでは、300万円まで2750円だった。(2020/10/22)

楽天モバイル、SIM交換手数料を0円に
楽天モバイルがSIM交換手数料、SIMカード再発行手数料、eSIM再設定手数料を無料化した。10月12日付申し込み分から適応する。(2020/10/12)

楽天モバイル、物理SIM/eSIMの再発行手数料が無料に
楽天モバイルが10月12日から、SIMカード再発行手数料とeSIM再設定手数料を無料にしている。これまでは3000円がかかっていた。例えばeSIM対応機種に乗り換える際のSIM再発行手数料が0円になる。(2020/10/12)

キヤノンMJ、「MSIストア」でクレジット分割手数料無料キャンペーンを実施
キヤノンマーケティングジャパンは、同社が運営する「MSIストア」のオープン1周年を記念したキャンペーンを開始した。(2020/10/9)

決済アプリ「Revolut」が日本上陸 外貨両替や海外送金、お釣り貯金が可能
手数料不要で外貨両替や送金、預け入れなどが行える無料のスマホアプリ「Revolut」(レボリュート、iOS/Android)の提供が日本で開始された。(2020/10/8)

三井住友銀行が「ネットバンキングを利用しない人」に新たな手数料
ネットバンキングの利用者に向けた手数料無料キャンペーンも開始予定です。(2020/10/7)

三井住友銀、ネットバンキング未利用者に手数料 紙通帳にも年550円 来年4月の新規口座から
三井住友銀行がペーパーレス化で新手数料。来年4月以降に新たに口座を開設する顧客が、ネットバンキング未設定かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満の場合、年1100円を貯金残高から差し引く。同月以降に新規口座で紙の通帳を利用する場合、年550円の手数料を取る。(2020/10/7)

三井住友銀行が通帳有料化、ネットバンキング未利用者に手数料 2021年4月新規開設口座から
三井住友銀行は10月7日、2021年4月1日以降に新規開設する普通預金口座について、通帳利用やネットバンキングを利用していない口座について有料化すると発表した。通帳については個人法人ともに年額550円(税込)、ネットバンキング不使用の場合、口座維持手数料として年額1100円(税込)を課す。(2020/10/7)

製造マネジメントニュース:
中小製造業の資金繰り改善へ、売掛金を最短2日+手数料率1%で資金化
ファクトリーエージェントは、中小製造業の悩みの種となっている手形払いによる資金繰り問題を解決する新たなサービスとして「スピード入金」と「資金調達あんしんサポート」の提供を始める。資金調達あんしんサポートについては、MF KESSAIとの提携により、最短2営業日、手数料率1%からで売掛金の資金化による入金が可能になるという。(2020/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。