ニュース
» 2015年03月02日 22時05分 UPDATE

ドコモ、「5G」開発推進で中China Mobile・韓KTと連携

ドコモは、「5G」の技術開発と標準化活動の推進を目的に、中China Mobile、韓KTと連携することを発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは、中国China Mobile Communicationsおよび韓国のKTと、「5G」技術の開発推進に向けた協力について、3月1日(現地時間)にスペイン・バルセロナで合意したことを発表した。

 3社は2011年1月に締結した事業協力契約(SCFA)により、日中韓3カ国間における国際LTEローミングの実現やコンテンツの相互提供などで連携してきた。今後も協力して技術開発を行うと同時に、具体的なサービスの検討や標準化活動など、5G実現に向けて以下の取り組みを進めるという。

  • 特にアジア市場を見据えた5G要求条件の策定と統合
  • 5Gでの新たなサービス・垂直市場の模索
  • 5Gの主要技術の特定、システム概念の実証に向けた協力
  • 国際団体(ITU、3GPP、GSMA、NGMN、GTIなど)との協力による世界共通周波数計画と世界統一5G規格の策定

 ドコモは現在、合計8社の各国ベンダーと5Gの実験を推進中。今後は2020年7月に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックまでに、5Gの商用化を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.