ニュース
» 2015年01月27日 13時27分 UPDATE

ブックオフで販売:エイサー、エントリースマホ「Liquid Z200」を発売 SIMロックフリーで約1万円

エイサーが日本で初めてSIMロックフリースマートフォンを1月28日にブックオフで発売する。ブックオフのオリジナルデータ通信用プランとセットで利用する。

[田中聡,ITmedia]

 日本エイサーが1月27日、日本では初となるSIMロックフリースマートフォン「Liquid Z200」を発売することを発表した。価格は1万円前後(税別)。1月28日に、ブックオフ(BOOKOFF)にて、ブックオフオリジナルプランをセットにして販売する。ブックオフではデータ通信専用プランが提供される。

photophoto エイサーの「Liquid Z200」

 Liquid Z200は、スマートフォンのエントリーユーザー(子供やシニア層)を対象にした3G対応のSIMロックフリー端末。すでに海外では発売されている。約65(幅)×126(高さ)×10.3(奥行き)ミリのコンパクトなボディに、480×800ピクセルの4型ディスプレイを搭載した。SIMカードは標準サイズとmicroSIMサイズのデュアルSIMとなっている。

 通信は3G(900MHz帯と2.1GHz帯のW-CDMA)とGSMをサポートしているが、LTEには対応しない。OSはAndroid 4.4を採用する。カラーはブラック1色のみ。

 初心者を意識したUI(ユーザーインタフェース)として、あらかじめ設定されているアプリやダイヤル機能、コミュニケーションツールなどを大きなアイコンで表示した4種類のホーム画面「Quick Mode」を用意した。よく使うアプリや連絡先を登録する「シニアモード」、電話とSMSに特化した「ベーシックモード」、アプリや機能をカテゴリー別に分けた「クラシックモード」、ダイヤルキーが表示される「キーパッドモード」から選べる。

photophotophotophoto 左からシニアモード、ベーシックモード、クラシックモード、キーパッドモード

 背面のキーからカメラを起動できるほか、任意のアプリをショートカットに割り当てることもできる。メインカメラは有効約200万画素で、笑顔を検出する「オートスマイルショット」や、端末を移動させて連写しながら撮影をする「パノラマモード」を用意した。

 音楽面では、高音質なサウンドを楽しめる「DTS Studioサウンド」を搭載した。

 内蔵ストレージは4Gバイト、メインメモリは512Mバイト、バッテリー容量は1300mAh、プロセッサはMediatekのデュアルコアCPUを搭載するなど、スペックは抑えられている。

 日本エイサー 代表取締役社長のボブ・セン氏は、「Acerの念願であった日本のスマートフォン市場に参入できることは、当社にとって大変意義のあること。新しい技術、サービス、製品の提供をさらに進めていく」とコメントしている。Liquid Z200はエントリーモデルだが、エイサーは「Liquid Jade」といったハイエンドスマホも投入しており、今後はこうしたモデルの日本投入も期待される。

 また、ブックオフもMVNOに参入する。ブックオフコーポレーション 代表取締役社長の松下展千氏は「携帯端末一人1台が当たり前のこの時代、『スマホ売るならBOOKOFF』を合言葉とした『スマOFF』を展開する。今回、日本エイサー様と丸紅グループ様のご協力のもと『SIMフリースマートフォン+低価格高品質通信』の取り扱いを開始する運びとなった」とコメントしている。

「Liquid Z200」の主な仕様
機種名 Liquid Z200
メーカー エイサー
OS Android 4.4
プロセッサ Mediatek MT6572M/1.0GHzデュアルコア
メインメモリ 512Mバイト
ストレージ 4Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.0型ワイドVGA カラー液晶
解像度 480×800ピクセル
連続通話時間 約180分
連続待受時間 約200時間
バッテリー容量 1300mAh
メインカメラ 有効約200万画素CMOS
ボディカラー ブラック
サイズ 約65(幅)×126(高さ)×10.3(奥行き※最厚部約10.7)ミリ
重量 約130グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.